「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

ここをクリックしてコンテンツを入力。
spacer

ちよだの人々

spacer
 

1871年~1930年 田山花袋【たやま かたい】

 明治・大正期の小説家・詩人。本名録弥。上京後に、尾崎紅葉らを訪ね硯友社派の作家として登場。浪漫的な詩人、紅葉派の作家として知られた。その後『重右衛門の最後』で注目を集め、短編小説『蒲団』では自然主義文学の代表作と評価された。『生』『田舎教師』『時は過ぎゆく』などの作品がある。また『東京三十年』では、丸の内、番町などの地域での変貌を伝え、当時を知る貴重な資料を遺している。

 

 

一般社団法人 千代田区観光協会