「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」
観る sightseeing
spacer

鹿鳴館跡

spacer
 

  日比谷通りを挟み日比谷公園の向かい側にあるNBF日比谷ビル(旧大和生命ビル)向かって左の塀(帝国ホテルとの境)に、「鹿鳴館跡」のプレートがあります。
鹿鳴館はイギリス人ジョサイア・コンドルによって設計されたレンガ造り二階建ての洋風建築で、明治16年(1883)年落成しました。
時の外相井上馨は、不平等条約の改正を早めるためには、日本人がいかに西欧文化を受け入れているかを外国人に見せる必要があると主張しました。そのための社交場として政府が建築したのが鹿鳴館です。連日連夜、政府高官や貴族、外国人が宴会、舞踏会開き風紀紊乱のそしりも受けました。宴会場だけでなく様式ホテルも併設されていたようですが、当時のヨーロッパの人たちにはあまり評判がよくなかったようです。
明治27年(1894)華族会館に払い下げられ、1927(昭和2)年には 現在の大和生命保険に売却され, 1940(昭和15)年に解体されました。

「鹿鳴館跡
ここはもと薩摩の装束屋
敷の跡であってその黒門は
戦前まで国宝であった
その中に明治十六年鹿鳴館
が建てられいわゆる鹿鳴館
時代の発祥地となった
千代田区」


【概要】

所在地 千代田区内幸町1-1
アクセス 内幸町駅A5出口より徒歩2分
spacer

鹿鳴館跡 マップ

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会