トップページサイトマップ
まちブログ

まちブログ「皇居周辺、丸の内・有楽町周辺」

spacer
8 13

投稿者: machiblog1
2015/08/13 19:56

千代田区教育委員会主催で開催された見学会。

まずは、常磐橋の歴史、修理工事の概要を学びました。


文明開化期に築造された石橋の中で唯一現存しているのが常磐橋だそうです。
しかしこの橋は東日本大震災の時に大きく変形し危険性が生じたため、現在修理工事が行われています。
まだまだ2年間は工事が続き通常見学することができないようです。

さて、この橋の名前常磐橋ですが、地図を良く見ると常盤橋となっています。
詳しい地図を見ると常磐橋と常盤橋があります。良く見るとどこか?
字が違いますよね。常盤橋公園に入るように架かる車の通れない橋が常磐橋。
車も通れる橋は常盤橋と新常盤橋。さて?違いに気がつけるでしょうか。

さて、いよいよ解説を聞きながらの工事見学。

学芸員のご説明。


文化財保存計画協会の方のご解説。


この石の綺麗な断面は修復が終わると見れなくなるそうです。

見学の跡は石の切り方や平らにならす法方などを実演見学。
職人さんの手にかかると思っていたより簡単でびっくり。
長年の千恵と技術素晴らしいです。まさに伝統!






Tags:
 

一般社団法人 千代田区観光協会