トップページサイトマップ
まちブログ

まちブログ「皇居周辺、丸の内・有楽町周辺」

spacer
名前: machiblog1 作成日: 2008/10/27 10:48
千代田区のまちブログです

投稿者: machiblog1 投稿日: 2010/10/17 1:08

10月16日(土)・17日(日)の二日間
JR有楽町駅前広場「近江みちの国 戦国観光キャンペーン」が開催されています。



ゆるキャラブームを巻き起こした彦根のひこにゃんが出陣する!
ということで16日、有楽町イトシア前にいってきました。

なんと、ひこにゃんの出陣は17日のみとのこと。
でも、美しいびわ湖大津観光大使のお嬢さんや、
県のキャラクター、なまずをモチーフにした「キャッフィー」や
中江藤樹先生のキャラクター「よえもんくん」がPRをしていました。

ひこにゃんが登場するのは、同広場の特設ステージで
10月17日(日)の14時15分から14時45分まで。
その時間帯に特設ステージで“サイコロ抽選会”が開かれます。
“サイコロ抽選会”の抽選券は、17日(日)の13時30分から会場付近で配布。
抽選券の配布は先着100名までとか。

なお、ひこにゃんが登場する際は、
混雑することが予想されためツーショット撮影NGだそうです!

投稿者: machiblog1 投稿日: 2008/09/01 0:06


東京国際フォーラム地上広場の名物
ネオ屋台村スーパーナイト。
東京JAZZの関連イベントである
TOKYU JAZZ CIRCUITに合わせて
今日(2008年8月31日)まで実施された。


エスニック料理からB級ご当地グルメの横手やきそば
おむしびなどバラエティに富んだケータリングカーが20台集合。
一流のJAZZミュージシャンによるライブを楽しみながら
有楽町の夜を楽しむ。

ネオ屋台村スーパーナイトもすっかりと定着。
有楽町・丸の内・大手町のオフィスワーカーに
ランチだけでなく夜も人気のスポットとなったようだ。

↓今日は合鴨のスモークとレバーパテで赤ワインを。

 

投稿者: machiblog1 投稿日: 2008/07/10 19:28

7月4日から10日まで有楽町マリオンで
「東北夏祭りin有楽町2008」というイベントありました!

オープニングはフランク永井さんが唄った
昭和を象徴する曲「有楽町で逢いましょう」(若い人は知らないかも!?)
発表50周年を記念した歌碑の建立。

4日、歌碑建立を祝って、いま、もっともホットな黒人演歌歌手のジェロが
マリオンの前で「有楽町で逢いましょう」を熱唱。
800人近くの人が、懐かしいメロディに酔う。
 千代田区広報広聴課提供

ただ、私の心に残ったのは翌日、
マリオンのイベントスペースという地味なところで行われた
丸の内合唱団のミニコンサート。
「有楽町で逢いましょう」や「蘇州夜曲」 「千の風になって」などを唄った。

昭和から平成に時代がうつろう中で、
ゆるやかに形骸化し弱体化してきた会社やユニオンのコミュニティ。
そんな中で合唱というテーマに丸の内のオフィスワーカーが集う。
みんないきいきとした顔をしている。

聴衆に目を向けると昭和ひと桁と思しき女性。
周囲をはばかることなく大きな声で唄う。
彼女の背中とともに「有楽町で逢いましょう」が
今の日本を支えた"昭和"世代の心の歌だと感じた。

イトシアができて来街者の平均年齢が若返ったという有楽町。

しかし、イトシアのネーミングは"昭和"のエッセンスがきいた
「有楽町で逢いましょう」のフレーズに由来する。

今回のイベントを通じて有楽町という地域のこれからを改めて考えさせられた。
団塊の世代の方々が昔をなつかしみながら、"今"を感じ若者と交流できる。
有楽町、そんな街になってほしい。

 

一般社団法人 千代田区観光協会