トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

カテゴリーリスト

spacer

カレンダー

spacer
アーカイブ
<2018年3月>
25262728123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567
月別の過去ログ
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
まちブログ

まちブログ「神田・神保町・秋葉原」周辺

spacer
名前: machiblog3 作成日: 2008/07/07 13:48
千代田区のまちブログです

投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/03/29 18:28

3月23日(金)
神田と大手町をつなぐ人道橋が開通しました。
橋の名称は一般公募され74点の応募から選ばれました。
名称は「竜閑さくら橋」です!

◎「竜閑」ってナニ?
この人道橋の斜め向かいに「鎌倉児童遊園」という小公園があります。
この公園の先の路地を進んでJRのガード下を潜り、中央通りを横切って
さらに昭和通りを横切って先の突き当たりに「竜閑児童公園」があります。
この道すじの細い路地には昭和の30年代くらいまでは運河が流れていました。
その運河は、「竜閑川」また神田八丁堀などとも呼ばれていました。
この運河が江戸時代には、神田と日本橋の境界であり
明治以降には神田区と日本橋区の区界であり
昭和23年から現在までは千代田区と中央区の区界となっている
大事な場所なのであります。
今ではほとんど使われなくなっていた昔の運河の名称が
「竜閑さくら橋」の架橋により復活したわけですね!!


厳密に言えば、日本橋川をはさんで千代田区大手町二丁目と
中央区日本橋本石町四丁目が橋によって繋がれたわけです。
これまでは大手町方面の皆さんは
鎌倉橋や新常磐橋などに大回りして神田駅方面へと向かったのですが
この竜閑さくら橋の開通によって一気に時間が短縮されますね。



神田側から橋の階段を上がって見える光景は大手町のビジネス街のビル群。


橋の中ほどまで進んで振りかえると見慣れた景色。
左側には外堀通り沿いの千代田区スポーツセンターがよく見えます。
右手へJRの高架沿いに進むとJR神田駅の西口がアッと言う間の距離です。



JRの線路とほぼ平行に架かっているので
山手線や京浜東北線はもちろん、各種の新幹線の車輛が
頻繁に通過する眺めは鉄道ファンには堪りません。
神田側と大手町側にご覧のような
スケルトンのエレベーターが設置されていますので
足の悪い方やベビーカー・車椅子の方々も安心して散歩できますよ!


この橋に平行して架かるJRの橋の名称を外濠橋梁と言います。
大正七年1918に日本橋川に架けられました。
これまでは日本橋川を舟で巡って水上からしか見られなかった
写真の紋章が、この竜閑さくら橋からよく見えるようになりました。
このエンブレムは旧鉄道省の「動輪」マークなのです。
これは鉄道ファンのみならず橋梁マニアにも垂涎の代物かも知れません。

竜閑さくら橋、お出かけください!


投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/03/16 17:47

神田明神では3月16日(金)午後
かねてより建設中の
神田明神文化交流館の上棟祭式典が執り行われました。


上棟祭とは、建物の安全と幸運を祈願する神事のこと。
氏子総代、神田の家理事長、千代田区長、中央区長
宮鍵講、御防講、建設会社、運営会社など関係者が参席しました。
12月竣工予定の神田明神文化交流館の安全と弥栄を祈願しました。



切麻散供の儀
神事「上棟祭」は、文化交流館の建設現場
大国様石像の前で執り行われました。



工匠の儀〜柱固の儀


工匠の儀〜博士杭の儀


鳴弦の儀〜随神が鬼門に向け弓の弦を鳴らし邪気を祓う魔除けの儀式

などなど神道儀礼に則り古式豊かに式典が進みます。
宮司、工匠らが建設現場に上がり餅を撒く散餅の儀もありました。



神田明神の大鳥居宮司を初め神職さんと工匠の皆さんです。

神田明神文化交流館は、平成30年12月に竣工の予定です。


投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/03/12 13:45

木下栄三氏が
「江戸城新三十六御門重ね絵図」を刊行!


内神田に建築設計会社を構える木下栄三さん。
建築家として活躍されるかたわら
画家としても腕をふるい著作を多数発行しています。
また、初期の江戸検定一級にも合格して博識ぶりを発揮しています。



これまで神田関連の著作も数多く制作されています。
額に入っているのは、神田のお稲荷さんを双六のかたちで描いた作品。
発行当時はかなりの人気を博しました。稲荷双六の在庫はなしとのこと!



江戸城新三十六御門重ね絵図は広げると巨大なB1サイズ。
折り畳むとこのようにB5サイズになり袋入りで販売されています。
平成24年「皇居と江戸城重ね絵図」以来6年ぶりの新作重ね絵図です。


テーブルに広げるとその大きさがよくわかります。
デカイです。
でも、折り畳んで持ち歩いても折り目が切れない用紙を使っているので
町歩きにも持ち歩いて使っていただきたいと笑顔で語られていました。



絵図の一部をどうぞご覧ください。
今は無くなってしまった江戸城の城門を全て復活させて描かれています。
城門復活がメインですが、ごらんのように
江戸時代から現代までの細かい情報が手書きで重ねて描かれています。

神保町・高山本店、神保町・書泉グランデにて販売中。
3056円(税抜き)



投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/03/03 14:03

神田明神の参道の天野屋さんは弘化3年1846創業の老舗。
米糀発酵無添加食品の納豆、味噌、甘酒などが有名ですね。


今日3月3日は「桃の節句」。
女の子の健やかな成長を願う「ひな祭り」ということで
本日は、天野屋さんのひな祭り恒例『甘酒のふるまい』の日です。



神田明神参道、大鳥居際の天野屋店舗は170年超の商いの歴史です。


茶店はレトロ感満載の落ち着いた雰囲気の甘味屋さん。
お雛さまの人形が飾られていました。



お内裏さまとお姫さま。
京風にお内裏さまが右側に飾られていますね!



店頭では紙コップで甘酒のサービス。
店舗売店を知らないで訪れたお客様がラッキーと喜んでいましたよ。
また、茶店でも一品注文すれば甘酒はサービスのおふるまい。



甘酒を一杯ふるまっていただきました。
ごちそうさまでした。

本日3月3日の閉店まで甘酒のふるまいをしている
神田明神参道の老舗「天野屋」さんのひな祭りでした。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/02/26 17:11

昌平小学校の児童が、2月26日(月)
「井政・神田の家」のひな祭りの人形飾りを見学しました。


千代田区指定有形文化財「井政・神田の家」は、
神田鎌倉町の材木商であった旧遠藤家の貴重な木造建築を
千代田区外神田の宮本公園に移築したもので
NPO「井政・神田の家」が運営・管理をしています。


土間の玄関には立派な七段飾りのお雛さまとお道具類が飾られています。


昭和初期に拵えられた大きくきらびやかな飾りに子どもたちもびっくり。


スタッフがお内裏様・お姫様から順々にわかりやすく説明していました。


二階の和室にもさまざまなお雛さまや道具類が飾られています。
どれも由緒正しい貴重な飾り物に子どもたちも目を見張っていました。


子どもたちは「井政・神田の家」のひな祭りを一通り見学した後には
お隣の神田明神の資料館に移動して神職さんの説明で
昔と今の神田祭の違いなどを教わっていました。
およそ一時間の社会科見学を楽しく勉強していました。

井政・神田の家は、ただいま管理棟の改修工事をしているため
カフェと庭先見学を中止していますので一般の皆さんは見学できません。
4月上旬よりカフェと庭先内覧を再開の予定です。
予めご了承くださいませ。

井政・神田の家 http://www.kanda-imasa.co.jp/

投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/02/17 13:15

ちよだ猫まつり2018
2018/2/17sat〜2/18sun 千代田区役所1F区民ホール会場ほか


2月17日(土)11時にステージにて開会式セレモニーが始まりました。


開場と同時にホールにお客様がいっぱいとなる盛況ぶりです。
こちらは物販やワークショップのブースがズラリと並んでいます。



和洋の猫スイーツには区役所の外まで行列が連なるほどの人気です。


猫好きで知られ写真集まで出している浜町の荒汐部屋のお相撲さんも登場!
お客さんの皆さんと写真撮影に応じられたいました。



チャリティーのネコドリップ珈琲も販売していました。


ステージでは2日間ともいろいろなプログラムが進行していきます。
4F別室でも楽しいプログラムが用意されています。
18日2:00〜16:00には猫の譲渡会も開かれます!

明日2/18sunまで開催中!お出かけください!
詳細はコチラ→http://chiyoda-nekofes.jp/

投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/02/12 12:55

本日2月12日は、同志社を創立した 新島襄の誕生日
天保14年1843 新島襄が生まれた上州安中藩上屋敷の地は
現在の神田錦町三丁目。その地に建つ学士会館脇の
「新島襄生誕之地碑」前に於いて
「同志社創立者 新島襄 生誕之地碑前祭」
が、賑々しく執り行なわれました。


主催は、学校法人 同志社。
同志社OBなどたくさんの関係者の方が
学士会館横の生誕之地記念石碑の前に集いました。



全員で賛美歌を斉唱。
同志社女子大学加賀学長、校友会児玉東京支部長、錦町三丁目前田町会長の
お三方がそれぞれ挨拶をされ、石碑に献花をしました。



新島襄先生生誕之地記念石碑と解説案内板


式典終了後は会場を学士会館210号室に移し、
江戸と上州をテーマにした「初春縁日広場」にて
江戸や上州の遊び、江戸の文化などをそれぞれのコーナーで
家族連れや大きい大人の皆さんも笑顔いっぱいで楽しみました。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/02/03 18:18

本日2月3日(土)神田明神では恒例の季節の変わりめの行事
「節分祭豆まき式」が執り行われました。

午後2時の神事から始まる豆まきですが
定刻の前には福受けする皆さんで境内は人人人でいっぱいとなりました。



定刻午後2時。鳶頭衆の木遣りの高らかな唄声に導かれて行列が入場。
神田明神大鳥居宮司、氏子総代、福男福女、善男善女が本殿に向かいます。



神事斎行ののち、大鳥居宮司、氏子総代が正面に整列する前で
千代田区長、中央区長、警察所長、消防署長、税務所長らの皆さんで
くす玉が割られました。いよいよ豆まきが始まります。



角界で著名有名な方々も満面の笑顔で豆まきをされていました。
尾上菊之助さんと奥様とご長男、巫女映画に主演の広瀬アリスさんご一行
電撃ネットワークの皆さん、TRFのDJ.KOOさん、
プロレスの皆さん、
たくさんの芸人の皆さんなどなど


今回は何回か子どもたちだけの福受けの時間が設けられました。
ちびっ子たちも安全に豆まきを楽しんでいました。



約570人の方々が袴・裃姿で節分の豆まきをしました。
福受けの皆さんも交代でたくさんの人が参加した「節分祭」となりました。
午後4時30分全ての人が豆まきを済ませました。
神田明神大鳥居宮司、宮鍵講・御防講、鳶頭衆の手〆により
おめでたくお開きと相成りました。
明日は、立春。暦の上では春ということになります。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/01/26 14:53

文化財保護デー 神田明神消防演習
昭和24年1月26日に法隆寺の金堂や壁画が火事で炎上、焼損。
昭和30年にその1月26日が「文化財保護デー」と定められました。
本日の文化財保護デーには、神田明神で消防演習が行なわれました。

神田消防署、神田消防団、神田明神消防係が参加しました。


神田明神の巫女さんが出火場所を消火器で初期消火。


神田消防団の団員が出火場所の社殿から負傷者を救出しています。
神社の文化財も社殿から運び出されました。


境内には多くの消防車や救急車が入り
神田消防署の皆さんが人命救助に当たっています。



神田明神本殿へ向けてのホースからの一斉放水。
神田消防署の皆さんと、神田消防団、神社消防隊が一斉に水を放ちます。



演習の最後には、神田消防署長と神田明神権宮司さんの総括の話があり
無事に滞りなく消防演習を終えることができました。

文化財はもちろんですが、人命、財産を火事から守る消防演習。
日頃からの防災意識の共有と、演習訓練が大事ということですね。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2018/01/21 14:36

第17回 神田小川町  雪だるまフェア
1月20日(土)21日(日)に開催されました!

今年も群馬県嬬恋村から
80トンもの大量の雪が神田小川町にやってきました。


小川広場には「ちびっこ雪遊び広場」が作られました。
二日間にわたりたくさんの家族連れが会場を訪れて雪遊びをしました。



中でも子供たちに大人気なのが雪のすべり台。
今回は一つすべり台が増やされて3台になりましたが長い行列ができました。

会場には、嬬恋村の特産品や食べ物屋台も並び温かい食べ物が人気でした。
イワナの炭火焼が美味しそう!すぐに完売となりました。


広場の宝探しゲームも子供たちが夢中になって雪の上を走り回ります。
雪の中からメタルをひろってゴールへ駆け込んで参加賞をもらっていました。


靖国通り(小川町)では、雪だるまコンテストが開催されています。
今年は22チームの力作の雪だるまがコンテストにエントリーしました!

こ写真は、最優秀作品に輝いた正則学園「TEAM SG男子」が作った
『S☆GOどん〜江戸、そして神田へ』と名付けられた雪だるまです。
おめでとうございました。(撮影時には少し溶けちゃっていました)


小川広場で行なわれた表彰式です
最優秀作品賞の表彰状、副賞を授与された
正則学園「TEAM SG男子」チームです。


優秀賞 戌笑い みずほ銀行神田支店「ワンみずほ」
優秀賞 雪やのんのん! アーツ千代田3331「雪だるま制作チーム」
投票賞 カンダにパンダ 上智大学公認サークルQ「Q」
嬬恋賞 みんな大好きスキーキャンプ ボーイスカウト千代田1団「いつも元気!カブ隊」
以上が入賞のチームでした。

都会のまん真ん中の神田でたくさんの雪とふれあい遊ぶことができる
楽しい楽しい 神田小川町雪だるまフェア  でした!


 

一般社団法人 千代田区観光協会