トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

カテゴリーリスト

spacer

カレンダー

spacer
まちブログ

まちブログ「神田・神保町・秋葉原」周辺

spacer
名前: machiblog3 作成日: 2008/07/07 13:48
千代田区のまちブログです

投稿者: machiblog3 投稿日: 2010/05/28 19:05

神田川の南を和泉橋から美倉橋方面に続く柳原通り。
その昔、駿河台東端から 浅草橋までの土手は、
太田道灌が江戸城の鬼門除けに柳を植えたことから「柳原土手」と呼ばれました。

江戸時代名所・景勝地として名を馳せた「柳原土手」。
当時、葦簀張りの古着屋、古道具屋が軒を並べていたとか。
その名残を汲んで、一大繊維問屋街になったこの地域。
今日、5月28日から恒例のファミリーバザールが始まりました。



季節がら天気が心配な時期ですが、今日は絶好の天気。



昼休み時間(客層は昼休み関係ない雰囲気でしたが)とあって
大勢の人が訪れていました。



紳士・婦人・子供服のほか食器などの日用雑貨にも掘り出し物があるそうです。
(地元の方談)



テレビ東京アド街っく天国「岩本町」編で第1位にランクされたこの催し
5月29(土)・30(日)、6月4日(金)・5日(土)・6日(日)と開催されています。

詳しくは → こちら 

投稿者: machiblog3 投稿日: 2010/05/28 10:20

風薫る5月の恒例行事はこれっ。
本日5月28、29、30日と6月4、5、6日の週末の各3日間

岩本町東神田ファミリーバザール

もっと詳しくは↓↓↓コチラ。。。
http://www.family-bazar.com/

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2010/05/20 23:58

東京スカイツリー

気温は上がっても爽やかな風が流れる心地よい五月。
いよいよ天気の良い日には神田からもクッキリとスカイツリーが見えてきました。


まずは湯島の高台に鎮座する神田明神。
隋神門を入って左側、大国様の石像辺りからの眺めがこちら。


平地ではどうかと言うと、ちゃんと見えます。
こちらは靖国通りは駿河台下と小川町交差点の中間地点辺り。
一見正面に見えるビルの屋上塔のようですが、、、
まさしくスカイツリーのお姿ではないですか。

東京スカイツリー 379m(5/15現在)

あの辺りが隅田川の川向こう、押上、業平橋なのですね。
それにしても完成した暁には高さは634mとか。
どんな景色になるのでしょうネ!

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2010/05/16 12:55

早朝に宮出された大神輿、将門神輿は神社の大鳥居を出ると2方に分かれる。
大神輿は湯島坂を下り明神下から昌平橋際の神田郵便局前までの担ぎが
外神田連合と江戸神社奉賛会の担当。
将門神輿は聖橋を渡ると大手丸の内地区までは台車で移動。


神田郵便局前から将門塚までは中神田13ヶ町と中央連合の担当。
途中、神田橋手前では前将門塚保存会会長であった故遠藤達蔵氏旧宅前に
神輿が門付けされ所縁の皆さんの前で神輿が差し上げられた。


昼には将門塚で大神輿と将門神輿が合流。塚前にて奉斎の儀の神事が厳粛に執り行われた。
再び両神輿が同時に担ぎあげられたが、ナント将門神輿の担ぎ手は全員が元気いっぱいの女性。
ここから中央通り今川橋までの担ぎ手は、オール日本橋氏子と水神社奉賛会。
今川橋からは神田駅東連合、その後岩本町東神田連合、秋葉原東部連合と担ぎ手が変わり
明神下からはオール氏子選抜白半纏の宮入へと引き継がれた。


将門神輿は少し早めの夕方には宮入。
大神輿の熱気と迫力の渡御が湯島坂を上りきり大鳥居を潜り境内に到着した薄暮。
社殿前で大神輿が差し上げられ神輿担ぎ終了目前とあって熱気と興奮が最高潮に達する。


いよいよ収めの木が入る。
早朝から担ぎ通された大神輿渡御もこれで見納めとなる。


これまでの興奮状態がウソのように静まりかえった境内では厳粛な神事「着輿祭」
そして御霊をお返しする儀式も行われ今年度の神田祭り神輿渡御の幕が閉じられた。
年間を通じて最も重要な神事「例大祭」は5月17日(月)に斎行される。

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2010/05/14 20:39

秋葉原に足りないもの。
コンベンション施設? 最近増えてきましたね。
レストラン? 今やカレーなどB級グルメが次々と。

そう!ホテルです。秋葉原駅至近のホテルが少なかったのです。
そこに、明日2010年5月15日ニューオープンするのが秋葉原ワシントンホテル

オープン前日の今日、内覧に伺いました。
「稼働率高くして収益率低い。」秋葉原でありがちなそんな危惧を打破するため
付加価値の創出に工夫しているようです。なかでも、鉄道ルームは秀逸。



ツインの部屋をシングルにして、
その分総延長30メートルものNゲージジオラマを設置。



さらに、眼下にはリアル東北新幹線や山手線・京浜東北線が走ります。



しかも、ベッドから寝ながらにして見ることができる配置に。
この部屋の愛称はクハネ1304。
鉄ちゃんならこの意味がわかるとか。

その他にも快眠ルーム。
お隣の「レム秋葉原」としのぎを削るコンセプトルーム。
アロマディフューザーから癒しの香りが心地よく。
バスルームには光の演出。



ベッドはスランバーランド社。
スランバーランド製のベッドって50万オーバーぐらい?

さて、神田川と反対側には当然これから旬の東京スカイツリービューのお部屋も。



隣のレム秋葉原さんとしのぎを削る場面もあるでしょうが、
秋葉原に良質なシティホテルのキャパシティが増えたということで
相乗効果を発揮してほしいと思います。 

それから、内覧の記念品には神田祭の手ぬぐいが。
ICT、サブカルの街との印象が深い秋葉原ですが
氏神様は神田明神。地域密着の視点も忘れていないようです。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2010/05/09 23:04

平将門公の神霊を奉斎して700年を祝しての神田祭の
二基の大神輿の宮出

簡単に言えば平将門公が神田明神の神様になって700年をお祝いした神田祭



神田明神大神輿と将門塚保存会大神輿が同時に宮出されたのは史上初
早朝、神田明神境内を埋める大勢の見物人が見つめるなか見事に同時に担ぎあげられた。

隋神門から大鳥居までの狭いゆるい坂道の参道を
神田明神が誇る2基の大神輿がずんずんと担がれる迫力は圧巻。

神田明神大神輿は昌平橋から外堀通りを進み右折して神田橋を渡り
将門塚へ向かい、大手丸の内地区で担がれている将門神輿と合流して
将門塚で神事が執り行なわれ、その後再び同時に担ぎ上げられた。

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2010/05/09 10:46

神田祭。ことしはいわゆる"陰"祭りですが
将門公をお祀りして700年ということで、
神社神輿と大手丸の内の将門塚保存会の神輿が
そろい踏みで宮出しするということになりました。

神輿の宮出しを先導する附祭りは、おなじみの2基。
まずは、大地震を封じるという「大鯰と力石」



それから巨大な鬼首「大江山凱陣」



いずれも、日本の伝説・ファンタジーを山車にしたもので
天下祭・神田祭の名物でした。

附祭りに続いて神田明神大神輿。さらには将門塚保存会の大神輿がそろい踏み。





このそろい踏み渡御は、このあと午後1時頃
大手町の三井物産そばの将門首塚から
逓信総合博物館前までの間でも見ることができます。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2010/05/08 13:34

アキバメイドガイドのマスダさんのTwitterで、神田明神の藤棚が紹介されていました。
はて?神田明神に藤棚があったか。地元ながらも印象がなかったので今日、いってきました。

ありました、本殿を東側(明神会館側)から回り込んで
裏手にでたところ立派な藤棚が。駐車場の屋根の機能も果たしているのです。



藤棚の下にはいっても、花がいっぱい。



いま満開から散り始めといったところでしょうか。



ご覧になりたい方は本殿裏へ。
なお、本殿の裏手に向かう途中には、「銭形平次の碑」や
国学発祥の地」の碑もありますので、ぜひ、ご覧になってください。

藤といえば、亀戸天神ですが神田明神とはゆかりは深く
それでこんな立派な藤棚があるのか・・・・・想像ですが。

神田明神と亀戸天神との縁については → こちら 

投稿者: machiblog3 投稿日: 2010/05/05 17:56

二年に一度、五月の連休に斎行される
三崎稲荷神社の祭礼が5月4日に無事終了した。

3日は氏子9町会の神輿渡御と連合宮入。
神保町交差点中央に櫓を拵え町会長が居並び
交差点には9基の神輿が揃いして周回を重ねて盛り上がる。

日中にデモがあったとかでこちらでは初めての夜の宮入となった。
神輿の弓張提灯の灯りもLEDを使用したりで、そんな時代ですな。
なかなか美しい夜の宮入でした。


4日は早朝に神社を宮出された美しくも壮大な宮神輿が一日かけて9町会を巡る。
その神輿の大きさと迫力がいっそう神輿の美しさを引き立てる。
夕刻からの宮入道中は例年通りの大迫力です。
宮入の勇壮な神輿担ぎと迫力を求めてやって来る見物人が多い。


三崎稲荷神社役員さんと氏子青年会の皆さんお疲れさまでした。
お祭はまた2年後です。

5月9日、今週の日曜日は
駿河台に鎮座する大田姫稲荷神社の二年に一度の本祭。
また、神田明神の蔭祭が斎行されますので
江戸下町神田では一日中、神田囃子の音色と威勢の良い神輿の担ぎ声が響きます。

■大田姫稲荷神社祭礼の詳細はホームページ「大好き神田」を参照してください。
神田明神蔭祭の詳細はホームページ「神田明神」を参照してください。

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2010/04/28 1:08

いよいよ薫風かおる5月です。
連休の5月3日(憲法記念日)~4日(みどりの日)は、水道橋駅前に鎮座する

三崎稲荷神社御祭礼


神保町交差点を中心に9町会の氏神様のおまつりで
町々の辻には赤と紺の幟旗がはためいていて祭礼気分を盛り上げていますよ。


祭礼には欠かせない軒提灯もビル玄関や店舗、住宅に飾られています。


このお社が神保町地区9町会の氏神様の三崎稲荷神社。


初日3日は9町会の神輿が勢ぞろいで連合渡御で宮入参拝をします。
(画像は2年前)


4日には、この神保町中通りを本社大神輿が勇壮に担がれて宮入するのですよ。


氏子町会の高張り提灯が先導して、あのでかい本社神輿が
1時間ほどの時間をかけて宮入する光景は圧倒的な迫力です。
(画像は2年前)

@団長

 

一般社団法人 千代田区観光協会