トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

カテゴリーリスト

spacer

カレンダー

spacer
アーカイブ
<2016年1月>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
月別の過去ログ
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
まちブログ

まちブログ「神田・神保町・秋葉原」周辺

spacer
名前: machiblog3 作成日: 2008/07/07 13:48
千代田区のまちブログです

投稿者: machiblog3 投稿日: 2016/01/17 20:59

1月16日(土)~17日(日) 小川町靖国通りと小川広場で
「第15回 神田小川町雪ダルマフェア」が開催されました。

千代田区友好都市の群馬県嬬恋村から80トンもの雪が
都心の神田小川町に運ばれてきました。
靖国通りの両側(小川町商店会)には
約25もの雪ダルマの力作が並べられて壮観。
小川広場にも大量の雪が搬入されちびっ子のための雪の広場となりました。


小川広場には、大きな雪ダルマやカマクラや雪のすべり台が拵えられました。
日曜日には地元企業のオーケストラも出演。
子どもたちはいっぱい雪遊びに興じることができました。


雪のすべり台は今年も大人気。広場には長い長い行列ができました。
雪広場はちびっ子たちが夢中になって宝探しゲームを楽しんでいました。

例年とおり、靖国通りでは雪ダルマのコンテストも行われています。
雪だるまフェアに訪れた皆さんが投票して最優秀賞以下入賞が決まります。
1月17日(日)13:00より小川広場で発表と表彰式がありました。


投票賞 「スターウォーズ」日本大学理工学部学生さんの作品。


優秀賞 「神田要石町なまず前」ワテラス学生マンションの大学生の作品。


優秀賞 「安心してください。フォースは使えませんがホースは使えますよ!」
      神田消防団第二分団の作品


嬬恋賞 「今年も来たぜ、雪が嬬恋しいスノーマン」 小川町一栄会商店会


最優秀賞 「楽しみ方イロイロ、楽しい神田」アーツ千代田3331の作品。

雪だるまコンテストは以上の結果となりました。

 

投稿者: machiblog3 投稿日: 2016/01/12 21:59

【 木下栄三 水彩画展「江戸のなごり歴史散歩」 】

30年以上前から神田を描き続ける木下栄三氏が
1月12日(火)より22日(金)まで銀座煉瓦画廊にて個展を開いている。


木下氏の本業は建築家である。
そして江戸検定一級を保持し、こよなく神田を愛する画家でもある。

背景の絵は、木下氏の有名な作品。
神田に鎮座するお稲荷さんをつないでゆくと「狐」の形になる作品である。
上にかかる額は「狐稲荷」を手拭いにしたもの。


初日ということもありギャラリーには多くの人が詰めかけて
木下氏はあちこちで挨拶と大忙し。
テーブルではこれまでの木下氏の水彩画の作品や実績のファイルを見られる。


30年以上前に描かれた懐かしい匂いのする「神田明神」


初日の午後2時からは、作品を題材とした
江戸東京・神田の町づくりに関するトークショーがあった。


朝日新聞でシリーズで掲載されたかつての江戸城の城門を描いた
多くの作品が展示されている。
この作品は「皇居正門」。
かつての姿の二重橋と伏見櫓が鮮明に描かれている。


会場は「銀座煉瓦画廊」
東銀座駅前の歌舞伎座の横の木挽町通り、銀座区民間のとなり。
医療ビルの二階である。

銀座煉瓦画廊 木下栄三水彩画展
http://ginzarengagarou.com/exhibition/2016/eizo_kinoshita.php

投稿者: machiblog3 投稿日: 2016/01/09 17:34

毎年恒例、新年の神田明神の有名な人気行事
神田明神だいこく祭り「寒中禊がまん会」
1月9日(土)に執り行われました。


午前10時より開始なのですが、
各メディアやアマチュアカメラマン、熱心な見学者さんらが
早くから神田明神を訪れ今や遅しと会場で場所取りをして待機しています。

禊場の会場は、社殿横の獅子岩の前。
四角い禊場には大きな氷柱が三つも入れられており冷水の準備は万端。


定刻午前10時
今年の寒中禊の参加者36名(女性6名)全員が社殿前に勢ぞろいします。
男性は褌、または半股引。女性は白装束の姿です。全員裸足です。

神田明神・大鳥居宮司よりの挨拶と激励の言葉。
そして全員で大祓詞を奏上します。
境内も見学者と一般参拝者でいっぱいの賑やかさです。


裸足のまま境内を駆け足で一周して禊場へと移動。
禊の指導者の「道彦」(神職)を囲むように円形になり
天鳥船(あまのとりふね)を漕ぐ動作の鳥船という準備運動を念入りに行います。


概ね5人一組で、禊場に入り道彦(神職)の指導のもと
木桶で何杯もの冷水(清水)をかぶり罪や穢れを祓う禊という行為を行います。


女性たちも潔いです。
気合もろとも清清しく冷水をかぶっていました。


ほぼ全員が三回づつ冷水をかぶり、本年の寒中禊も滞りなく済みました。
皆さん、凍えるほど冷えていて震えている方もいましたが
記念の集合写真を撮るときの笑顔は達成感でいっぱいでした。
皆さん、今年一年無病息災に素晴らしい時をすごしてください。
寒中禊参加の皆さん、お疲れさまでした。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2016/01/01 15:34

新年あけましておめでとうございます。
本年も「まちブログ神田」を宜しくお願い申し上げます。

江戸総鎮守 神田明神
大晦日から元日へと時が遷る
新年年越し参拝の様子をお届けします。


平成27年12月31日の大晦日の午後11時の神田明神大鳥居
随神門からの初詣参拝待ちの行列が湯島坂を下り明神下方面へ伸びている


午後11時30分
随神門の扉が閉ざされ、境内には一般の方が入れなくなる。
神田明神で随神門の扉が閉ざされるのは一年間でこの30分間だけ。

午後11時55分の時点で初詣参拝者の行列は、随神門の前から
参道、大鳥居を抜け湯島坂を明神下方面へと下り、明神下中通りへと
折り曲がり、さらに蔵前橋通りへとつきぬけ、明神裏参道を通り越し
清水坂下交差点まで延々と続き達していた。


境内の神札所では、巫女さんたちが頒布品の準備に大忙し。


随神門の向うの行列からカウントダウンの雄叫びが聞こえてくる。
そして午前0時。平成28年の幕開けとなり太鼓の音がこだまして
随神門の扉が開かれ、神田囃子の新年の音出しとなる。

神田明神の奉仕団体である宮鍵講、御防講の皆さんと
警察消防署長が先頭で粛々と整列での入場となる。
境内には鳶頭衆の木遣りの唄声が空へと突き抜けるのであった。


そして神田明神の境内は、新年の訪れを祝い
祈りを捧げにきた参拝者で埋まるのです。


社殿から随神門へと続く広い境内がご覧の状況となり
初詣参拝の皆さんの人波は午前3時すぎまで途切れることがなかった。


随神門から社殿への初詣参拝の光景。


随神門の前と、写真の大鳥居の前とで
安全安心、トラブル防止のための入場規制が行われていますが
混乱もなく割合とスムースに参拝の列が流れていきます。

神田明神の初詣参拝の人出は正月の三ヶ日はご覧の状況が続きます。
ところがピークは仕事始めの4日(月)からの企業参拝。
4日からのほぼ2週間は境内がスーツ姿のサラリーマンで埋まります。
新年の神田明神への初詣参拝で皆様にとって佳い年となるといいですね。

千代田区神田地域の氏神さまは、神田明神のほかにも
柳森稲荷神社(須田町)、
太田姫稲荷神社(駿河台)、
三崎稲荷神社(三崎町)がそれぞれ鎮座されています。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2015/12/23 19:32

いよいよ押し詰まってきた師走・歳の瀬
あと一週間ほどで新しき平成28年2016を迎えようとしています。
正月は千代田区外神田に鎮座する江戸総鎮守「神田明神」が賑わいます。

新年の神田明神の行事をお知らせします。


新年を迎える30分前。
神田明神境内には関係者以外の人がいなくなります。
平成27年大晦日12月31日の午後11時30分。
今まさに新年を迎えるこのときに随神門の扉が閉ざされます。
この光景は一年に一度このとき30分だけの風景です。
初詣に訪れた参拝の皆さんは、随神門から並びその行列は
延明神下の交差点から明神下中通りを曲がり蔵前橋通りへと延びるのです。

 


午前0時
新年を迎える太鼓の音が合図となり随神門の扉が開かれ
江戸消防記念会の鳶頭の木遣りの先導で整然と入場となります。
神田明神の境内はアッという間に人人人でご覧の状態となり朝まで続くのです。

 


正月三ヶ日はもちろんのこと。
新年の仕事始めの日より神田明神の初詣の賑わいがずっと続きます。

 


平成28年1月4日(月)14:30~ NPO神田の家企画・主催
神田明神に隣接する千代田区宮本公園に建つ木造建築【井政・神田の家】
その門前では午後2時30分より江戸消防記念会第一区の皆さんによる
木遣り、纏振込み、梯子乗りの演技の披露があります。


神田明神では1月9日(土)~11日(祝)まで新年恒例の「だいこく祭」があります。
数々の神事・行事が予定されていますが参拝見物人に圧倒的に人気があるのが
1月9日(土)10:00時より斎行される神事「寒中禊がまん会」です。
新成人を初め老若男女40名ほどが
氷の入った禊場にて冷水を浴び穢れを祓う神聖な神事。
毎年たいへん大勢の方が見学に訪れる恒例行事の一つです。

他にも神田明神では新年にふさわしいさまざまな行事が行われます。
詳しくは→ http://www.kandamyoujin.or.jp/

皆様、良い年をお迎えください。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2015/12/16 22:06

千代田区政をもっと身近に 区長が皆さんと対話します
「出張!区長室」 が、開催されました。


12月16日(水) 
本年度4回目の「出張!区長室」
淡路町二丁目のワテラスコモンホールにて開催されました。

時間は午後5時から7時までの2時間。
入場退場は自由となっています。

 


本日の基本テーマ
「2020東京オリンピック・パラリンピック開催と千代田区」を
議題に来場者と区長の質疑応答が始まりました。

約40人の方々が会場を訪れています。

 


・外神田秋葉原エリアの大型車の駐車問題
・英語(外国語)の講座の開催
・外国人向けのサイン・マークの表記問題
・外国人の民泊の問題
などなど活発に質問・意見が述べられ石川区長が一つ一つ答えました。

 


・一般の質疑応答では
・千代田区広報のあり方
・区長、議員の報酬の問題
・坂道での自転車転倒の問題
・万世橋出張所の建てかえ問題
・外神田区立住宅の建てかえ問題
・お茶の水小学校の建てかえ問題
・議員報酬の政務活動費の問題
・東京上野ラインの秋葉原駅停車要望
・電線地中化や防犯カメラ設置の問題
・千代田区コミュニティーバス風ぐるまの問題
などなど
次から次へと質問が続き、石川区長、山口副区長、千代田区職員らが
回答を述べていました。その場で答えられない問題については持ち帰り
後日あらためて回答する形がとられています。


区民、住民らの質問・意見に答えてくれた
石川区長と山口副区長、びっちり2時間の生の声での対話、お疲れさまでした。
会場に来場した区民らの皆さん、お疲れさまでした。

今回の全ての質問と回答は後日、
千代田区ホームページに掲載される予定となっています。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2015/12/12 18:41

千代田区観光協会 企画・主催「企業探訪」

12月12日(土)には、
神田須田町二丁目町会婦人部の皆さんが婦人部研修活動の一環として
三崎町一丁目「庭のホテル東京」を訪れました。

庭のホテル東京 http://www.hotelniwa.jp/


「庭のホテル東京」は、錦華通りに面して落ち着いた佇まいの景観。
開業より7年連続でミシュラン☆☆2パビリオン評価の上質のホテルです。

 


弊千代田区観光協会 会長の森川の挨拶に続き
庭のホテル東京の木下彩社長のお話がありました。
旅館・森田館の創業から東京グリーンホテルを経て、
現在の「庭のホテル東京」へと繋がる経緯とホテルのコンセプト
安全防災への心がけなどを語っていただきました。

 


設備担当者の案内で地下の免震設備を見学させていただきました。
奥に見えるのが免震設備で、手前に光る部分は記録設備とのことです。

 


皆さんヘルメットを装着してめったに見られない免震設備を熱心に見学。
ホテルも一般の皆さんに免震設備を公開見学したのは始めてのこととか。

 


次は、客室の見学です。
タイプとグレードの違う三つの客室を見学させていただきました。

 


和モダンのコンセプトが客室を落ち着いた雰囲気にしています。
宿泊される多くの外国人の皆さんの評価も高いはずです。

 


和と洋の微妙なバランスが絶妙な居心地のよさを醸しだしているのでしょう。

 


見学終了後は、ホテル自信の和のレストラン「縁(ゆくり)」にてランチ。
美味しい和食に舌鼓をうち和やかなうちに解散となりました。

庭のホテル東京 コチラ→ http://www.hotelniwa.jp/

千代田区観光協会 「企業探訪」
次回はどちらにお邪魔することになりますか?

投稿者: machiblog3 投稿日: 2015/12/05 20:46

12月初めの土曜日
神田の町はイベントが盛りだくさんでした!

お茶の水サンクレール商店会の広場には
フィンランドからサンタクロースがやって来ました。


子どもたちはサンタさんの登場に大喜びの大歓声。
サンタさんへの質問コーナーでは可愛い質問が飛び交いました。
会場全体で「赤鼻のトナカイ」を大合唱。
握手会や撮影会も盛り上がり会場は笑顔がいっぱいとなりました。

鍛冶町の旧今川中学校では、
神田駅東連合9町会の餅つき大会が行われました。


子どもたちも行列して餅つきを体験してとまどったり困ったり。
でも大人たちが優しく面倒をみて世話をやいて笑顔で楽しい時間となりました。
校庭の周囲の飲食ブースも大賑わい。
好天に恵まれたこともあってアイスクリームが思わぬ人気となりました。

岩本町東神田ファミリーバザールも来場者がご覧の通りの大混雑。
明日の12月6日(日)が最終日となります。 


恒例の冬開催のファミリーバザールがいつも通りの大人気の盛況ぶり。
衣料品がメインですが日用品、雑貨、食料品まで驚くほどの大安売り。
すぐに使える着られる冬物衣料品や防寒グッズが人気を集めていました。

明日12月6日(日)が最終日。
詳しくはコチラ→http://www.family-bazar.com

 

投稿者: machiblog3 投稿日: 2015/11/28 22:49

11月28日(土)
神田錦町三丁目 ちよだプラットフォームスクエア5Fにて
第15回 千代田まちづくりサポート 中間発表会
が開かれ、6月の審査会を通過した14団体が現況を中間発表しました。


会場には活動団体のメンバーや一般の見学者が多数訪れ満員の盛況。
司会進行は、以前に審査委員を務められた地元千代田区の田熊さん。

14団体全てをご報告できないので
神田を地盤にしていたり、神田での活動が主体の団体をいくつか紹介しましょう。

 


【神田くらし探検隊】
東京大学の学生が中心メンバーで多町二丁目を対象に町歩きや冊子製作を報告

 


【神保町映画祭実行委員会】
神保町での「映画文化振興」と地域の活性化を願い映画祭を行う活動をしている

 


【神田一八エリア振興会】
多町、司町などをつらぬく一八通りエリアで「食」をテーマにした活動をしている

 


【神保町コミュニティープラザ】
神保町に、書店、観光、グルメ情報などの情報発信基地を作る活動をしている。

 


【NPO都市住宅とまちづくり研究会】
変貌する東松下町に地域が主体となって運営する
「コミュニティーカフェ」の実現を目指している

 


【リーブウィズドリーム】
千代田区バリアフリーマップ製作の先をゆく
アクセシブルクーポンの実現に向け研究と活動をしている。

午後1時に始まった中間発表会では
今期活動中の14団体が7名の審査委員の目前で活動状況を報告
審査委員との熱い質疑応答などのやりとりがあった。
午後4時までに全ての団体の中間活動報告が無事に終了。

今年度の千代田まちづくりサポートの活動最終発表会は
3月5日(土)に同会場にて予定されている。
千代田区でのまちづくり活動をしたいと思っている方や関心のある方は
どうぞお出かけください。


 そして最後にサポート活動をボトムアップする
【千代田まちづくりサポーターズネオ】の特別プログラムとして
まちづくりサポートのOB団体として活躍する
【NPO コドモ・ワカモノまちing】の星野諭氏の活動の発表と
活動へ向けてのアドバイスを含めた講演があった。

詳細は
公益財団法人「まちみらい千代田」 
http://www.chiyoda-days.jp/
101-0054
千代田区神田錦町3-21ちよだプラットフォームスクエア4F
電話03-3233-7556

投稿者: machiblog3 投稿日: 2015/11/22 21:02

ミニトレインの活動を通じて地域交流・活性化にと活躍する
東京高架下軌道のミニ丸の内線の車両が
11月22日(日)神田淡路町のワテラス広場にやってきました。

実はワテラスの地下の淡路町~お茶の水駅間には
本物の地下鉄・丸の内線が朝から晩まで毎日止まることなく走行しているのです。


折りしも広場では、ワテラスマルシェが開催中。
さらに移動式子ども基地がやってきていて賑わっていました。

 


広場の象徴、ワテラスの翼の周囲に60mものレールが敷かれました。
丸の内線に乗車の子どもたちはなんて可愛い笑顔なんでしょう!

 


広場の樹木も紅葉してきています。
東京とは思えない和やかな風景となりました。

 


ミニトレインは大人でも乗車できるので
お父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんも子どもと一緒に乗車。

午前10時から午後4時までミニトレイン丸の内線が運行。
たくさんの笑顔を運びました。

 

一般社団法人 千代田区観光協会