トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

カテゴリーリスト

spacer

カレンダー

spacer
まちブログ

まちブログ「神田・神保町・秋葉原」周辺

spacer
名前: machiblog3 作成日: 2008/07/07 13:48
千代田区のまちブログです

投稿者: machiblog3 投稿日: 2008/08/29 21:17

本の街・神保町。
現在のメインストリート靖国通りの一本南。神保町さくら通り。

このさくら通りで、25回目の一神納涼夏祭りが開催された。
大きなワンブロック道路を完全に封鎖。
タイムズの駐車場がライブ会場になる。

ブースのバリエーションが特徴だ。
エスニック料理が多い神保町。
インド料理のブースも複数。



欧風カレーで有名な「ボンディ」は系列のステーキ店とブースを出店。


岩波書店や有斐閣、集英社に小学館。
日本を代表する出版社もブースを出す。
JTBの神保町支店のブースは毎年行列ができる。

岩波書店の30円の「茶蕎麦」は香りをしっかりと感じられる逸品。

ゲリラ豪雨が心配される空模様の中
さくら通りは人で埋め尽くされた。

地元の神田一ツ橋中学校の太鼓やブラスバンドも
イベントに花を添える。





道路は町を分断するものでなく
まちをつなぐ都市施設なんだ。

そして、このイベントをを支える地域の絆とチカラ。
そんなことを気づかされるイベントだった。

投稿者: machiblog3 投稿日: 2008/08/29 11:49

たまに雨が降ると“恵みの雨”なんて言うけれど
数日続くと、さすがにユウウツになる。

しかし、雨は緑を色濃くし、その葉を輝かせる。
そんな雨の似合う場所が神保町にあった。

  

神保町2丁目高齢者センターのとなりにある「神保町愛全公園」。
そこには「周恩来ここに学ぶ」という石碑があり、西洋風の噴水や水のオブジェがあ
る。
マイナスイオンが出ているだろうか、ここに居ると気持ちが安らぐ。

きちんと区分けされたゴミ箱、指定喫煙スペース、トイレもあって
外で仕事をする人や営業マンなどがおおいに利用している。
晴れた日はお弁当をあける人、本を読む人などでにぎわっている。

  

高齢者センター前には、福祉施設を中心に区内を循環する乗り合いタクシー
「風ぐるま(かざー)」が運行している。
高齢者や身体障害者の足として活躍しているが
実は誰でも利用でき、どこでも降車できるというすぐれモノなのだ。

  

高い木々に囲まれた小さな緑の公園。

ぽつんと佇むひとり用のブランコには、遠い記憶が揺れているようだ。

ここにはゆるやかな時間が流れている。


JIN-OEN

投稿者: machiblog3 投稿日: 2008/08/28 17:41

最近ではJEROの「海雪」など
数々の大ヒットを生み出している作曲家であり音楽プロデューサー
もちろんアーチストとしても活躍されている宇崎竜童さん。

宇崎さんは神田駿河台にある明治大学のOBだ。
卒業して、何十年も経ってから
お茶の水・神保町のまちのすばらしさを
しみじみ感じるようになったという。
 
いまや、音楽の世界では巨匠とも言える宇崎さん。
音楽を通じて、お茶の水・神保町に恩返しをしたい。
近年そんな想いが募ってきたそうだ。

同じ想いを共有する音楽仲間といっしょに
今年1月に第1回お茶の水JAZZ祭を開催した。
そして、矢継ぎ早にこの10月26日に第2回が行われる。
(第2回の詳細は→こちら
 
今日、宇崎さんが第2回JAZZ祭の案内と
第3回に向けた構想を説明に千代田区長を訪れた。
 
宇崎さんは次のように語った。
「第1回のJAZZ祭のあと、これを学内の発表会で終わらせていいのか。
そんな想いが募ってきた。長年たって芽生えてきたまちに対する感謝の気持ち。
それを、まちに返していきたいなあと。
古書店街やスポーツ店街、楽器店街のみなさんといっしょになって、
1日か2日、お茶の水のまちを音楽で埋め尽くせないか。
ニューオルリンズのような雰囲気にならないか。そう考えています。」
 
石川区長も「書籍、音楽、スポーツどれも人の心を揺さぶり、癒しを与えるもの。
お茶の水・神保町は千代田区の中でも文化の香りが高い地域。
今年は、なかなかスケジュール的にむずかしいと思うが
次にむけて、区としても協力したい。」と語った。
 
さあ来年の今頃、お茶の水・神保町の街角では
どのような音楽が奏でられているのだろうか?
(Staff I.K)

投稿者: machiblog3 投稿日: 2008/08/26 15:16

万世橋と和泉橋のほぼ中間のJRガード脇に歩道橋みたいな橋があります。
ネーミングもこりゃまた「神田ふれあい橋」
前方に見えるは和泉橋(昭和通り)
神田川をまたぎ須田町二丁目(写真右側)と佐久間町一丁目(写真左側)を繋ぎます。
右手前方に柳森稲荷神社の社殿が見えます。


神田川の南岸には、江戸の町火消しの伝統を受け継ぐ江戸消防記念会
内神田を持ち場とする一区一番「よ組」の纏が。


神田川の北岸、外神田を持ち場とする五区二番「加組」の纏が。

江戸時代から今に引き継がれている消防で活躍した
火消しの組の象徴である「纏」を橋柱に取り付けるなんて・・・ やるじゃん。

団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2008/08/24 3:03

“まぐろ食べにいかない?”
そんな誘いに乗っかって水道橋駅近く、三崎町に出かけました。

 

飲食店が並ぶこの通りで、頼りになるのは割引券のついた一枚のチラシ。
わかりやすい地図までのっているのに、なぜか見つからない。
“このチラシ、一年もたってないのにな~”
そうだ……今日の相棒は物持ちのいい方向オンチだった。

なんとマグロの店は「太陽のトマト麺」というラーメン店に変わっていた。
私のお腹はまぐろからトマトに完全シフト!
チェーン店とはいえまだ都内に5~6店舗しかなく、
多くのメディアに取り上げられている話題のお店。 

  

鶏ガラスープと完熟トマトで作ったソースを合わせた真っ赤なラーメン。
麺は豆乳を練り込んだパスタのような細めん。
いろんなエコロジーにも取り組んでいるらしく、エコ箸を使っている。

人気のチーズラーメンとボンゴレラーメン。 

  
       トマトチーズ           トマトボンゴレ

なんだかヘルシーで、スタッフの笑顔にもココロがあったまる。
女性が多いかと思いきや、まだ珍しさが先なのか男性客が多い。

どうやら三崎町あたりはラーメン激戦区のようだ。


JIN-OEN

投稿者: machiblog3 投稿日: 2008/08/22 12:17

秋葉原のデジタルハリウッド大学で
(株)ヒマナイヌの社長で同大学教授の川井拓也さんという
とても、ファンタスティックな方とミーティング。
http://iddy.jp/profile/himanainu_kawai/

オフィスのある神田錦町までの帰路、
少し遠回りして須田町、多町、司町の路地裏を散策。
   

多町にある国登録有形文化財の松本家住宅をとおりかかると
てるてる坊主が3っつ。

夏休の週末もあと2回。
「最後の土日は宿題があるから、今週末はどうしても晴れてほしいなあ。」
などとかってに想いをめぐらせた。

松本家住宅については→ こちら をごらんください。

路地をあるいていると
アース製薬や和光堂など有名な会社の本社がふっと現われたるする。
神田の路地はおもしろい。
  





投稿者: machiblog3 投稿日: 2008/08/21 16:35

神田には23の橋がある。
神田川には10本、日本橋川には13本の橋が架かっている。

一番お気に入りな「橋」が「昌平橋」だ。


上流には聖橋が遥かな上方に見える。
神田山(駿河台)の高さを実感しながら、
中央線と総武線の軌道が交叉しているのが見られる。


個性的で重厚な橋柱は、万世橋の橋柱とは対照的である。
車道と歩道が分れているのも、神田では昌平橋だけの特長。


下流には遥かに万世橋。
神田の誇るべき水辺の美しい景観である。
右側の美しい煉瓦はかつての「万世橋駅」の名残り。
その地にあった「交通博物館」も閉館、移転した。

かつて、昌平橋上流の神田川土手に「一口稲荷」(太田姫稲荷)の社が
鎮座していたので、淡路坂は一口坂、昌平橋も一口橋と呼ばれていた。
「一口」は「いもあらい」と読む。
「いも(えも)」は、疱瘡の荒れのことで、疱瘡治癒のお稲荷さんであった。
後に、湯島に昌平坂学問所ができた時から橋の名は「昌平橋」となった。

団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2008/08/20 18:10

見た瞬間、目頭が熱くなった。
家族の笑顔に涙があふれてどうしようもなかった…

いま、神保町の「本と町の案内所」で開催している写真展は、
神保町で一番愛されている写真家五味宏基さんと岩本宣明さん編集の
「ホスピス さよならのスマイル」

      

西日本初のホスピス、福岡・栄光病院に末期癌の入院した父子の、生と死をカメラと
文で克明に記録した稀有のフォト・ドキュメントのパネル展です。

ホスピスとは、最後の命を看取る場所。
人間としての尊厳死をリアルに考える作品でした。
ハンカチ1枚じゃ足りない!お出かけの際は吸収のいい手ぬぐいタイプがオススメ。

素敵なコンシェルジェもお待ちしています。 

      

展示は8月25日の月曜までです、皆さん必見ですよー。

JIN-OEN


大きな地図で見る

投稿者: machiblog3 投稿日: 2008/08/15 14:53

お盆休みの企業、店舗、人がやっぱり多いんですね。
以前ほどではないけれど、空いてますよ。「東京神田」
で、盆の真っ最中の今日8/15は「終戦記念日」であったりして。

靖国神社が近いこともあって神保町近辺もライト方面の方とか機動隊の方とかが賑やかでした。

さて、ランチに出かけましょう。
駿河台下、空いてはいるけど人は多いのかな。淡路町から須田町方面もガラガラです。
 

昼食に出たのですが、「ぼたん」「やぶそば」さんともに休みじゃあないですか。(休みでよかった!)
 

あらら、中国の方のお店も休みですよ。「まつや」さんは行列じゃあないですか。ふ~!
 


お昼はこちらにしました。
須田町交差点「天鴻餃子房」で餃子の定食です。パリパリっとね。パリパリ餃子。
中国の方の経営でチェーン展開してて神田にたくさんお店が出てますよ。
スタッフの会話はでっかい声の中国語なんで、日本にいながらの北京オリンピック気分です。
ちょいとうるさいけど、安いしそこそこうまいから許す。

お盆で空いている東京って、道も広くて車も少ないし、何となく空はどこまでも青いし
好きですよ。・・・かなり暑いですけどね。
そもそも代々の東京人はお盆は新盆で7月に済んでいるんですよ。
帰る田舎がある人がうらやましい、なんて思ったこともあったけど。
空いている東京。空いている神田。。。大好きですよお!

団長

投稿者: machiblog3 投稿日: 2008/08/12 11:32

この熱い夏を乗り切るのはもうビアホールしかない!
ということで行ってきました、学士会館ビアホール。

学士会館ビアホールの特徴は、なんといっても屋内なんです。
そして昨年放映されたキムタク主演のドラマ
「華麗なる一族」の撮影をしたというほど歴史ある重厚な建物。
そんな快適な状況の中で飲むビールはことのほかうまいのです!

ビールだけじゃなく、ワイン、焼酎、カクテルと
相当な飲んべえにも対応できるラインナップ。
そしてお料理も昨年よりパワーアップしたというウワサは本当でした!

 

なんといっても楽しいのは、火曜日のゴスペルナイト。
昨年から出演している女性4人組“DIVAS”のゴスペルライブは必見です。
“DIVAS”のリーダーHiromiさんは地元をこよなく愛する神田っ子。
パワフルな歌声に今夜も酔いしれてしまいました。 




今年はステージが一段高くなって見やすくなりました。
暑い夜をさらに熱くする学士会館ビアホールは、この夏おすすめです。

学士会館ビアホール ~8月29日(金)まで開催。
90分飲み放題食べ放題で4000円です。
ゴスペルナイトはあと2回、8/19と8/26。

JIN-OEN

学士会館公式ホームページは こちら

文化財としての学士会館の薀蓄は こちら


大きな地図で見る

 

一般社団法人 千代田区観光協会