トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

カテゴリーリスト

spacer

カレンダー

spacer
アーカイブ
<2013年3月>
242526272812
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456
月別の過去ログ
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
まちブログ

まちブログ「神田・神保町・秋葉原」周辺

spacer
名前: machiblog3 作成日: 2008/07/07 13:48
千代田区のまちブログです

投稿者: machiblog3 投稿日: 2013/03/28 0:27

3月27日(火)大安吉日の朝の神田明神
気温も低く冷たい小雨が止むことなく降り続きます。
普段は朝から参拝者で賑わう社頭も今朝はとても静かです!


境内の桜は、このひと雨で瑞々しさが増し一段と華やかに美しく見えます。
なんとか週末の「神田明神春まつり」まで桜花爛漫でいてほしいものです。

 


午前10時
本殿に於いてお祓いが執り行われます。

「羽衣」装束新調のお祓いの神事です!

五月に斎行される4年ぶりの「神田祭」
その神田祭の名物の一つと云っても過言でないのが
神田松枝町会の羽衣人形山車の宮入風景。
100基もの神輿が続々と勇壮に宮入することが有名な神田祭でも
唯一の人形山車の宮入は異彩を放ち人気絶大な「羽衣人形山車」です。


昭和13年に神田・宮惣さんの手によって拵えられた人形山車。
その羽衣人形の装束がナント今回は75年ぶりに新調されたのです。

能「羽衣」人形の古い方の装束は
神田祭のときに神田明神資料館に展示される予定もあるそうですが(未定)
手前の小袖は「腰巻」という着付けが人形にされます。
奥の朱色の衣装は「長絹」(ちょうけん)というそうです。


5月12日の神田松枝町会の宮入では
神輿と並び、新しい煌びやかな装束を纏った羽衣が
山車の上で旋回する、こんな光景を見ることができるわけですね!

見逃せません!
神田松枝町会「羽衣人形山車」の宮入参拝。

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2013/03/24 0:05

 桜花咲き乱れ春爛漫

心うきうき桜花満開の季節は
千代田の桜まつりも盛り上がり千鳥が淵が人気絶大!

人気スポットの九段・千鳥が淵・靖国神社のすぐ近くの
神保町の桜並木を紹介しましょう。


神保町再開発の町「Jシティ」の住宅棟パークタワーの前
白山通りに面した若い桜並木がいい感じに満開です。

 


となりの学士会館側から神保町交差点を臨む景色がこちら。
まだまだ若い木なのでボリュームも形もなんとなく統一されている感じ!

 


神保町交差点側から学士会館方面を臨むとこんな感じ。
こじんまりとまとまりのある美しい風情がただよい
道往く人ものんびりと眺めたり、写真を撮ってみたりとステキな空間になっています。

右前方の共立女子大の方向もピンクに色づいていますね。

 


共立女子大学の正面玄関の前には若い4本の枝垂れ桜が咲き誇っています。
今年は桜の開花が早すぎて入学式ではなく卒業式に満開となりましたね。

まだまだ成長途上の神保町の若い桜並木ですが、
年々と木が育つに連れてこの桜並木も人の注目を集めることでしょう!?
来春はどんな姿を見せてくれるか楽しみです。

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2013/03/18 0:49

ワテラス(淡路町二丁目再開発・旧淡路小等跡地)と
ソラシティ(旧日立本社ビル跡・御茶ノ水駅前)が完成間近。
ここが神田かと思う近代的高層な景観と空間。

神田川沿いの淡路坂より一本南の
本郷台地駿河台の東側斜面の坂道が「幽霊坂」である。
こんな明るい超近代的な景観になってしまったら
もう、二度とお化けも幽霊も出られそうにない!


ワテラス  神田淡路町二丁目

 


ソラシティ 神田駿河台四丁目

 


左手前ソラシティ 右奥ワテラスが歩道橋で繋がった。
正面は神田郵便局!

その二つの敷地の、ワテラスの北の角と
ソラシティの南の角を繋ぐのが「幽霊坂」に架けられたこのスケルトン歩道橋。
この春、両ビルがオープンして
御茶ノ水駅と淡路町周辺の人たちの流れがどう変化してゆくのか楽しみである。

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2013/03/12 11:44

現在、アーツ千代田3331にて開催している、東日本大震災復興支援『つくることが生きること』東京展の、プレスツアーに参加してきました。

現在も東北で復興活動に力を注ぐ人々や、アーティストによる継続的な取り組みを紹介しています。

ディレクターの中村さんより、展示の主旨について説明がありました。
背後のパネルは、関東大震災時の神田地域の写真です。


岩手県陸前高田市の3.11以降の写真と、それ以前の写真を、スクリーンの表裏に同時投影しています。


明治三陸大海嘯の実態。津波の惨状が描かれた風俗画を展示しています。


仮設住宅の設置状況が、分かりやすい立体資料によって示されています。


阪神・淡路大震災から18年間、アート・デザイン・建築分野における支援活動が記された年表。


被災地の廃材を用いて制作された、オブジェの展示。


震災後、岩手県大船渡でおこなわれている「やっぺし祭り」の展示ブース。


3.11メモリアルプロジェクトにより、収集された折れ曲がった交通看板など。


被災地の復興リーダーが現状を語る、インタビュー映像を視聴できます。


未来芸術家・遠藤一郎さんによる、漁船へのライブペインティング。


岩手県で、漁業の復活を目指し活動しているADBOADプロジェクトの紹介です。


多くの観客が見守る中、ペイントが施されていきます。




FUTURE(未来)の文字が完成しました。


続いて、星が描かれます。カラフルな漁船になりそうです。




わずか数分の間に、船の片側へ着々と色が塗られていきました。


会期中は、さまざまなワークショップやイベントが企画されていますので、ぜひ足を運んでみて下さい。

詳細はコチラ ⇒ http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/2784/Default.aspx

投稿者: machiblog3 投稿日: 2013/03/09 20:19

日本橋・神田エリアの町を「江戸古町」と呼ぶそうです。
江戸古町を遊びつくすお祭りが3月1日から始まっていましたが、
本日3月9日最終日を迎えました。

体感!江戸古町さんぽ~神田編~


午後2時に御茶ノ水駅に集合して、
太田姫稲荷のご神木-湯島聖堂-神田神社-昌平橋-旧万世橋駅舎-須田町老舗街-多町大通り-JR神田駅-今川橋-古町祭り会場
2時間30分程の盛りだくさんなさんぽツアーでした。

ガイドは神田地区のタウン誌である神田画報を作られている神田で生まれ育った立山西平氏。
ガイド内容は歴史的なことや地域の裏情報などとても楽しいツアーでした。

湯島聖堂のガイド
昔は「橋」はすべて「はし」と読んでいたそうです。
「しょうへいはし」言いにくいですね。
「しょうへいばし」のほうが言いやすい。



神田明神ぐるり1週ガイド


坂の上ホテルの隣の階段を下って千代田区と文京区の複雑な境についてガイド

 


昌平橋付近のガイド


多町大通りのミルクホールのガイド

 


多町大通りにあるバケツ豆腐で有名な 越後屋さん前でご主人と一緒にガイド

 

神田金物通りの「活気満点!にぎわい屋台」会場にて集合写真を撮影し解散となりました。

解散後各々屋台で冷たいものを飲んだり美味しものを食べたり。そして6時スタートの
江戸古町祭りファイナルイベントのプロジェクションマッピング「よみがえる江戸古町」
を見学したりしました。

主催者や千代田区長の挨拶のあとマッピングがはじまりました。



プロジェクションマッピング「よみがえる江戸古町」

奥行きが深くあでやかな、マッピングはとても楽しいイベントでした。

 

 

投稿者: machiblog3 投稿日: 2013/03/08 1:31

メンターム→近江兄弟社→ ヴォーリズさん→山の上ホテル

どちらさまのご家庭にも大概は常備されていると思うのですが・・・
今さら気がついたんですよ。
名前も違えば製造販売している会社も違うと云うことに!

 
左は「メンターム」 右は「メンソレータム」
両方とも我が家にあったのです。
「メンターム」は近江兄弟社。。。「メンソレータム」はロート製薬が販売してます。
蓋に描かれているキャラクターも「羽飾りの少年」と「少女看護婦」さん。

で、ふと「近江兄弟社」さんて駿河台にあったなあなんて思い出して・・・
明治大学の並びに東京営業所「近江兄弟社ビル」がありました。


近江兄弟社は明治43年1910に創業の100年を超す会社だったのです。
創業者はウィリアム・メレル・ヴォーリズ(以後ヴォーリズ)さん。
アメリカ人です。

日本人の兄弟が作った企業ではありませんでした!

ヴォーリズさんは1880年生まれでキリスト教の伝道師として来日して
近江八幡で近江兄弟社を設立しました。
他にも建築事業や教育事業などさまざまな社会文化事業に勤しみ
1964年に日本で84歳で亡くなり日本に骨をうずめました。

そもそも近江兄弟社がメンソレータム社「メンソレータム」の
日本国内販売権を持っていたですが、あるとき販売権を手放した時に
日本での販売権を取得したのが「ロート製薬」だったわけです。
その後、ロート製薬がメンソレータム社を買収してしまいました。

で、その後近江兄弟社は「メンターム」を製造販売したわけですね。
ヴォーリズさんは建築家としても、日本に多くの建築物を残しました。
その一つがなんと近江兄弟社ビルから目と鼻の先、歩いて数分の
「山の上ホテル」だったのです!


昭和11年1936にできた「山の上ホテル」も当初はホテルではなく
「佐藤新興生活館」と云う建物だったそうです。

この質素で重厚でありながら上品な佇まいで人気の高い
「山の上ホテル」を建てた建築家ヴォーリズさんが
創業したメンタームの「近江兄弟社」東京営業所がすぐご近所にあった。
と云うお話でした。

因みにヴォーリズさんの作品は全国にたくさんあるのですが
都内ですと、青山学院大学、東洋英和女学院、
国際基督教大学などに残っているそうです。

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2013/02/27 1:09

 2月26日(火)大安吉日 晴れ
多くの方々に明神様と呼ばれ親しまれる「江戸総鎮守 神田明神」に於いて
歌舞伎界の人間国宝・音羽屋 尾上菊五郎長男 菊之助さんと
同じく 人間国宝・播磨屋 中村吉右衛門四女の よう子さんが挙式。

菊之助さん、よう子さんおめでとうございました!


神田明神境内には500人を超えるファンが訪れ、
たくさんの各メディアとあわせお祝いモードが満ち満ちています。
江戸消防記念会の鳶頭の木遣に先導され新郎新婦とご両家が参進。
「音羽屋」「播磨屋」のお祝いのかけ声と拍手の渦のなか
結婚式を挙げる本殿へと向かいます。

 


一時間弱で式が終了。
この日が境内にお祀りされている「水神社」の魚河岸会例祭に当っていた事もあり
魚河岸会の協力で、お二人へのお祝いとして神社神輿が担ぎ上げられました。
ご両家の皆さんは社殿前にてお迎えです。

 


威勢のいい神輿の担ぎ上げに新郎新婦を初め
ご両家の皆さんに笑顔がこぼれ、手拍子で神輿を迎えてくれました。

この結婚式の模様はテレビ局も生中継して全国に放映されました。
これからの歌舞伎界を担う菊之助さんの結婚式をお伝えしました。

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2013/02/12 23:00

2月12日は、旧暦で云うと1月14日。
170年前の天保14年(1843)のこの日に
いま話題の彼の人が当時の一橋御門前安中藩江戸屋敷の内で誕生している。
彼の人の生誕を祝い功績を讃える
「新島襄生誕之地 碑前祭」式典が執り行われた。

その人の名は「新島襄」。同志社の設立者である。
今年は大河ドラマ「八重の桜」の話題もあり、記念碑を訪れる人も多い
錦町三丁目「学士会館」の地に建つ「新島襄先生生誕之地」碑。
本日2月12日は同志社大学・八田英二学長を初め約50名の関係者が列席し
170回目の生誕を祝い、同志社設立の礎となったご当地・神田錦町で
新島襄先生の志にそれぞれに思いを馳せていた!


式典は「新島襄先生生誕之碑」の前で列席者一同で賛美歌を斉唱から始まった


同志社大学 八田英二学長の式辞挨拶


生誕記念之碑前に献花 式典は終了し一同は別室にてお茶会へ

☆追伸
学士会館(旧館:神田警察通り寄り)玄関ロビーには
絢爛豪華かつ上品な七段飾りの雛人形を展示中。
文化庁登録文化財指定の重厚な建物の持つ佇まいと相まって
なかなか良い雰囲気の人形展示となっている(3月3日までの展示予定)

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2013/02/05 0:46

 平成25年2月3日(日)14:00~
江戸総鎮守 神田明神に於いて
「節分祭」豆まき式が執り行われました。


節分が日曜日と重なったこともあり、参拝のお客様の出足も早く
午後二時の開会にもかかわらず30分前には境内はごらんのように
満員札止め状態で入場を待つ行列は、まるで正月の参拝の混雑時のように
参道を埋め大鳥居の先まで伸びてしまいました。

 


午後2時定刻
江戸消防記念会の鳶頭(かしら)衆の木遣唄の先導で入場が始まりました。

 


まずは神職、氏子総代、来賓らが社殿にてお払いをしていただきます。
袴に裃姿の年男、年女、善男善女ら豆まき参加者はナント480人!

 


社殿正面にズラリと居並んだ氏子総代を前に
千代田区長、中央区長、警察・消防・税務署長らがくす玉を割り
いよいよ順々に鳳凰殿2階テラスにて豆まきの始まりです。

 


もちろん福を授かる一般の参拝者の皆さんも危険防止のため入れ替え制です。
テラスには約20人づつ上がり豆まきが繰り広げられるわけです。
ホント、ケガや事故だけはないように・・・福だけをお持ち帰りください。

 


オーラが違う人を発見!
尾上菊五郎さんちの菊之助さんではありませんか。
笑顔で豆まきを楽しんでいらした様子でした。

随神門をご覧ください!
まだ境内へ入場できない方の行列が参道から大鳥居方向へと
延々と連なっている光景が写っています。
神田明神の節分は、すごい人気ですね~!驚きました。

 


神田明神の大鳥居宮司さんも満面の笑顔で豆まきをされていました。

480人の方々の豆まきは約2時間かかり無事に終わりました。
事故なく務めようとスタッフ、警察、消防さんの皆さんもお疲れさまでした。

 


豆まきの済んだ方から明神会館の会場へ移動して直会(なおらい)となります。
節分にちなんだ鬼の苦手なお料理をいただきました。

好天の日曜日の神田明神「節分祭」豆まき式
滞りなく無事にお開きと相成りました。
翌2月4日には立春となり、暦のうえでは「春」ということになりました!

追伸(オマケ)
千代田区観光協会 T会長(右)&O専務理事(左)も
袴に裃の衣装をつけてキッチリ豆まきをしてまいりました。

(獅子岩の天辺の獅子のシルエットがステキだ!)

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2013/02/01 9:16

 神保町交差点から見えるおなじみの風景。
右から「集英社」「小学館」「共立女子大学」が並んでいる。
案外と知られていないのが小学館ビルの地下店舗街の飲食街。

昨年の「神田カレーグランプリ」で
専門外のカレーでエントリーして見事に3位入賞している
人気の洋食レストランの名店「七條」がここで営業している。

 


小学館ビル全景(手前が神保町交差点)

 


ビル神保町側の側面にある地下店舗街への入口階段
店舗紹介の看板には8店舗あるが、現在営業しているのは5店舗。

 


ワクワク感いっぱいで店舗街への階段を下りる

 


午前11:40に到着もすでに店の前には15人ほどの行列が!

 


しばし待たれよ。いざ入店。
赤いテーブルクロスが目に鮮やか。30人ほどが席に座れる可愛いお店。
人気店なので場合によっては合席となることもある。

ランチの人気はフライ。エビ、カツ、メンチ、コロッケ、カキなどなど。
夜はコース料理やさまざまなアラカルトが楽しめる(らしい?)

 


エビフライ、カニクリームコロッケ、カキフライのミックス(スープ付き)

 


エビフライ、メンチコロッケ(スープ付き) パンかライスを選べる!

 


食事を終えて店をでて振り返ると、まだまだランチ入店待ちの行列状態が続く。
11:00~14:00くらいは「待ち時間」を考えて行ったほうがよいかも。

もともと行列覚悟の洋食が人気の名店「七條」さんだが
こちらの小学館ビル店舗街の店は二月いっぱいで閉店となることが
これからの混雑に拍車をかけそうである。

以下、閉店・移転のお知らせの貼り紙 ↓

 

3月には移転先の内神田で「七條」さん再オープン!
詳しくは「七條」さんのHPにてご確認くださいませ。
http://www.r-shichijo.com/

@団長

 

一般社団法人 千代田区観光協会