「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

ここをクリックしてコンテンツを入力。
spacer

ちよだの人々

spacer
 

1887年~1940年 水上滝太郎【みなかみ たきたろう】

大正・昭和期の小説家・劇作家。尊敬していた泉鏡花のすすめで鏡花が『元禄屋敷』と呼んだ下六番町二九(現・六番町二)の長屋門がある旗本屋敷に、一九二三年(大正十二)から住む。彼の父は明治生命の創立者で、彼自身も同社役員として小説家と実業家の二足のわらじを履きながら、執筆活動と『三田文学』の編集に尽力した。代表作には『大阪』『大阪の宿』などがあるが、評論集『貝殻追放』にもっとも彼のリベラルな人柄が現れている。

 

 

一般社団法人 千代田区観光協会