トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

カテゴリーリスト

spacer

カレンダー

spacer
アーカイブ
<2018年12月>
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345
月別の過去ログ
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
まちブログ

まちブログ「神田・神保町・秋葉原」周辺

spacer
7 30

投稿者: machiblog3
2018/07/30 14:50

岩本町交差点の南側に「神田東松下町」という
江戸時代から栄えた古い伝統と歴史の個性的な町がある。
江戸時代初期にはあのお玉が池があり、池が消滅しても
江戸時代を通じて「お玉が池」と呼ばれた地域である。

地域の人たちにとってはかつての千桜小学校が懐かしい町である。

この東松下町に江戸町火消しの纒が展示された!

千桜小学校跡地と周辺地域が再開発され高層住宅が二棟建ち上がった。
奥は民間の「CHIZAKURA TOWER」
手前は区営東松下住宅「こもれび千桜」である。



敷地内にはかつての千桜小学校の正門にあった顕彰碑も復活。
緊急防災時に使用できる井戸も設置された。



「武尚文右」石碑
この地にはかつて江戸三大道場の一つとも言われるほど有名であった
北辰一刀流・千葉周作「玄武館」道場。そして玄武館の隣には
儒学者・東条一堂が儒学と詩文を教える「遥池塾」があった



文武両道の東松下町の古地図が載っている案内板もきれいになった。
この江戸時代の地図を眺めると現代との比較がしやすくなっている。


民間のCHIZAKURA TOWERの1Fの(株)グッドのオフィスの一画に
江戸時代の町火消しでも最大の人足数を誇った「よ組」の纒が展示された。



纒の右下には「よ組・纒」の案内がされている。

江戸町火消 よ組の纒
享保4年1719南町奉行・大岡越前守の唱導で、いろは48組
翌年、南北中16組の消防組合ができ明治維新まで町火消しとして活躍し
明治5年に市部消防組と名を改め、昭和14年1939警防団が組織され
消防組は廃止されたのを機に旧市部消防組の有志により
町火消しの伝統・文化(木遣り・纒・梯子乗り・習俗など)を
後世に伝えるため同年に江戸消防記念会を結成し、今日まで活動しています。
纒のルーツは15世紀頃と云われ、戦場での侍大将の馬印を
町火消しの旗印として取り入れ纒幟と言ったが、
その後現在の形の纒になった。
江戸消防記念会第一区一番組(元一番組よ組)の纒は
陀志(頭部)に神田の田の字の意匠で、その下部には馬簾台
馬簾(48本)、真竿、カエル又からできている。
江戸町火消しの纒は華美を禁じられ白と黒の二色に統一されていた。



梯子乗りの写真も展示され
よ組の弓張提灯も華を添えていた。

神田東松下町の江戸下町の香り濃い展示物の紹介でした。

Tags:
 

一般社団法人 千代田区観光協会