トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

カテゴリーリスト

spacer

カレンダー

spacer
アーカイブ
<2012年8月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311
2345678
月別の過去ログ
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
まちブログ

まちブログ「神田・神保町・秋葉原」周辺

spacer
名前: machiblog3 作成日: 2008/07/07 13:48
千代田区のまちブログです

投稿者: machiblog3 投稿日: 2012/08/29 22:57

神田駿河台下交差点
三井住友銀行とマクドナルドの間を北上する
通りを「錦華通り」と言う。
歩いて少し行くと右側にお茶の水小学校がある。
旧校名が「錦華小学校」なので通りの名称がついている。
小学校の校名は統廃合により変わったが
隣接する公園の名称は「錦華公園」として残っている。

そのお茶の水小学校を越えて少し行った右側に開店して一年半の
しっかりと固定のファンをつかまえた感があるラーメン店、
その名も「麺処 美空」びくう)がある。


錦華通り沿いで、住所は猿楽町一丁目。
赤い立て看板と赤いドア。生姜と書かれた提灯が目印だ。
ラーメン屋さんに「生姜」なのである。

 


店のスタッフも全員がご覧の黒いTシャツを着用しているのだ。
その背中には大げさにも 
No Ginger No Life ときたもんだ。
「生姜のない人生なんて!」

 


で、店頭の入口でチケットを買い求めて注文したのが味玉しょうがラーメン(800円)
そうそう、店員さんにチケットを渡してオーダーする時に、麺の量を
普通から特盛まで選べて、しかも同一料金なんだから大食漢にはうれしいかも!

 


大き目のチャーシューの上にすりおろした生姜が山盛り、てんこ盛り。
初めはどうなんだろうなんて注文して食べていたんだがクセになる人が多い。
・・・・・・・・・・・らしい!

意味不明だが風邪ひきの時や、喉が痛いときにイイ!
なんて話もある。。。ただし根拠はないので悪しからず!

 


昼時は相当混んでいて並んだりしているので時間をずらして行くとよいかも!
カウンター10席ほどの小さな店だが、スタッフもキビキビしていて好感が持てる。

はいよっ、ご馳走さまでしたぁ~~!

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2012/08/24 16:31


学士会館では、8月22日(水)第3回サマーコーンサートが行われました。

14:00~と18:30~の一日2回公演されました。

どちらも2部構成で、第1部は東京藝術大学音楽部教授の佐野靖先生の解説とともに、観客が一緒に歌を歌う「みんなで歌おう日本のうた」。観客の皆様は合唱をされている方々が多いようで、美声を響かせていました。




第2部は「イタリア歌曲の名曲を楽しもう」。
テノール歌手の山本氏耕平氏とソプラノ高橋維氏の美しい歌声にこころふるわせました。

二人のデュエットやソロどちらもすばらしい歌声でした。


ピアノ演奏は前田拓郎氏。ソロの演奏も歌の伴奏もどちらもすばらしいピアノを奏でていました。

外のうだるような夏の暑さを忘れさせる優雅なひと時を過ごせました。

同様の企画などありましたら観光協会内のサイトでご案内致します。

こうご期待下さい。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2012/08/20 23:14

手打蕎麦「松竹庵 ます川」

淡路町交差点から外堀通りを昌平橋に向う道筋
「志の多寿司」さん、「近江屋」さんの先の小さな信号の目の前である。
店の正面、通りの向こう側には来春3月に竣工・入居が始まる
淡路町二丁目再開発の「ワテラス」の二棟がそびえ立っている。

こちら松竹庵さんは創業年は不明なれど、
初代が亡くなったのが文久二年(1862)ということなので、ここからでも150年の商いの歴史。
時代を遡ると江戸の幕末は万延、安政、嘉永、弘化。弘化元年で1843となる。
推定170年ほどの商いとなると神田明神参道の「天野屋」さんと同じくらいの創業かも知れない。

この夏に4年ぶりに再開営業を始めていたので何度か訪れたが
時間が合わなかったり、お盆休みであったりして空振りが続いていた。
午後から近所での仕事の打ち合わせ後に立ち寄ってみると「あらら!」
もうすでに暖簾が片付けられているではないか。
営業時間を聞くふりして店内を覗こうなんて魂胆で、図々しくも引き戸を開けて
「今の時間は終わっちゃってるんですよね?
」なんて聞いてみると
ナントおかみさん(お母さん)が「いいわよ!火を落としてないからどうぞぉ!」って
ありがたいお言葉をいただいたんで、悠々と一人で食事をさせていただいた。


いやはやお蕎麦屋さんのイメージを超えた綺麗で上品なお店の佇まい。
カウンターに12席だけ。
(二階にはゆったりとしたテーブル席を準備中なので、いずれオープンとか!)
以前にいつ頃来たかも覚えていないくらいの久しぶりなので
注文はシンプルにもり蕎麦。。。大もりを注文した。

暖簾はすでに休憩時間に入っていて手前の椅子に寄りかかってお休み中!


再開営業のパワーの源となった若旦那にいろいろとお話を伺った。

蕎麦は自信の石臼挽き手打十割蕎麦
石臼で挽いて手打する蕎麦自体が含む水分がつなぎの役割を果たすそうである。
盛られた蕎麦を引き立てている渋い焼き物の器が素敵だ!
蕎麦はしっとり感と量感を併せ持ち気持ちよく美味しくいただけた。


ちゃっちゃっと蕎麦を手繰ったあとのお楽しみはと言うと蕎麦湯でしょう!
見ておわかりのようにトロッとかなり濃いので
若旦那に聞いてみると蕎麦湯にそば粉をなじませているとか。さもありなん。
いやいや美味しかった。。。ご馳走さまでした!


黙々と夜の部の仕込をする若旦那だが、実は只者ではないのだ!
2005年、2007年と2度も全日本のタイトルを獲得しているアスリートであったのだ。
ウインタースポーツの花形と云えばスキー。
華やかさと危険度も一番「フリースタイル モーグル」のトップ選手だったのだ。

 


美味い蕎麦を手繰って、いろいろお話をして店をあとにした。
なんとも時間はずれに行った自分が悪いのだが
お店の写真に暖簾が架かっていない姿しか撮れなくてごめんなさい!

こちら住所は淡路町だが、神田の町会的には須田町一丁目北部町会。
「やぶ蕎麦」さん、「まつや」さんとあわせ
蕎麦好きにとっては益々目を離せない魅力的な店が再開してくれた。

手打蕎麦「松竹庵 ます川」さん、営業再開おめでとうございました。
また、来まぁ~す。

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2012/08/17 10:41

平成24年8月16日(木)に神田神社で巫女さん入門講座初級編が行われました。
高校生からの22歳までの未婚女性が参加対象者でしたが、大勢の応募者から抽選で選ばれた約30名強が受講しました。

 

まずは、白衣・袴の着装指導から始まります。

開講式(正式参拝)・神社の歴史と文化財などの解説・そして講義を受けます。


やっと一息お食事?かと思えば食事中も食事作法のお勉強。

その後も大祓詞の奏上・行儀作法のお勉強が続き、もりだくさんの内容です。
疲れてきた頃に、女性の憧れ?結婚式。神前結婚セミナーと雅楽の演奏や巫女舞を見学し、参加者の目が
輝き出しました。


閉講式(正式参拝)が行われ、終了証が授与され記念撮影をして終わりました。




最後に少し時間をもらい親子で記念撮影する姿や、お嬢さんを沢山撮影するお父さんの姿などがみられました。高校生以上にになるとなかなか両親が撮影する機会はないでしょうから良い時間が過ごせたのではないせしょうか?

参加者にとって、貴重な夏休みの体験となったとともに、改めて礼節と人への感謝に気づくよい機会だったようです。
毎年行われていますので、是非ご興味ある方は来年ご参加ください。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2012/08/16 22:02

神田錦町三丁目に建築されて約85年の歳月を経た重厚な
文化庁登録有形文化財に指定されている
「学士会館」がある。
地下鉄三田線の神保町駅(大手町より改札)を出て目の前に建っている。

かつては旧帝国大学卒業の学士会専用の会館であったが
現在はホテルも結婚式場もレストランも宴会場も一般の利用が可となっている。

 


学士会館では8月31日まで
国産繭から産まれた花 「花まゆ特別展」を開催中!

旧館、新館の玄関エントランスやロビー、廊下、談話室などに
優雅な、華やかな、そして質素なその美しい姿が展示されている。

 


まるで生花のような色鮮やかな華やかさに溢れる美しさの「花まゆ」
こちらは新館のフロントエントランスに展示されていた。

 

 


旧館の玄関エントランス正面には楚々とした佇まいながら
エントランスの持つ雰囲気と調整されたライトアップによって幻想的な美しさが
見事なまでに演出された「花まゆ」が来館の方々の注目を集めている。

 


真紅のカーペットが敷き詰められた重厚な廊下の各所にも
それぞれ趣向を凝らした「花まゆ」が展示されている。
談話室には美智子皇后陛下が皇居でお育てになっていることで有名な
国産純血種の繭を用いた貴重な小品も展示されている。

展示は8月31日(水)まで。。。
学士会館の持つ歴史的重厚感とあわせてご覧になってはいかがでしょうか。

「花まゆ」詳細は→コチラ

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2012/08/15 12:31

神田にて、こだわりのお酒&料理を提供している、観光協会・会員の飲食店を紹介します。

神田駅南口から徒歩1分の場所にある、やきとん酒場「神田 玉とん」

店内は、昔ながらの居酒屋の雰囲気。群馬県産の上州豚を使った料理が楽しめます。

お客さんの8割が注文するという、人気ランキング1位のレバーフライ

7月から提供し始めた、新商品。揚げたてを、カラシでいただきます。

産地直送の新鮮な上州豚を取り扱っているため、以前はレバテキを提供していました。
最近の食中毒問題や、牛の生レバー規制の影響を受けて、
お客さんが安心してレバーを味わっていただく為に、レバーフライを考案したそうです。

この薄さにこだわりがあり、衣のサクサク感とあわせて、おつまみにピッタリ。
レバーの食感が苦手な方でも、おいしく食べられると思います。

レバーフライは、月島が発祥の地であり、豚レバーが基本のようです。
玉とんでは、口当たりの軽い豚を使っており、神田で食べられるのは、ここだけとお聞きしました。
昭和レトロ、下町の味をイメージして、創作されました。ウスターソースを染み込ませてあります。
 

「ヨシオのレバーフライ」の考案者である、鎌田義男さん。
お値段も、¥440(ヨシオ)に設定されています。お持ち帰りも出来ます。
 

常連さんから支持されているのが、柔らかくてジューシーなスペアリブ。
 

店長の村岡さんのオススメは、夏限定の日本酒「澄酒(すみざけ)」
 

岐阜県八百津町の蔵元やまだ から直送されています。度数の高い原酒なので、飲み方はロックで。
暑い夏にぴったりの、甘めでキリっとした味が特徴。
 

神田駅北口から徒歩2分、ガード下にある「ヤマダモンゴル 神田北口店」

ヤマダモンゴルのラム肉は、柔らかくて、癖がなく、
その上、低カロリー、低コレステロール、低脂肪で、健康にも効果的と評判です。


この夏から、群馬県嬬恋村産の高原キャベツを、焼き野菜やサラダに使用しています。
嬬恋村は千代田区の姉妹都市であり、7月に開催された、ふれあい通り主催の「縁日コン」の際に、
キャベツを提供してくれたことがきっかけで、高原キャベツを使い始めたと聞きました。
 

店長の中野さんがこの夏オススメするのは、氷点下のスーパードライ「エクストラゴールド」
現在のビール温度は、-1.8度!キンキンに冷えたビールは、ジンギスカンとも相性が良いです。
 

まだまだ暑い日が続きそうですが、おいしいお酒と料理を食べて、夏を乗り切りましょう。

前回のレポート(観光協会ブログ「神田居酒屋巡り。玉とんとヤマダモンゴル」)
http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/69/EntryID/3661/Default.aspx

神田 玉とん
東京都千代田区鍛冶町1丁目7−3
03-5297-0010 ‎
詳しくはこちら

ヤマダモンゴル 神田北口店
東京都千代田区鍛冶町2丁目11−22
03-5209-8303
詳しくはこちら

投稿者: machiblog3 投稿日: 2012/08/13 21:27

投稿者: machiblog3 投稿日: 2012/07/31 12:40

明神下のパン屋さん「三井製パン」のブログあまりにも美味しそうなので。
差早速食べてみました。
フランスパンは外は歯ごたえしっかり、中はとってもふんわり!!
その差がとても美味しいです。これぞフランスパン!!

その他のパンも噛めば噛むほど味わい深く、パンそのものの味が楽しめました。


 

投稿者: machiblog3 投稿日: 2012/07/30 22:57

明神下で昨年オープンした神田のパン屋さんが開店一周年を迎えた。 
明神下で手作りのパンを販売する「三井製パン」である。


神田明神境内東側の崖にある「男坂」を下ると右側にクリーニング屋さんがある。
その角を右に曲がり少し進むと「半の字に〇」の看板が可愛いパン屋さんがある。
ドアも壁も木目も美しい清潔感が感じられる。
お店の前には可愛い木製のベンチが置いてあり、
買ったばかりのパンをこちらで食べていっちゃう人もいるらしい!

 


一周年の大得価セールもあり、お店にはいつもお客さんがいる繁盛振り!
女性スタッフが手際よく笑顔でお客様の対応をしている。

明るい窓がきってある二方には、買ったパンをその場で食べれる
イートイン席が10席作られているので、すぐに食べたいパン好きには堪らない!

 


店の奥が製パンの厨房になっていて出来上がりたてがお店に並べられる。
美味しそう!美味しそう!美味しそう!

 


店長の三井さんが笑顔で撮影に応じてくれました。
(いつもは奥でパンを一生懸命に作っているわけです)
んん~、そういえば何となくパンのようなお顔をされているような気もしますね!

 


印象的なカラーリングなお店の建物の全景です。
冒頭に明神男坂からの道順を説明しましたが
(女坂)からも道なりに歩くとこちらの「三井製パン」さんの正面にでます。
あるいは明神下交差点からすぐの明神中通りからの道順もあります。
詳しい場所は下記お店のホームページを参照してください!

最後になりましたが、
「三井製パン」は地元神田の三井さんちのパン屋さんです。
千代田区外神田2-8-2 03-6206-8565

三井製パンさんのホームページは→websight

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2012/07/25 22:10

神保町一丁目に「喫茶 エリカ」がある。
それは白山通りから横丁に曲がった「ホテル・ヴィラフォンテーヌ神保町」の前の角地にある。

そう云えば西神田の「エリカ」が店を閉じて3~4年経つでしょうか。。。神保町店は健在ですよ!



エリカ様のこの佇まいのステキなこと。
角地に店をはっているので「隅切り」部分が玄関(出入口)なんですよ。
ひと昔前の木造住宅が多い頃は、どの家や店舗もこの隅切りが玄関でしたよ!
「隅切り」ってのは、人や車の交通の安全のために建築基準法で定められていて
角地の建物は、このように建物を斜めにカットしなければならなかったわけ。


少し引いて眺めると優美な中に潜む、頑固な気持も見えてきますよ!
両隣のレンガ色のビルはL字形に繋がっているじゃあありませんか。
この光景は歩いていても気がつかないんですよ。
この地は「譲りませんよ!」って感じですな。

もし正面のタバコの自動販売機がなければ・・・さらにステキかも。
(しかしまあエリカ様は喫煙者の憩いの場でもありますからしょうがないかな)

 


お店に入るとそりゃもおクラシックな昔懐かしいコーヒーミル(豆挽き)が
目に飛び込んでくる。その飴色に輝く光沢の見事なこと。

 


店内も清潔にピカピカに磨きあげられた床やテーブルの清潔感が心地よいんです。
テーブル席のハート型の背もたれの椅子なんて可愛いでしょ!
キャパはカウンター席まで入れて40席くらいでしょうか。

カウンターの中で店主が拵えて奥様が笑顔で運んでくれる
その珈琲もそれはよい香りがただよい落ち着いた時間が過ごせます。
(言っておきますがタバコOKな喫茶なので苦手な人は空いている時にどうぞ)

 


お帰りの会計では店主が笑顔で送り出してくれるでしょう(きっと、多分)

何か足らない。
ブレンドのホットコーヒーをいただいたのですが、撮り忘れていました。
すみません。
昭和レトロな落ち着いた飴色イメージの喫茶店「エリカ」でした。

@団長JJ

 

一般社団法人 千代田区観光協会