「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

ここをクリックしてコンテンツを入力。
spacer

ちよだの人々

spacer
 

1873年~1939年 - 泉鏡花

 明治・大正期の小説家・劇作家。本名鏡太郎。尾崎紅葉の門下となり『夜行巡査』『外科室』などの観念小説で認められる。その後、独特の文体で幻想的・神秘的な世界を構成し、今なお多くの読者を魅了している。一九一〇年(明治四十三)、鏡花はそれまで住んでいた土手三番町から、元旗本屋敷だった広大な有島邸の向かいの下六番町一一(現・六番町七)にあった二軒長屋に移転、六十六歳で歿するまでの二十九年間をそこで過ごした。ここから『夜叉ヶ池』『天守物語』などの名作が生まれ、彼のもとに水上瀧太郎、久保田万太郎など多くの作家たちが集まった。

 

 

一般社団法人 千代田区観光協会