トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

カテゴリーリスト

spacer

カレンダー

spacer
まちブログ

まちブログ「神田・神保町・秋葉原」周辺

spacer
9 12

投稿者: machiblog3
2016/09/12 13:49

秋葉原を歩いて探検・・・
電子工作&プログラミング体験会

9月10日(土)に、開催されました。
主催は、PCN 秋葉原 Assemblage(槙野汐莉代表)
(プログラミングクラブネットワーク アキハバラ アセンブラージュ)
テーマは、
こども達に電気街としての秋葉原を知ってほしい!
こども達にものづくりの楽しさを体験してほしい!

JR秋葉原駅電気街口に参加者が集合
親子連れ6組を含めて全部で20名が参加しました。
まずは、槙野さんの案内で秋葉原を散策します。
散策のコースは、電気街口、ラジオセンター、ラジオ会館、
万世橋、オノデン、東洋計測器、ツクモVR、千石&秋月電子、
昌平橋、ワテラス淡路町交差点、小川町、
そしてハンダづけ体験会場、美土代町RENBASEがゴール地点です!


秋葉原電気街の原点ともいえる高架下の部品街ラジオセンターに突入。
ロボット店長がいるロボットショップ「ロボットアイル」さんを見学。


低い天井、通路も狭い高架下ラジオセンターを通り抜け!
ちらっと二階も覗いて秋葉原地名由来の秋葉神社の話も聞きました。



計測器の専門ショップなんてなかなか入る機会もない参加者たち
お店に入って測る、計る、量る説明に興味津々です。

メイドさんがわんさか道路に居並ぶ通りにも電子部品や電気部品の
お店が店を開いていることがよくわかりました。
ツクモVRでは、VR(ヴァーチャルリアリティー)の体験もできました。

戦後すぐに、淡路町から小川町へと続く靖国通り沿いに
電気部品や真空管を売る店が並んだことが「秋葉原電気街」の原点。
昭和25年にその店が秋葉原駅高架下に収容されたことが始まりでした。


神田美土代町RENBASEのハンダづけ会場は、なんと和室でした。
参加者にIchigoJamというこども用パソコンキットが用意されて
いよいよ電子工作はハンダづけから始まりました。



親子連れも大人グループの参加者も和気あいあい楽しそうに
ハンダづけ作業に集中しています。
5人ほどのスタッフの指導がきめ細かく全員のキットが出来上がり。
それぞれ音を出したり、信号にしたりして楽しい時間を満喫の様子。


自分で作ったIchigoJamキットを掲げて記念写真。
皆さんの笑顔が充実の時間であったことを物語っていますね。

Tags:
 

一般社団法人 千代田区観光協会