「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

ここをクリックしてコンテンツを入力。
spacer

ちよだの人々

spacer
 

1904年~1946年 武田麟太郎【たけだ りんたろう】

 昭和期の作家。麟太郎は戦前の昭和期にプロレタリア文学の新人としてデビューした小説家で、少年時代から永井荷風などを愛読し、大学に入ってからは同人雑誌などを発行しながら左翼活動に従事する。川端康成らと第二期『文学界』を発行し文壇をリードしたが、その後は高見順らと三六年、雑誌『人民文庫』を創刊して戦時体制下に対抗する文学者の結束を図ろうとした。代表作に『日本三文オペラ』『釜ガ崎』『井原西鶴』などがある。一九三七年(昭和十二)から太平洋戦争末期まで下二番町二九(現・二番町一〇)にあった貸家に住んでいた。

 

 

一般社団法人 千代田区観光協会