トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

カテゴリーリスト

spacer

カレンダー

spacer
アーカイブ
<2009年9月>
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930123
45678910
月別の過去ログ
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
まちブログ

まちブログ「神田・神保町・秋葉原」周辺

spacer
名前: machiblog3 作成日: 2008/07/07 13:48
千代田区のまちブログです

投稿者: machiblog3 投稿日: 2009/09/24 22:31

今年は本来なら千代田区「江戸天下祭」の年である。
しかし、経済状況とか社会情勢とか新型インフルエンザとか、とか、とか、、、
いろいろあって、まとめて「諸般の事情」により中止となった。

ところがここまで続けてきた好評のイベントが何もないってのは
寂しいし、次につながらない。・・・で
「ちよだ江戸祭2009」と銘打っての山車人形と神輿の展示が決定した。

11月4日(火)~8日(日) 10:00~20:00
丸ビル1F マルキューブ(東京駅前)

展示される6体の山車人形のうちの一つに群馬県下仁田町の「楠正成」の人形がある。
明治時代の後期に下仁田の人々が浅草の橋場から手にいれた人形である。
これの製作をしたのが通称「だし鉄」こと山本鉄五郎師。
代々、御成道の田代町(現外神田四丁目)で商いを続けた職人で山車人形は元より
後期にはたいそうな神輿も拵えている神田では「宮惣」さんと並んで有名な人であった。
たしか新橋の烏森神社の大きな本社神輿も「だし鉄」さんの作品と思う。

「大楠公」と呼ばれる楠正成公が豪華な衣装をまとって凛々しいお姿から
かの南北朝時代の混乱の歴史絵巻を現代に思い起こさせてくれる。
神田で製作され浅草で活躍し、さらに下仁田の祭礼において大事に保存されていて
今回は約100年ぶりに神田へ里帰り。

神田の山車作りの職人の技をマルキューブへ観に行こうと思う。

千代田区からは平河町一丁目町会の
「宮本重義」作の豪華繊細な技が結集された神輿が展示される。

あとの5体の山車人形も今となっては東京では見られなくなった名品揃いである。
●日本武尊(やまとたけるのみこと)     千葉県佐倉市上町
●武内宿禰(たけのうちのすくね)       埼玉県本庄市泉町
●日本武尊(やまとたけるのみこと)       茨城県石岡市中町
●神功皇后(じんぐうこうごう)           千葉県鴨川市諏訪講
●八幡太郎義家(はちまんたろうよしいえ) 埼玉県川越市野田五町
以上、
11月には丸ビルでかつての「天下祭」に思いを馳せよう。

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2009/09/13 9:09

千代田区でカレーの街といえば、神保町。
ところが最近話題になっているのが秋葉原。
最近立て続けにTVなどで紹介されていました。
それによると、200件を超えるカレー専門店が集まっているとか。

スプーンで食べやすく、ボリュームを増やせて
カツやコロッケなどの組み合わせができることなどが
秋葉原を訪れる客層に受けるようです。
その辺は、神保町とあまり変わらないような気が・・・。

一説には、秋葉原周辺にはIT企業が集積しており
IT人材が豊富なインド系の方々が秋葉原に集まった、
また、それがインド系の観光客も秋葉原を訪れるという
相乗効果を呼び、カレー店が増えてきたとか。

インドの方も日本のカレーが結構好きだとか。

秋葉原らしく、ツンデレカレーやカレーライスの缶詰も登場。

  

その秋葉原で最近人気なのが「金沢カレー」
濃厚なルーとカツとキャベツの組み合わせ。
ルーのコクの秘密はカラメルだとか。

秋葉原で金沢カレーが食べられる店は増えているのですが
今日(9月13日)日本テレビで紹介されたのは

【ゴーゴーカレー】
 ◆秋葉原1号店  千代田区神田佐久間町1-16-1 大橋ビル1F 
            03-5256-5525 
 
より大きな地図で 千代田区 カレー店マップ を表示
      
 ◆秋葉原中央通店  千代田区外神田1-11-7 
              03-6206-9855 
 
より大きな地図で 千代田区 カレー店マップ を表示

【カレーの市民アルバ】
 ◆ 秋葉原店 千代田区外神田4-6-7
           TEL:03-6803-0638
 
より大きな地図で 千代田区 カレー店マップ を表示


【キュアメイドカフェ】
   千代田区外神田3-15-5 Gee Store アキバ6F

より大きな地図で 千代田区 カレー店マップ を表示

投稿者: machiblog3 投稿日: 2009/09/11 14:29

明日9月12日、NHK「おはよう日本」に、神田多町の「越後屋」さんという
お豆腐屋さんが放映されるというので、早速お昼、取材に行ってきました。

神田多町は、昔ながらのお店も残るレトロな雰囲気。
TVや新聞などに、よく取材されている町です掲載記事はこちら

さて、「越後屋」さんにつくと、
看板にはなぜか「越後屋」の「」だけ。一体これは・・・?

「もともと越後屋という看板がありましたが、
台風で看板が落ちそうだったので、「」と「」を外しました。
」だけは今も丈夫についています。
おもしろいからそのままにしました(笑笑)。」とご主人の石川さん。

バケツ豆腐」 とありますが、なぜバケツ?

「金物の器より、バケツで作った方が、
豆腐が ふわっ として、味が均一になるようです。」

豆腐なのに塩味しょうゆをつけなくてもおいしいですね。

「豆腐は、国産大豆100%の高濃度豆乳と、深海ニガリで作りました。
藻塩で味が付いているんですよ。」
黒い藻が入った塩をなめてみると、しょっぱい海の磯の香り・・・

  

↓  バケツ豆腐は500円。器に入れてくれます。

地元の人だけでなく、神田に勤める会社員の人も
気軽に訪れる、町のお豆腐屋さん。

このお店の豆腐を愛する
お客様たちが考えたレシピも教えてもらえます。

----------------------------------------
  越後屋
 住所   千代田区神田多町 2-1-4
 営業時間 月~金 8:00-18:00
 休日   土日祭日
----------------------------------------

 

 

 

投稿者: machiblog3 投稿日: 2009/09/07 17:26

8月4日(金)の晩の「おとな縁日」(出世不動通り商店会主催)も大いに賑わい大成功でしたね。

続けて5日~6日には、神田駅の東側三商店街主催いの
「大好き!神田ストーリートまつり」
好天にも恵まれ、土曜日曜と大盛況でした。

☆主催 駅前通り商店会 一番街商店会 ふれあい通り商店会


神田駅南口前から中央通りを渡り線路沿いに靖国通りまで店舗・屋台が続く。


佐倉から出店の瀬戸物屋さんは、千代田区の江戸天下祭参加がご縁で交流ができ
このフリーマーケットには今回で2度目の参加。佐倉の秋祭のポスターがいいね。


平成通りから靖国通りまでは手作りクラフトの店が並び人気を集めていたよ。


ロジヨコライブでおなじみの三角ステージでは2日間で18グループが次々とライブ演奏。
天気も夏に戻り、笑顔で舞うフラダンスグループも拍手喝采を浴びていた。


千代田区ビデオ広報のクルーが商店会役員にインタビュー。
近いうちに千代田区ホームページやMXテレビで放映とのこと。お楽しみに♪

2日間、好天に恵まれお客さんもたくさん訪れ、楽しいストリートまつりとなりました。

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2009/09/07 15:04

行ってきました、神田技芸祭。

「神田出世うまいもんツアー
 ~八百屋・魚屋・肉屋のあんちゃんがオススメする呑み屋めぐり~」!

神田界隈を女性限定で飲み巡る「うまいもんツアー」も、
今年で第四回目を迎えます。

この日は神田育ちの八百屋・魚屋・肉屋のあんちゃんがお相手。
女性参加者は定員いっぱいの9名が集まりました。
なかなかの大好評ですね。


皆さん、仕事も早々に済ませ、夜七時、神田西口商店街に集合。

手前に立つは、肉屋(左)と八百屋(右)のあんちゃん。
本日は、どこの飲み処へ!?



サクっと入ったのは、神田駅徒歩2分のガード下、升亀さん。
女性だけだと、なんだか少し入りににくい空気がありましたが…

 
あらら。美味しい料理に美味しいお酒。
実は宮様もお忍びで現れるという穴場スポット。女性陣も、次から来れる!!と大満足。


魚屋のあんちゃんも加わり記念写真。
みなさん、本当に個性豊かな方達ばかり。
神田に来れられる方は、そういった方が多いのでしょうか?



こちらは升亀の大将。普段は予約できないお店ですが、
今回は特別に大将のご厚意で、このツアーが実現したそうです。



2軒目は「でくのぼう」さん。
こちらは肉屋のあんちゃんの先輩のお店なんだそうで。


途中、神田の老舗蕎麦の店長さんも合流。
何気なくフラリと集まってくる、神田の人達の地域の繋がり。
なんだかとても温かくて良いですね。


こちらがお勧めのたこ焼き。とっても美味でした。



初めて出会った知らない方達とも、
お酒を通してあっという間に仲良くなれる。

神田はそんな忘れられた人情がいっぱいいっぱいあるまちです。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2009/09/04 22:05

2009神田技芸祭のメインイベント、出世不動通りの路上大宴会「大人縁日」
ことしも大勢の人が訪れました。



行列は、神田蕎麦18点のそばつゆ比べ。
神田の蕎麦の老舗名店のつゆを一つ100円でセレクトできます。

せいろは500円。みなさん、つゆを5つ6つとチョイスしていました。

   

比べると、だしの効き具合、甘さ、辛さの違いがよくわかります。



出世不動通りでは路上大宴会。



オープニングは、大相撲の元三役格呼び出しの勝二さん。



ことしで4回目ですが、はじめての方も多く
大手町~神田のビジネスパースンの夏の終わりの風物詩になりつつあります。



運営には神田外語学院の学生さんが協力していました。


投稿者: machiblog3 投稿日: 2009/09/03 15:33

今年で4回目となる江戸下町路地裏探訪に、なんとリピーターの方も!
おかげさまで大好評のツアーとなりました。

今回は、神田界隈の路地裏を散策しながら、焼き鳥と割烹料理で呑み語りました。
日時:9月2日 19:00~

おなじみ神田っ子のクマさん、ガンさんのおやじコンビがご案内!

まずは、TVでも紹介された神田駅高架下の路地裏から。
天井の低い路地は、まるで隠れ家。お寿司屋さんなどのお店が軒を連ねます。

 


「じゃ、飲む前に肝臓をいたわるドリンクね!これがオヤジです。」とガンさん。
早速オヤジ体験です。

 

神田には、江戸長屋の名残で、細い路地に入ると小さな稲荷が複数点在しています。
町の安全を祈願する気持ちは、今も変わらず。
住民が一丸となって、町内パトロールを強化し、安全安心の町づくりに努めています

 

では1件目、「やきとり南蛮亭」。創業40年の老舗です。

 

まずは、近所のお豆腐屋さんで作っている手作り豆腐から。
塩味なので、醤油をつけずにいただきます。うわっ絶品!

 

続いて、焼き鳥
アツアツほくほく。やっぱり焼きたての焼き鳥は最高です!

 

では食後の運動。ふたたび路地裏散歩へ。

 

え? クマさん、ガンさん、地下鉄に乗るんですか?

 

「銀座線は、日本でできた最初の地下鉄なんですよ。」とクマさん。
なるほど・・・。

 


続いて2件目「大衆割烹 宿場」。家族経営でアットホームなお店です。
ここでは、
神田のお店情報だけでなく、江戸下町言葉、江戸検定などで盛り上がりました!

   

神田大好き 小川町三丁目西町会の青年部長 谷川さんもご参加いただき、
大盛況となりました。

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!
クマさん、ガンさん、谷川さん、ご協力ありがとうございました。

今回のツアーで、
「これをきっかけに、新たなお店を開拓したい。」
「楽しかった。また参加したい!」
とご感想をいただきました。

* 皆さんも、ぜひ神田の街を探訪してみませんか?

今回のコースをご紹介:

神田駅西口→佐竹稲荷→大柳稲荷→やきとり南蛮亭→地下鉄神田駅→八稲荷→大衆割烹宿場

やきとり 南蛮亭 
千代田区内神田3-22-9 TEL 03-3254-3053

大衆割烹  詳細...

投稿者: machiblog3 投稿日: 2009/09/02 10:09

~~~神田技芸祭09のご案内~~~

  人気、賑わいのおとな縁日は9月4日(金)だよおぉ

開催日時 2009年9月1日(火)~9月5日(土) 

開催場所 神田出世不動通り
アクセス JR神田駅から徒歩1分
参加費用 入場無料
申込み  どなたでも参加できます
主  催 出世不動通り商店会

~~~イベント内容 ~~~

9月2日(水) 
神田出世うまいもんツアー
「江戸下町路地裏探訪~神田っ子二人が案内する究極のオヤジ体験~」
◆予算    飲食代実費負担(2軒で約五千円)
◆定員    10名(先着順)
◆集合場所 神田西口商店街入口(JR神田駅西口)
◆申し込み 
参加日・氏名・連絡先(メール、電話番号)を記入の上、
ツアー日の3日前までに下記アドレスまでご連絡下さい。
info@kanko-chiyoda.jp(千代田区観光協会)

9月4日(金)
おとな縁日
路上大宴会・福引抽選会・江戸神田蕎麦つゆ比べ・出世屋台・ライブステージ・巨大バルーン出現・鏡割り(ふるまい酒)
◆時間    18:00~22:00
◆場所    出世不動通り


バルーンが夜空に舞い踊り、年々賑わいのます出世不動通り会場での「おとな縁日」(昨年画像)


神田の老舗名店の蕎麦つゆくらべは毎回、長蛇の行列の人気コーナー(昨年画像)


メインステージでは、会場を盛り上げるミュージシャンのライブパフォーマンスも。(昨年画像)

9月5日(土)
出世シンポジューム09
「神田の気風(きっぷ)の過去・現在・未来」
 ~手機で織る博多織職人の出世物語~
◆参加    無料
◆時間    14:00~17:00
◆場所    スポーツセンター(内神田2-1-8)


詳細、お問合せは↓こちら(千代田区観光協会)
/


9月4日の「おとな縁日」に続き、神田駅の東側でもイベントが開催される。

~~~大好き!神田ストリートまつり~~~

9月5日(土)~6日(日)  10:00~17:30
神田駅東側の線路沿いに展開される大イベント
神田駅南口から線路沿いに靖国通りまで

フリーマーケット・新鮮野菜市場・旨いもん屋台・
クラフトマーケット そしてライブミュージック

特に三角ステージで演じられるライブパフォーマンスは
「神田野外音楽祭」(上記ポスター参照)として
次から次へとミュージシャンが登場する。

お出かけください。

@団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2009/08/28 18:23

世界最大級の古書店街、神保町。
靖国通りの一本南のさくら通りで、今日、一神納涼夏祭りが開催されています。



食の街として注目度が高まる神保町だけに
この夏祭りの縁日の露店のブースも豪華。



カレーのランキングでは常連の欧風カレーボンディさんも出店。



ステーキハウス神房さんもボリューム感のあるステーキ串を用意。


それから名物の岩波書店の茶そばは30円也。

   

地元の大手出版社2社も出店。
小学館さんはキャラクターグッズの大安売り!


集英社さんは似顔絵ブース。



このほかJTB首都圏神保町支店さんはペアの宿泊券が当たる抽選会などを提供。

暗くなり、ステージではライブも。





本の街、食の街神保町を元気にするお祭りです。





投稿者: machiblog3 投稿日: 2009/08/27 11:48

風流な催しが開かれた。
神田明神ネタが続いてしまったが、どうぞご寛容いただき笑覧あれ。

年間を通して開催されている神田明神「明神塾」の夏の特別企画。
「江戸を遊ぶ」と題して
大川遊覧と屋形船で愉しむ義太夫の宵 ときたもんだ。


ここは神田川は浅草橋そばの船宿「野田屋」さん。
某日、夕刻続々と人が集まってくる。ざっと約50人。


定刻、屋形船はお台場を目指して出航。


明神塾塾長の田中優子法政学大教授と三味線の鶴澤寛也さん、本番前に談笑している。


なんとまあ、屋形船での女流義太夫鑑賞が開演。
演題は「生写朝顔日記~宿屋・大井川の段」(しょううつしあさがおにっき)


演ずるは太夫(左)四代目竹本綾之助さん、三味線(右)鶴澤寛也さん

太夫の竹本さんは、重要無形文化財総合保持者なる物凄い肩書き。
三味線の鶴澤寛也さんは、義太夫界のクールビューティー。
こちらも重要無形文化財総合保持者認定。恐れ入りました!

お台場に停泊された屋形船から切々と語られる悲恋物語。
そして、その情景を思い起こさせる三味線の調べ。
何という素晴らしいシチュエーション。いやいや、日本語で言わなきゃ。
かつての江戸の遊び文化をまさに再現しちまった風流な企画である。
参加した皆さん、もちろん大喜びで拍手喝采。


豪華なお二人の演奏が終わったあとは、質問コーナーと自由トーク。
三味線を分解してコンパクトなケースに収納してしまうのには、皆さん驚き。


江戸前のお台場の夜景を望みながらの、食事も乙なもの。


田中優子先生、気さくに参加者の席を訪問。
質問を受けたり、記念撮影に応じたり大忙しでしたが、楽しい時間を過ごします。

太夫、三味線のお二人とも屋形船での演奏は初めてとのこと。
波に揺られて、かるく船酔いもと告白されて皆さんの笑いもとっていました。
また、船に寄ってくるユリカモメたちの「合いの手?」も愛嬌でした。

定刻20:30野田屋さんに戻り、楽しい時間が名残惜しいですが解散となりました。

☆明神塾の情報は「神田明神」ホームページにてどうぞ。
http://www.kandamyoujin.or.jp/

@団長

 

一般社団法人 千代田区観光協会