「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」
観る sightseeing
spacer

神田神社(神田明神)

spacer

 

  「神田明神」として親しまれていますが、正式名称は神田神社です。東京の中心―神田、日本橋、秋葉原、大手丸の内、旧神田市場、築地魚市場―、108町会の総氏神様です。神社社伝によると、天平2年(730)に出雲氏族で大己貴命の子孫・真神田臣(まかんだおみ)により武蔵国豊島郡芝崎村―現在の東京都千代田区大手町・将門塚周辺)に創建されています。

 その後、平将門を葬った墳墓(将門塚)周辺で天変地異が頻発し、それが将門の御神威として人々を恐れさせたため、神田神社に神として合祀されたといいます。戦国時代になると、太田道灌や北条氏綱といった名立たる武将によって手厚く崇敬されました。

   慶長5年(1600)、天下分け目の関ヶ原の戦いが起こると、徳川家康が合戦に臨む際、戦勝のご祈祷を行ないました。すると、9月15日、神田祭の日に見事に勝利し、これ以降、将軍家より縁起の良い祭礼として絶やすことなく執り行うよう命ぜられました。

 その後、江戸幕府が尊崇する神社となり、元和2年(1616)に江戸城の表鬼門守護の場所にあたる現在の地に遷座し、幕府により社殿が造営されました。以後、江戸時代を通じて「江戸総鎮守」として、幕府をはじめ江戸庶民にいたるまで篤い崇敬受けるようになりました。

 明治時代に入り、社名を神田明神から神田神社に改称。大正12年(1923)関東大震災により社殿が焼失してしまいましたが、昭和9年(1934)に当時としては画期的な鉄骨鉄筋コンクリート、総朱漆塗の社殿が再建されました。そのため、第二次世界大戦ではわずかな損傷で戦災を耐えぬきました。

 昭和59年(1984)、朝敵として明治7年に別殿にだされた将門の神霊が110年ぶりに本殿に戻りました。

【概要】

所在地 千代田区外神田2-16-2
アクセス 御茶ノ水駅聖橋口より徒歩5分
秋葉原駅電気街口より徒歩7分
末広町駅より徒歩5分
電話番号 03-3254-0753
ホームページ http://www.kandamyoujin.or.jp/index.html
spacer

神田神社(神田明神) MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会