「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

ここをクリックしてコンテンツを入力。
spacer

ちよだの人々

spacer
 

1879年~1959年 永井荷風【ながい かふう】

明治・大正・昭和期の作家。本名壮吉。荷風が十六歳のときから住んでいた屋敷が一番町四二(現・三番町六)にあった。優秀な官吏であった父・久一郎は、荷風が十九歳のとき、退官して日本郵船に入社し上海支店長になって単身赴任。荷風はこの時期、東京外国語学校支那語科に入るもののあまり勉学せず、尺八や落語に凝り、小説を書いて懸賞小説一等賞を獲得した。まさに荷風文学の原点がこの番町界隈にあるといえよう。その後アメリカ、フランスへと遊学。慶應義塾大学教授となり『三田文学』を主宰、『つゆのあとさき』『墨東綺譚』などの市井の風俗を赤裸々に描いた小説を書いた。長年書き綴った日記『断腸亭日乗』も貴重な証言である。

 

 

一般社団法人 千代田区観光協会