トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

カテゴリーリスト

spacer

カレンダー

spacer
まちブログ

まちブログ「神田・神保町・秋葉原」周辺

spacer
名前: machiblog3 作成日: 2008/07/07 13:48
千代田区のまちブログです

投稿者: machiblog3 投稿日: 2017/01/21 14:35

1月21日(土)神田明神 だいこく祭り
寒中禊がまん会神事 が、厳粛に執り行われました。


定刻午前10時 神田明神大鳥居宮司が参加者に新年のご挨拶。
新成人2名を含む42名の方々が寒中禊に参加されます。


整列して社殿に向かい禊の前の神事が執り行われ大祓詞を参加者全員で奏上
寒風が吹きすさぶなか、男性は褌、女性は白装束の姿で裸足です。

道彦と呼ばれる神職の指導で寒中禊神事は進行してゆきます。
境内を大きく一周走り、獅子岩前の禊場に移動。
禊場には大きな氷が、そして冷水が注ぎ込まれています。
禊場ではさらに入念に身体と心を集中するための準備運動が行われて・・・


だいたい5人くらいづつで冷水に身を浸し
心身の穢れを祓うために冷水をかけてゆくわけです。
時おり冷たい風が禊場を通り抜けて寒さがつのる会場です。



勇敢な女性の参加者はこちらの5人。
無心に冷水を浴びる姿に会場を訪れた見物の皆さんが拍手を送ります。
新成人もいらっしゃるとのこと。


道彦(指導者)をされた神職を中心に参加者全員で記念写真の撮影。
寒さでふるえている方もいらっしゃいます。
みなさん年頭の寒中禊を終えて清々しい表情です。

今年一年が皆さんにとって素晴らしい年になることを願っています。
お疲れさまでした。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2017/01/11 16:26

秋葉原の地名の由来から歴史・・・そして
秋葉原電気街の成立ちまでを網羅した〜秋葉原を知る本
「秋コレ  高架下の電気街から」が発行された!


筆者は平成18年(2006)から長きにわたり
秋葉原で町の案内や町歩きのガイドをつとめてきた槙野汐莉さん。
秋葉原を案内させたらこの人の右に並ぶ者なし。

(次女の文香ちゃんと一緒に撮影)


そもそも槙野さんは、秋葉原のフリーペーパー「秋コレ」に
「高架下の電気街から」なるコラムを連載中。
今回は、これまでの原稿をまとめたものを本にしたものである。
インタビューや取材記事、古き時代の秋葉原の貴重な写真も
現代と比較して掲載されていたりするので秋葉原「愛」が満載の仕上がり。


内容の一部を紹介しよう!
このページでは秋葉原の地名の由来とラジオセンターの神棚を取り上げている。
写真男性は、神棚の謎をお話いただいた秋葉原電気街を創立させた伝説的人物・山本長蔵氏のご子息である山本修右氏(秋葉原駅前商店街振興組合会長)。

山本長蔵氏(1908〜1973)と山本無線の話は別のページに載っている。


このページでは
左の女性(内田久子さん故人)が、経営していた「内田ラジオ」が
かつてのお客さんであった池之谷和盛さんに引き継がれた話が載っている。
現在の屋号は「池之谷ラジオ商会」となっている。



この本「秋コレ 高架下の電気街から」は、
槙野さんが運営している電子工作スペース「アセンブラージュ」にて
販売されている。(アマゾン販売予定あり)

アセンブラージュは、中央通りに架かる御成街道架道橋の高架下
写真の黄色いラジオセンターの看板の下から高架下に入り
かつては秋葉原ラジオストアーと言った電子部品街
向かって右側の二番目に位置する電子部品工作スペースである。

発行 HAMます委員会 http://akicolle.com/
著者 槙野汐莉 アキバフォト
B5判 オールカラー46ページ(本文42ページ)税込2500円

秋葉原の原点といえる高架下電子部品街にスポットをあてた
マニアックな書籍であるが、戦後の発生からすでに65年もの時が
経過した秋葉原の歴史を知る貴重な書籍になっている。


投稿者: machiblog3 投稿日: 2017/01/05 18:05

1月4日(水)14:00〜
神田明神に隣接する宮本公園に建つ千代田区有形文化財指定建築物

NPO「井政 神田の家」主催で新春を寿ぐ恒例の行事
木遣り・纏の振込み・梯子乗り
江戸消防記念会第一區の皆さんにより妙技が披露されました。

江戸消防記念会 第一區
「よ」「い」「ろ」「せ」「も」「す」「に」「は」「百」「千」各組
総出の演技は、江戸時代の町火消しの技を現代に伝える妙技となります。



第一區総代を先頭に木遣り唄で入場。神田の家の門前に勢揃いとなります。


門前にて江戸町火消しの象徴である「纏」の振込みが
威勢良く行われ火の粉を払う馬簾がくるくると綺麗に回ります。


次は梯子乗りの演技。
青空に向け数々の技が次々と披露されます。
集まった大勢の見物客もしっかり上を向きっぱなしで歓声が上がる。



主催者NPO「井政 神田の家」平野徳子理事長の年頭のお祝いのご挨拶。
平野徳子理事長は大手町「将門塚保存会」会長でもあります。



全ての演技が見事に納まり、お祝いの木遣りと一本〆にてめでたく修了。

鳶頭衆に伝わる江戸町火消しの伝統の技と文化を見て、
さらにこの豪華絢爛なお客様たちに見物の皆さんも笑顔いっぱいの大満足。
なんとその豪華なゲストは、まずは神田明神の大鳥居宮司。そして・・・
富士純子さん、寺島しのぶさん&フランス人のご主人と可愛い息子くん。

快晴ぽかぽかの陽気に恵まれ正月らしい行事となりました。


投稿者: machiblog3 投稿日: 2017/01/04 11:08

明けましておめでとうございます。
本年も千代田区観光協会サイト「まちブログ」を
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

新年ブログ第一弾は、

平成28年〜29年(2016〜2017)
神田明神の年越しの風景をお届けします。


大晦日31日の午後11には交通規制がされ車輛は交通止め。
神田明神大鳥居の前の湯島坂には、すでに初詣参拝の皆さんの行列が!
前方トラックの左側が神田明神の大鳥居の位置となります。


大晦日11時30分 随神門の扉が閉ざされました。
一年間で新年を迎えるこの時だけ扉が閉ざされます。
が、いつもは11時30分から40分頃なので今回は異例の早い時間でした。


随神門から大鳥居へと続く参道には初詣の皆さんの行列が連なり
大鳥居を出て湯島坂を左に下り、明神下中通りへ折れ曲がり
蔵前橋通りへと伸びていたそうです。

ナント先頭のグループは夕方の4時から並び始めたとのこと。
ステキな一年になるといいですね!



平成29年(2017)元日午前0時
新しい年の幕開けです。神社の太鼓の音を合図に随神門の開門。
木遣りの声も高らかに御防講、宮鍵講の皆さんを先頭に整列で入場です。



そこここで明けましておめでとうの挨拶がかわされて境内は人で埋まります。
神社全体に新年の祈りのパワーが満ちあふれています。


本年が皆さまにとって佳き年となりますように・・・

投稿者: machiblog3 投稿日: 2016/12/22 14:08

【続】正月、新年、新春の神田行事!
ワテラスとマーチエキュートで将門太鼓の演奏!

正月 1月3日
午後12時30分〜 ワテラス広場(淡路町二丁目)

「神田明神将門太鼓」演奏

「神田明神将門太鼓」の面々が勇壮で華麗な太鼓の演奏を繰り広げます!


ワテラス広場では鏡開きの樽酒の振る舞いや新春を寿ぐ獅子舞もあります!


正月 1月3日
午後2時00分〜 マーチエキュート神田万世橋広場(須田町一丁目)

「神田明神将門太鼓」演奏

将門太鼓の皆さんはワテラスからマーチエキュートへ会場を移動します。
「神田明神将門太鼓」の面々が旧万世橋駅遺構のレンガを背景に
勇壮で華麗な太鼓の演奏を繰り広げます!


小さな女の子も地べたに正座で聞き入ってしまう見事な演奏となります。

写真:平成28年 正月

※日程や時間、行事などが変更となる場合があります。
あらかじめご了承ください。
 

投稿者: machiblog3 投稿日: 2016/12/19 14:06

1月に神田で行われる行事をご案内!

お正月は初詣。


神田地域には氏子を持つ4社の氏神様がお祀りされています。
柳森稲荷神社 太田姫稲荷神社 三崎稲荷神社 そして神田明神です。
柳森稲荷神社、三崎稲荷神社では年越しで餅つきや振る舞いが!

江戸総鎮守と謳われる神田明神では、年越しに際し一年でこの時だけ
随神門の扉が閉ざされ新年午前0時に太鼓の音を合図に開門されます。
神田明神:http://www.kandamyoujin.or.jp/


井政・神田の家の門前で梯子乗り。
1月4日(月)午後2時
江戸消防記念会 第一區の鳶頭衆が外神田・宮本公園に建つ「神田の家」に
勢揃いして、木遣り、纏の振込み、梯子乗りと江戸時代より伝わる
伝統の技を披露します。(宮本公園:神田明神の隣)
井政「神田の家」:
http://www.kanda-imasa.co.jp/

神田明神だいこく祭り。
神田明神では、新春恒例の「だいこく祭」が執り行われます。
21日(土)には、冷水を浴びて心身を清める「寒中禊がまん会」
22日(日)には、「四條流包丁儀式」「祈願串成就祭」が斎行されます。
神田明神:http://www.kandamyoujin.or.jp/

神田小川町雪だるまフェア。
1月21日(土)22日(日)には、ちびっ子に大人気の雪だるまフェア。
小川町(靖国通り)には約25体のオリジナル雪だるまが制作・展示されます。
小川広場にはちびっ子雪遊び広場が出現して雪のすべり台やカマクラも!
日曜日には投票によって雪だるまのグランプリが決定しますよ。
神田明神:http://www.kanda-ogawamachi.com/

※日程や時間、行事などが変更となる場合があります。
あらかじめご了承ください。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2016/12/14 17:04

お茶の水小学校でちびっ子たちの
ランニングバイクのレースが開催されます!

【 千代田区長杯 SPARK PARTY #5 】
  平成29年1月21日(土)の開催です!
通算では6回目。お茶の水小学校では5回目の開催となります。

千代田区の子どもたち、参加してくださいね!
エントリーの方法は一番最後に!



ランニングバイクレースとは写真↑のようにペダルのついていない自転車で
地面を足で蹴ってゴールを目指して競うレースです。
今回の
「SPARK PARTY #5」の参加資格は、2歳から7歳までの限定。


5〜7歳クラスともなると女子でもかなりのスピード、迫力です。


一生懸命に走るその顔の表情や姿には感動してしまいます。


チラシです↑↑

イベントの詳細はブログにて↓
http://sparkparty.exblog.jp/

千代田区民のお子さんのエントリーはメールにて↓
sparkparty96@gmail.com

投稿者: machiblog3 投稿日: 2016/12/03 15:30

いよいよ年の瀬12月。
師走に突入して今年ものこすところあとひと月ばかり。

12月3日(土)には、サンタクロースが登場しました!
今回の開催で10回目を迎えた
お茶の水サンクレール商店街クリスマスイベント。
今年もフィンランドからサンタクロースがやって来てくれました。

会場を訪れたたくさんのちびっ子たちと楽しい交流がされました。
写真は、質問コーナーでちいさなお友達がサンタさんに
可愛らしい質問をしているところです!



抽選会ではくじ引きで10人のお友達に児童図書がプレゼントされました。
また、サンタさんと一緒に写真を撮ろうコーナーでは
たくさんの家族連れやお子さんたちがサンタさんと写真を撮ってもらって
笑顔いっぱいの楽しい時間となりました!


同じく12月3日(土)
旧今川中学校校庭で「鍛冶町もちつき大会」が行われました。
鍛冶町一丁目・鍛冶町二丁目町会主催のもちつき大会が大盛況の賑わい!
威勢良くその場で突き上げたできたてのお餅の
辛み餅、あんころ餅、きなこ餅、いそべ焼きが美味しすぎます。
一足さきにお腹は正月気分満載のホカホカ気分となりました。


餅つきと同時に元気いっぱいの太鼓の演技も迫力いっぱいで
子どもたちも最前列で見入っていました。



「岩本町・東神田ファミリーバザール」もご覧の盛況ぶり!
いよいよ明日12月4日(日)が最終日となります!
詳細はコチラ↓  お出かけください!
http://www.family-bazar.com/

投稿者: machiblog3 投稿日: 2016/11/26 16:16

マーチエキュート神田・万世橋
開業3周年記念行事
「船とグルメとまち歩き・トリプルマーチ」開催

旧万世橋駅遺構を再活用して商業施設としてオープンした
マーチエキュート神田万世橋がオープンから3周年を迎えました!

今回のイベントには35名が参加。
グルメとまち歩きと船巡りを楽しんで神田を知っていただく
よい機会となるイベントとなりました。


まず参加者はマーチエキュート内の人気レストラン「ふくもり」にてランチ
美味しいランチを堪能してからのまち歩きとなります。


まち歩きのコース、まずは、
マーチエキュート→万世橋→昌平橋→須田町・淡路町老舗街

写真は、神田川を昌平橋でわたり須田町・淡路町老舗街に入ってきた場面。



マーチエキュート広場→須田町交差点→柳原通り→柳森稲荷神社→
看板建築→和泉橋→ファミリーバザール→和泉橋防災船着場

写真は、今回のガイド役の岡田邦男氏(神田リバーサイドプロジェクト)が
旧万世橋駅前広場の説明している場面(廣瀬中佐銅像の写真を持っている)


和泉橋防災船着場からは船めぐり。船は浅草橋三浦屋・粋人丸。

和泉橋→(神田川を遡ります)→三崎橋(日本橋川へ進行)→
常磐橋・日本橋・江戸橋を通過して豊海橋から隅田川→
清洲橋こしに美しいスカイツリーを眺め→両国橋→柳橋から神田川→
和泉橋防災船着場へと戻る90分の周回コースを満喫しました。

写真は、神田川を進む粋人丸。前方には昌平橋と神田川橋梁。



神田川水面から眺める煉瓦造りが美しいマーチエキュート神田・万世橋

江戸時代に人力で造られた神田川が
現代に引き継いだ魅力と景観は千代田区の宝でしょう。
一度、船から神田の町を眺めてはいかがでしょうか!

マーチエキュート神田・万世橋開業3周年おめでとうございました。
マーチエキュート神田・万世橋  http://www.maach-ecute.jp

投稿者: machiblog3 投稿日: 2016/11/23 18:16

日本TV系列にて、日曜日に放送されるこの番組。
先週11月16日に放送された中で、千代田区神田多町が登場!
一八稲荷


ラーメン屋さん


「すみれ」と「レンゲ」の謎を解きに訪れています。
JR・地下鉄神田駅、地下鉄淡路町駅にほど近いこの地。
興味ある方はどうぞ訪れてみてください。

 

一般社団法人 千代田区観光協会