トップページサイトマップ
まちブログ

まちブログ「皇居周辺、丸の内・有楽町周辺」

spacer
名前: machiblog1 作成日: 2008/07/01 12:26
皇居周辺、丸の内・有楽町周辺のブログです。

投稿者: machiblog1 投稿日: 2011/10/27 15:32

10月21日(金)~30日(日)丸の内仲通りでガーデニングショーがおこなわれています。
テーマは元気!FOR JAPAN~つなげよう 花笑み~です。

空中にハンギングバスケットが並んでいます。

ところどころに15個の作品が並ぶ「コンテストガーデン」があります。

 プロから学生まで、ガーデン作家15名がガーデニングの腕を競っています。

このイベントとは関係ないようですが、丸の内MY PLAZA 内に7周年を祝う7つ
のかわいい「きのこ」のお花がありました。

こちらはテーマガーデン


黄葉・紅葉までのひと時を花を愛でて楽しむのも心が和んでいいですね。

投稿者: machiblog1 投稿日: 2011/10/20 17:04

日本愛妻家協会による、夫婦環境保全倦怠感削減プログラム「大手町の中心で
ねぎらいを叫ぶ」と言うイベントがサンケイビルで行われました。

時々ニュースでキャベツ畑で男性が妻をねぎらい叫ぶ姿を見かけると思いますが、
その女性版です。

是非女性支部を作りたいとおっしゃっている方が、トップバターで叫ばれました。

大勢の報道陣に囲まれるなか、参加者の皆さんは叫んでいらっしゃいました。

内容は、ご主人の仕事が忙しい中でも、育児と家事を手伝ってくれていることへの
感謝の言葉が多かったです。若い世代の奥様が多いのでしょうか?うらやましい・・・・。
ご年配のご夫婦が苦笑いされて聞いていたのが印象てきでした。

中には、夫婦の長さ、積み重ねを感じる内容の叫びや、友人への応援メッセージがありました!

叫んだ皆さんは、サントリーモルツ6個とネギを景品として受け取っていらっしゃいました!

ねぎらってもらう側のご主人がいらっしゃていた方も多かったようです。

短いながらもまとまったねぎらいの叫びは、ドラマチックなものがあり、なかなか
楽しいひとときでした。

投稿者: machiblog1 投稿日: 2011/10/03 19:57

こちらは大手町にある東京サンケイビル前。
普段と違った様子で、ステージやテントが用意されていました。


テントでは東日本復興支援の地酒が販売されていたり、
お酒のおつまみとして鉄板焼きや焼小龍包、牛すじの煮込などを買うことができます。


暖かい小龍包や煮込は、肌寒くなってきたこの季節にぴったりです。


会場にはステージも設置されています。
明日から7日(金)まで音楽のパフォーマンスがあります。
(1stステージ19:00~19:30、2stステージ20:30~21:00)
そして、最終日の7日(金)にはサルサの華麗な踊りが会場を盛り上げます。


今週一週間は、音楽を楽しみながら都会の真ん中でお酒を楽しむことができそうです。
ぜひこの機会に、サンケイビルを訪れてみてはいかがですか?

「東京サンケイビル 秋まつり2011」の情報は ⇒ こちら

投稿者: machiblog1 投稿日: 2011/09/16 16:56

丸の内を散策・買い物中に一息つきたくなったら。
仕事の合間に一息つきたくなったら。
おいしいお茶で一息つきたくなったら。
寄ってみたくなる素敵なお店をご紹介します。

こちらは丸の内仲通りにある、「一保堂茶舗」。

このお店は京都に本店があり、東京丸の内店では、淹れ方でいかようにも変化する
日本茶の味わい、日本茶の奥深さ、面白さを堪能でき、おもてなし空間も楽しめます。
ちょっと格式ばったイメージのある抹茶から、なじみの深い番茶まで、いろんなお茶
を店頭で買えることはもちろん、喫茶室(嘉木)で味わうこともできます。

茶葉のお買い求めだけでなく、テイクアウトのお茶もあります。
マイボトル持参でのご購入も可能です。

こちらは喫茶室「嘉木」。

喫茶室でお楽しみいただくお茶には、すべてお菓子がつきます。
お菓子は主に、京都から取り寄せているものが多いそうです。
昔からお付き合いのあるお店から取り寄せられているそうで、特別なものもあるとか。

抹茶を気楽に楽しめる工夫もされています。
時間限定メニューですが、抹茶をデミタスカップへ注いでエスプレッソ風に。
添えられたお菓子も洋菓子です。
<抹茶 幾世の昔>
時間:10:30~13:30
値段:630円(小さなお菓子付き)
 

下の写真は2011年9月30日までの限定メニューです。
オーガニック煎茶11A-京都の小さなお菓子の盛り合わせと―

店頭で気になったのは、マグボトルなどフタが出来る容器を使って作るシャカシャカ抹茶!



お店の方に質問したところ、特別に作っていただきました。
まずは約3gの抹茶を茶こしでこし入れてから、お湯または水300ccを入れます。

その後、ふたを閉めて、良くふります。
これだけで、簡単お抹茶のできあがり!
この方法は冷たい飲み方がおススメです。
抹茶の種類によっても、淹れ方により合うものがあるようです。

お店の雰囲気も良いので、ぜひお近くにいらした際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

投稿者: machiblog1 投稿日: 2011/08/29 16:40

皇居外苑楠公レストハウスで「江戸エコツアー」に参加してきました。

 江戸からつながるエコ・クッキングの知恵、現代と江戸とエコを比較した大実験、
江戸エコ行楽重の特徴などについて、クイズを交えながらエコ・クッキング専任
の先生が説明してくれました。

テキストは、絵つきでわかりやすいです、もちろん講師の先生の説明も親切丁寧。
おばあちゃんやおかあさんから当たり前のように教わった生活の知恵
  「お湯をわかすとき鍋のふたは必ずしなさい!」
  「ガスは鍋の横にはみ出さない」
  「水滴は必ず拭いてから、火をつける」
などを数字で具体的に説明してもらえ、生活の知恵が知識にかわりました。
私もちゃんと後世に伝えていかねば、、と反省!!

そしておまちかねのお食事タイム!

 

食材のお野菜は契約農家から直送の有機野菜です。顔が見える安心野菜。

 一の重

 五色田楽(これは当時のベストセラーです)・魚のすずめ焼き(元々は鳥の
焼き物が江戸時代に魚の焼き物に発展!)・かすてらたまご(カステラの
製法が元だそうですが、甘い玉子焼きの触感がカステラ?と言う味わい
でした)・とりまんじゅう・元祖天ぷら(今のような天ぷらは江戸時代後期
から流行したもで、それまでは天ぷらといえばさつま揚げのことでした)
・シバエビの天ぷら

二の重

こおり豆腐・煮物・おぼろ大根・蒟蒻の煎りだし(江戸の調味料「煎り酒」を加
えてあるそうです)・蒸し羊羹・当座漬け

三の重

季節のご飯
写真は、春夏のタコご飯です。

今日は特別に特別に巻餅(けんぴん)という江戸時代のお菓子も出していただけました。
小麦粉と砂糖を使ったクレープ仕立てのものを巻いたお菓子です。
時間がたつと固くなるのでお弁当には入れらなかったそうです。
珈琲、アイスティー、紅茶、アイスティーも飲ませていただきました。

 食材は47アイテム、調味料は21アイテム使用しているそうです。
味の決め手の調味料は、江戸時代から続くお店のものを使用しているそうです。
当時の文献には分量の記述がないので、試行錯誤で苦労されたそうですが、
そのかいあって、奥深く食材の奥まで沁み渡る非常に美味しいお弁当でした。
さらに食べごたえもありますが、エネルギーは782Kcal脂質14,8g
塩分4,0gでした。
このお弁当は、他にも10月に開催される千代田区観光協会主催の
「江戸城ウォーク」(9月20日頃ホームページや区報で案内予定)や
皇居外苑楠公レストハウス主催の「皇居の自然と歴史についての
講演@楠公レストハウス」でも、食べる事が出来ます。

是非江戸の味をご堪能ください。

 

投稿者: machiblog1 投稿日: 2011/07/21 12:22

「丸の内にバターの専門店があるとテレビで見たんだけど・・・。」
と、言う問合せを時々受けます。

それは、ここフランスA.O.P発酵バター「エシレ」専門店エシレ・メゾン デュ ブールです。
丸の内ブリックスクエア1Fにあります。

エシレと言うのはフランス中西部にある小さな村で、この村では昔ながらの製法で作り続け、
原料は出自の確かな牛乳だけをを使用しているそうです。

このお店では、バターの他にもお一人様6個までしか買えないクロワッサン・
バターのアイスクリーム・焼き菓子などもあり、店内にはバターの香りが広がっています。

今回は、クロワッサンを購入して食べてみました。
感想は「香ばしくてパリパリ」「口の中でバターが広がる」等々。
残念ながら3種あるクロワッサンの内1種類は売り切れていましたので、
塩有と食塩不使用の2種類でしたが、それぞれ違った味わいでした。
ご家庭に、おもたせにいかがでしょうか??
詳しくはこちら⇒http://www.kataoka.com/echire-shop.html

 


投稿者: machiblog1 投稿日: 2011/07/11 16:33

コウノトリの恵み 豊岡

コウノトリを野生復帰させた兵庫県豊岡市のアンテナショップが23年7月8日
有楽町駅前東京交通会館1階にオープンしました。

 目玉商品といえば、コウノトリの餌となる生き物が生息できる田んぼでつくられた。
ひとにやさしいお米「コウノトリ育むお米」でしょうか?
味わうのが楽しみです。

その他にも但馬牛の加工品や日本海直送の商品が多くありました。

本日は「黒豆入りどら焼き」を購入して食べてみましたが。
大粒の黒豆が歯ごたえがあり美味しかったです。

大阪百貨店オープン予定!

大阪の物産店が7月12日(火)曜日プレオープンします。
本日11日急ピッチで準備していました。
イートインでたこ焼き、イカ焼き、ミックスジュースがあるそうです。
楽しみです。

 

 

 

投稿者: machiblog1 投稿日: 2011/07/01 17:59

平成23年7月1日(金)
社団法人 日本アイスクリーム協会による「ICE cool down!」のキックオフイベントが
ありました。
本日は11:00よりアイスを配っていました。
長~~い列をならぶと、その先にはアイスボックスがあり「アイス冷えてるよ。」の
言葉とともにアイスがまっています。

真剣に一つ選ぶと

保冷バックにすでに入っているお土産3個とともにもらえました。

アイスをいただいたあとは、代表者の方の挨拶や、お天気キャスター
で気象予報士の森田正光さん等のトークセッションがありました。

今年の夏は、節電の中を体の中から冷やしてクールダウン!いいですね!!
涼しく美味しい一石二鳥!?

 

投稿者: machiblog1 投稿日: 2011/06/24 12:09

東日本大震災以降ちょくちょく問合せがあるのが、「震災いちょう」の場所です。

震災いちょうとは?教育委員会の説明板によると、関東大震災によって一面
焼け野原となった都心で奇跡的に生き残り、当時の人々に復興への希望を
あたえた木とのことです。

この度の東日本大震災にも奇跡的に残った、松の木や、被災したのに
咲いた桜・・・さまざまな人の心の支えになる自然があります。
自然によってもたらされた災害が自然によっていやさている。
そのような中で、近いようで遠い、遠いようで近い東方が、早く復興への
道が開けるように「震災いちょう」にお願いするのもいいかもしれません。

震災いちょうがある場所は、最近「ランナーの聖地」「パワースポット」
とも一部では言われている、皇居の周辺スポット大手濠緑地にあります。
東西線竹橋駅2番出口を出て進行方向左に曲がると、そこが大手濠緑地です。
お濠の前にひっそりとそびえています。

この他にも千代田区内には関東大震災にちなんだ碑がありますが、どこにあり?
どのようなものでしょうか??
答え⇒こちら

 

投稿者: machiblog1 投稿日: 2011/06/24 11:32

2年7カ月の間、大つけ麺博・ウィーン・クリスマスinTOKYO等々
で楽しませてくれた、日比谷パティオが、2011年6月30日(土)を
もって閉館します。

ここパティオは2008年の開園以降ネオ屋台村によるFOOD WAGON
のランチを楽しむことができました。
6月24日金曜日に、夜のネオ屋台が5台集まるそうです。
もうすぐなくなってしまう日比谷パティオを惜しみつつビールを飲んで
JAZZ演奏を聴きにいきませんか?

~パティオビアガーデン~
6月24日(金) 17:00〜21:00 ※雨天中止
http://www.w-tokyodo.com/neostall/event/2363

 

一般社団法人 千代田区観光協会