トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

カテゴリーリスト

spacer

カレンダー

spacer
まちブログ

まちブログ「神田・神保町・秋葉原」周辺

spacer
6 18

投稿者: machiblog3
2016/06/18 18:30

京都 神田明神例祭
6月17日(金)
神田明神三の宮祭神の平将門公の御神霊をお祀りする
京都・神田明神に於いて例祭が執り行われました。


京都神田明神が鎮座されているのは
四条通りから中ほどで鍵型に折れ曲がり綾小路通りへ抜ける
「膏薬辻子」(こうやくのずし)と言う名がついた閑静な路地にあります。


膏薬辻子(こうやくのずし)の辻子(ずし)とは
東京で言うところの路地の意味合いとなる京都言葉。



こちらが京都「神田明神」です。
この地は、平将門の首が晒された地として旧名は神田神宮と言いました。
そもそもは、この地の個人宅に小さなお社としてお祀りされていましたが
近年、旧地から10mほどの場所に新たに移築建立され遷座されました。


京都・神田明神の全景です。
京都の古民家町家が美しく改装されました。
住所は、京都市下京区綾小路西洞院東入新釜座町728



神田明神から神職二人がこの地にまいり神事例祭をご奉仕します。
参列者のお祓いから例祭が始まります。

そもそも初めにこの地にお堂を建てて平将門を厚く懇ろに供養したのが
高僧・空也上人でいつしか空也供養の道場と呼ばれたそうです。
クウヤクヨウが時が経つにつれコウヤクとなり細道にあることから
膏薬辻子(こうやくのずし)と言う細道の通りの名称になったそうです。



現代でもすぐそばにある空也堂の僧職が毎回例祭に参列してくれています。
この度も二人の僧職に参列いただき「神前読経」をしてくださいました。



祭主祝詞奏上ののち、ご町内の皆さん、一般崇敬者の皆さんが参拝。
25人が参列してくださいました。


神事「例祭」は滞りなく斎行され、お神酒をいただき例祭終了。


空也堂の僧職、神田明神の神職
そして東京より参列した将門塚保存会会長・平野徳子さんの記念写真です。

京都にも「神田明神」が鎮座されているというリポートでした。

Tags:
 

一般社団法人 千代田区観光協会