トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

カテゴリーリスト

spacer

カレンダー

spacer
まちブログ

まちブログ「神田・神保町・秋葉原」周辺

spacer
名前: machiblog3 作成日: 2008/07/07 13:48
千代田区のまちブログです

投稿者: machiblog3 投稿日: 2015/02/26 21:49

2月27日(金)~3月4日(水)
「井政のお雛様」 ~遠藤家コレクション~

明治~昭和初期の名匠と言われた吉野喜代治の木目込み人形始め、
五世大木平蔵(まるへい)の童子雛人形、蒔絵のお道具など、
明治から現代の作品に至るまでを一堂に展示いたします。

「桃の節句」の今この時だけの貴重な人形の展示です!
http://www.kanda-imasa.co.jp/2015/02/149/


井政・神田の家 重厚で格調高い千代田区有形文化財指定の木造建築
人形鑑賞とあわせ建築物の内覧もめったにない機会です。

 


木目込人形

 


御所人形

 


左 賀茂人形
右 嫁入道具

 


雛人形七段飾り

 


神田明神に隣接する宮本公園で
四季折々さまざまな風情をかもしだす「井政・神田の家」
オフィシャルサイト→ http://www.kanda-imasa.co.jp/2015/02/149/


日 時  2月27日(金)~3月4日(水)  
      ※3日は午前中貸切の為午後より開門
時 間  11時~16時半(最終入場16時)
入場料  一般 1,000円 ※ 千代田区在住・在勤500円(証明書提示につき)
会 場  千代田区指定有形文化財 井政(神田の家)
      千代田区外神田2-16 宮本公園内 TEL 03-3255-3565

 

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2015/02/12 22:32

新島襄生誕の地碑前祭と記念講演会

同志社の創設者、新島襄は
江戸安中藩邸内(現神田錦町三丁目・学士会館の地)で生まれ、
20歳まで江戸(神田)の地で成長した。
2月12日(木)新島襄の生誕(172 年)を記念して、
「生誕の地碑前祭」と「記念講演会」が開催された。

生誕の地碑前祭主催:学校法人同志社
記念講演会主催:同志社東京校友会・同志社同窓会東京支部
       後援:一般社団法人学士会・株式会社学士会館精養軒・千代田区観光協会・神田錦町三丁目町会


「新島襄先生生誕の地」碑は
神田錦町三丁目、学士会館の地に建っている。(警察通り側)

 


「新島襄生誕碑前祭」
記念碑の前に参列者が集い全員で賛美歌を斉唱する。
同志社大学・水谷理事長のご挨拶がある。

 


新島襄は、天保14(1843)年、
現在の神田錦町三丁目・学士会館の場所で生まれた。
祐筆の子として5 歳から書道を学び、16 歳のときには父親の大坂出張中、
書道塾の教授をつとめている。
また、漢学を神田佐久間町の安中藩中屋敷で、
航海術や数学を築地の軍艦操練所で学んでいる。
 


元治元年(1864)20 歳のとき密航し米国に渡った。
米国で洗礼を受け、アーモスト大学を卒業。
明治維新の後、岩倉具視遣外使節に随行し各国の教育制度を調査した。
帰国後は、京都を拠点に伝道活動に励み、明治8(1875)年同志社英学校、
同10年(1877)同志社女学校を創立し、引き続き大学設立を目指し
尽力中に明治23(1890)年にその生涯を閉じた。
例年2月12日の生誕日には、生誕地・学士会館前で生誕祭が行われている。 


地元、神田錦町三丁目の前田智彦町会長も碑前にて挨拶と献花をした。

 


碑前祭の終了後には、会場を学士会館201号室に移し
記念講演会「江戸っ子・新島襄の夢~神田に錦を飾る~」
が開催され、会場には100人を超える聴衆が集まった。
講師は、新島襄の語部としてご活躍中の
本井康博氏(元同志社大学神学部教授)がつとめられた。

 @団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2015/02/10 23:10

早稲田大学 佐藤洋一教授の空間映像研究ゼミの
「リサーチ&プロジェクト2015」展示が
神保町三丁目のギャラリーコルソで開催されている。

神保町三丁目・ギャラリーコルソ 2月14日(土)まで

佐藤洋一先生は「あの日の神田・神保町」「あの日の日本橋」など
「あの日・・・シリーズ」の著者として、町研究の世界で有名である。


ギャラリーコルソは専大交差点・城南信用金庫となりの
日建神保町ビル3F(1Fは珈琲館)

今回の展示では、各学年がそれぞれのテーマのプロジェクトを展示している。
3年生が取り組んだ「築地ってなに?」がたいへんに興味深い展示であった。

 


来年2016年秋に豊洲に移転することが決まっている築地魚河岸
約85年の歴史を紡いできた築地魚河岸を
歴史、今昔、映像、音、地図、未来など様々な角度から研究観察している!

 


築地魚河岸の場内・場外地域が立体模型で展示。
さまざまな取材ポイントがマーキングされている。

 


築地魚河岸で働く人、築地魚河岸に出入りする人を取材した
100分にもおよぶ映像がたいへんに興味深い内容で面白い!

 


左が早稲田大学社会科学部空間映像研究ゼミナール担当教員
佐藤洋一教授

 


「リサーチ&プロジェクト2015」「市場観察学入門」小冊子の内容も
築地魚河岸を知るうえで、そして無くなってゆく築地魚河岸の記録として
貴重なものとなってゆくであろう!

 

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2015/02/03 22:49

2月3日(火) 江戸総鎮守 神田明神に於いて
【節分豆まき式】が執り行われました!


定刻の午後2時 境内に合図の太鼓の音色が響き渡る!
明神会館の前から鳶頭の木遣りの唄も高らかに行列が社殿へと向う。

 


古の武家の装束の姿をした随神が勇ましい。

 


神田明神の御祭神の大国様と恵比寿様も行列を進みます。

 


神田明神キャラクターの「みこしー」君も歩いて社殿へと向います。

 


社殿にてお祓いが執り行われて後には
石川千代田区長、矢田中央区長らの手でくす玉が割られて
午後2時20分、いよいよ豆まきが行われる!

 


最初の組は氏子総代さんら。
鳳凰殿テラスには一度に15人から20人くらいの方々が上がり
順次、豆まきをして交代をしてゆく。

 


某菓子のキャラクターの赤鬼、青鬼も豆まきに参加!
外国人モデルとおぼしきイケメン&美女の集団であった。

豆まきは、交代で神田明神にかかわる
氏子総代、氏子関係者、年男年女、一部ゲストなどが参加。
福を授与される皆さんも、およそ200人づつが交代でテラス下へ移動。
大勢の皆さんが招福をされていったことでしょう。
豆まき式は、午後4時に事故トラブルなく無事に終了となった。

 


神田明神の大鳥居宮司も節分祭の模様をずーッと優しく見守っていた。

 

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2015/01/30 22:02

本日1月30日(金)より展示公開 【3月22日(土)まで】
平成26年度 文化財特別展
千代田の坂と橋~江戸・東京の地形~

会場:日比谷図書文化館

 


日比谷図書文化館 1F 会場入口(入場無料)です

 


正面に会場の案内図があります 順路に沿って見学してみましょう!

 


江戸時代も坂や橋は名所として浮世絵に描かれています
写真は歌川広重「名所江戸百景」
千代田区の坂や橋の情景が展示されている(望月義也氏所蔵)

 

橋と坂の格付けの番付
橋は日本橋 坂は神楽坂が最上位に掲げられています

 


皇居(江戸城)を中心に周辺地域が立体で表現された模型の展示

 


題材は「坂」「橋」と地味ですが
江戸東京の地形や歴史、祭礼との関わりなどが
キッチリとわかりやすく展示・解説されている

 


江戸東京の城門や橋、石垣などの解説した15分の映像もおすすめ!

 


出口から続く廊下にも興味深いパネル展示があり楽しめる。

会期内には講座も開催される(時間は18:30~20:30)
2月12日(木)浮世絵に見る千代田の坂と橋 滝口正哉先生
2月19日(木)江戸東京の坂と崖 芳賀ひらく先生
3月05日(木)江戸の橋と広場 小林信也先生
◎講座受講申込みは 日比谷図書文化館 文化財事務室 
 電話03-3502-3348
 またはメール rekimin@vesta.ocn.ne.jp

日比谷で、神田(千代田区)の歴史ある「坂」と「橋」を学んできました!
ぜひとも一度お出かけになってはいかがでしょうか?

 

@団長

 

投稿者: machiblog3 投稿日: 2015/01/27 16:22

1月27日(火)にマーチエキュート神田万世橋にOPENした「常陸野ブルーイング・ラボ」の内覧会に行ってきました。

東京初のビールの製造工程が学べる、全く新しいタイプのクラフトビアバーです。



工場直送の常陸野ネストビールや、マーチエキュート限定のビールが、約10種類用意されているということです。

内覧会では、日本ビアジャーナリスト協会会長の藤原氏によるトークショーが催されました。



実際に店内のラボにて、ビールの製造工程を見せていただきました。
好みの苦味、色、香り、アルコール度数と細かく調整していきます。



フードメニューは、カップ酒の瓶に料理が詰められた「BIN’s」。種類豊富なおつまみが楽しめます。



ビール好きな方、ビールについて深く研究してみたい方は、オススメのスポットになりそうです。



■マーチエキュート神田万世橋
http://www.maach-ecute.jp/

投稿者: machiblog3 投稿日: 2015/01/10 21:47

 1月10日(土)10:00~11:00
神田明神「寒中禊がまん会」が執り行われました。


白装束に身を包んだ善男善女42名が境内にて始めの神事を行います。
全員でお祓いを受け大祓詞を奏上します。

 


参加者は42名
新成人5名、女性は8名、14歳から67歳の方々が参加。
初参加の方は15名参加されています。

神事終了後、身体を温める準備運動として裸足のまま
神田明神の境内を外回りで一周のランニングをして禊場へむかいます。

 


獅子山前の特設禊場には大きな氷柱が3本浸かった冷水が待ち受けている

禊の指導と監督を行う神職の「道彦」にならい和歌を奏上しながらの
鳥船という準備体操を念入りに行います。

 

 


禊経験が豊富な常連参加者は立ち上がっての大パフォーマンス
見物の人たちから歓声が沸きます。

 


気合を入れて女性参加者も懸命に冷水を浴びています。
冷水を浴びて心と身体を清め、罪と穢れを祓う厳しい儀式です。

およそ1時間にわたる正月恒例、だいこく祭の行事
「寒中禊がまん会」が無事に終わりました。
参加された皆様の健康と弥栄を願うばかりです。
お疲れさまでした。

 

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2015/01/05 23:05

1月4日(日)
神田明神に隣接する宮本公園の敷地に建つ
千代田区有形文化財に指定される「井政・神田の家」
江戸町火消しの伝統を今に伝える
江戸消防記念会【第一区】の鳶頭衆による

木遣り 纏の振込み 梯子乗り の妙技が披露されました。


NPO法人「神田の家」(平野徳子理事長)が運営管理する
重厚な木造建築は、かつては神田鎌倉町で材木商をしていた
遠藤家の建築物を移築したもので、その素材と造りは最高級のもの。

 


鳶頭衆の木遣り道中が「神田の家」の冠木門に向けてやってくる。
江戸消防の長提灯を先頭に
中央には神田「よ組」組頭と日本橋「い組」の組頭
その後には第一区の幹部連中が続き「よ組」の纏と梯子
そして鳶口を携えた若い衆がやってくる。

 

        
まずは門前で纏の振込み。この妙技の披露は1月6日の消防出初式が
有名だが町なかでは滅多に見られないしろもの。

 


門前に梯子を立てて大勢の方たちが鳶口で梯子を支える

 

        
そしてなんとも江戸の風景が現代に甦る重厚な木造建築の門前で繰り広げられる
梯子乗りの妙技の数々に観衆は上を向いてただただ拍手拍手と歓声が湧き上がる。

 


出来上がる風景がこの写真。
長提灯と纏と梯子乗り、なんとも時代がかったステキな景色。
お正月にふさわしい江戸町火消しの伝統の技の披露でした。

 

☆団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2015/01/04 20:32

江戸総鎮守「神田明神」の年越しの景
平成26年 大晦日 ~ 平成27年 元日


12月31日大晦日の午後10時30分の初詣参拝の行列です。
例年は11時30分頃閉じられる随神門が10時30分には閉じられました。
行列は大鳥居から湯島坂を明神下交差点方面に延びています。

 


境内には神社関係者と警備の方がいるだけ。

 


この光景が見られるのも一年に一度、大晦日のこのひと時だけ。
午前0時に随神門の扉が開かれるまでのわずかな時間。

 


午前0時
明けましておめでとうございます。
境内に太鼓の音が鳴り響き随神門の扉が開かれ新年の幕開けとなる。
鳶頭衆の木遣り唄を背景に、神田警察署、神田消防署の署長が中央
両側には宮鍵講、御防講が並び美しい整列入場となる。

 


そして境内は人、人、人で埋め尽くされる。

 


正月の期間中、境内の神楽殿では東京都無形文化財指定の
神田囃子保存会の皆さんがご奉仕。

 


正月4日までは、氏子さんと一般の参拝の方々が大勢訪れる神田明神
概ねの仕事始めとなる5日以降は背広姿の企業人の参拝となり
境内を埋め尽くす色がものの見事にダークスーツでいっぱいとなる。

 


1月3日(土)夕刻の参拝の行列も延々と明神下方向へと延びていた。

皆様、今年も佳い一年となりますように!

 

☆団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2014/12/27 20:11

神田・日本橋に108ヶ町を氏子とする
江戸総鎮守「神田明神」

創建は奈良時代の天平二年(730)
元和二年(1616)に、江戸城拡張整備工事のため
創建の地の芝崎村(現大手町・将門塚辺り)から
ご当地に遷座され、来年はご当地遷座400年という記念の年となる。

その神田明神が神社界で初めてとも言われる
ガチャガチャのフィギュアを大晦日12月31日より発売する。


神田明神の昨年の大晦日から元日へ向けての年越し参拝の風景である。
一年にこのとき一度だけ11時30分に随神門の扉が閉ざされる。
神社境内には神社関係者以外は入れない無人状態となる。
午前0時、年越しを知らせる太鼓の音が響き渡ると
鳶頭衆の木遣りの唄声とともに扉が開かれ新年の幕が開く。

 


大晦日、午前9時より16時まで社務所前の特設テントに
ガチャガチャマシーンが9基置かれて販売されるのが
「神田明神縁起物フィギュア」

 


球体の半透明カプセルに神田明神にまつわる
縁起物フィギュアが入っていて、その縁起物の種類は七種類とか。

 


7種類の縁起物は、「だいこく様」「熊手」「まさかど様絵馬」「鳳凰」
「巫女さん」「社殿提灯」「ラブライブ絵馬」とバラエティーに富んでいるが、
ガチャガチャなので果たして何が出てくるかはわからない!
解説書には神田明神の由緒や由来、行事なども載っているらしい。
そして御神籤の原典とも云えそうな「人生指針神話くじ」も入っているとのこと!

お好きな方は、新年の参拝の折りにでもためしてみてはいかがでしょうか?
ガチャガチャ 1回 400円

 

@団長

 

一般社団法人 千代田区観光協会