「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

ここをクリックしてコンテンツを入力。
spacer

ちよだの人々

spacer
 

1892~1964年 佐藤春夫【さとう・はるお】

 大正・昭和期の詩人・小説家。中学時代から『明星』『スバル』などに投稿し、生田長江、与謝野鉄幹・晶子らと知り合う。新詩社の同人として注目を集め、森鴎外の孫弟子を自認していた。一九一六年(大正五)、『◆西班牙【スペイン】の犬』で小説家に転向。『田園の憂鬱』『都会の憂鬱』など幻想的な作風が高く評価された。大正末期は、芥川龍之介、谷崎潤一郎をしのぐ名声を獲得した。谷崎潤一郎との交流から谷崎夫人千代子との恋愛関係が起き、谷崎とは絶交するが後に千代子と結婚。戦後は『晶子曼陀羅』『小説永井荷風伝』『小説高村光太郎』などの伝記的な作品が多い。昭和三十二年制定された千代田区歌(作曲・山田耕筰)は、彼の作詞になる。

 

 
 

一般社団法人 千代田区観光協会