トップページサイトマップ
まちブログ

まちブログ「皇居周辺、丸の内・有楽町周辺」

spacer
名前: machiblog1 作成日: 2008/07/01 12:26
皇居周辺、丸の内・有楽町周辺のブログです。

投稿者: machiblog1 投稿日: 2010/04/29 14:23

25日で、丸の内フラワーウィークスは終了しましたが
丸ビル前の藤棚のお花見ガーデンは開花が遅れ
4月30日まで延長して展示されています。





ラ・フォル・ジュルネが始まりGWの賑わいの丸の内に
爽やかな藤の花がなびいていました。

ただし、展示は明日4月30日まで

投稿者: machiblog1 投稿日: 2010/04/24 15:43

4月20日から始まった「丸の内フラワーウィークス 2010
丸の内仲通りは、いつものストリートアートに加えて
可憐なハンギングバスケットコンテストが通りを彩どっています。



丸ビルの明るいアトリウム"マルキューブ"には
バラエティに飛んだフラワーディスプレイ。

 

市場の花が勢ぞろいした展示会も開催。



マルキューブの中のある藤の鉢は満開ですが
メインの藤棚のお花見ガーデンは
天候不順の影響を受けて現在3分~4分咲。

 

花は咲き始めの色が鮮やかといいますが
よくみると確かにそんな気がします。藤色が爽やかです。



開花が遅れたこの藤棚は当初の期間を延長して
4月30日まで展示されます。

ただし、花のせりなどのイベントは明日まで。
詳しくは → こちら

投稿者: machiblog1 投稿日: 2010/02/18 18:05

先日、午後一番に、銀座で打ち合わせがあったので、
有楽町駅前辺りでランチをしてから現場に向かおうと、
正午ごろに有楽町駅に着きました。
電車を下りてイトシア前の広場に出ると、なにやら人だかりが。
人垣の中を覗くと、戦国武将が大声を出している???
何事か!

2月10日(日)pm0:00

 

鎧兜に身を固めた武将らしき面々が、
人垣に向かって睨みをきかせている。
なにかの撮影かと思ったら、名古屋開府400年のプロモーションでした。

このイケメン武将は、「天下御免の六武将・四陣笠隊」というチーム。
写真左から、背を向けているのが豊臣秀吉、赤い甲冑の前田慶次、
中央に織田信長、右端が若き徳川家康。
名古屋おもてなし武将隊として、開府400年を盛り上げていくそうです。

戦国のスーパーヒーロー“三英傑”が揃うとなれば、
戦国武将マニアや歴女の皆さんには興味が尽きないでしょうね。

 

イケメン武将の後ろには、ゆるキャラの「400年の旅人 はち丸」君も参上。


 
(財)名古屋観光コンベンションビューローの皆さんも、頑張っています。
「2010年の名古屋は、どえらけにゃあ楽しい街になる!」らしい。


 
思いがけなく取材ができたのですが、打合せ前に腹ごなしもしておかないと。
広場に面したcafé Miami Villa でランチをすることに。


 
パスタやピザが、ランチセットでお得になってます。


 
店内は、明るいフロリダの雰囲気。昼時とあって満席だったので、ウェイティング・リストに名前を入れて、待つこと暫し。


 
おひとり様でも気軽にパスタ・ランチをいただけました。
まわりを見渡すと、何人かおひとり様がいたな。
駅前の路面店ならでは、っていう手軽さもあるのかもしれません。

マイアミ ヴィッラ
東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシアプラザ1F
TEL:03-3211-0541
営業時間:10:00-24:00(LO 23:00)

by悉皆屋紺哲

投稿者: machiblog1 投稿日: 2010/02/13 14:43

京都から友人が来ました。
日曜日の午後一の新幹線で帰るとのこと。
じゃぁ、東京駅近くでサンデーブランチでもしましょ、と席を設定しました。
予約先は、新丸の内ビル5階のフレンチ・レストラン、igrek。

2月7日(日)am10:45

ここは千代田区観光協会アドバイザーの面目躍如ということで、
ビシッとおもてなしを決めなくては。
どうせ会ってから話が弾めば、時間など忘れて新幹線の時間もギリギリまで、
ってなことになるであろうと予測し、気配り屋の私は、レストランから新幹線の改札口まで、正味どのぐらいで行けるのかを逆算してみました。

まず、東京駅の東海道新幹線のりば中央口に立ちました。
時刻は、10時45分。


 
中央コンコースへ下りる階段を使い、、、


 
そのまま丸の内中央口へ向かいます。


 
地上階の出口は使わず、地下中央口へ。


 
東京駅前の大きな交差点を渡らずに、
雨の日でも濡れずに丸ビル側へ行けるので、
私はいつも地下出口を使います。


 
出口を出て、丸ノ内線の改札を横切ると、新丸ビルの地下入り口につきます。


 
エレベーターを使って、5階へ。


 
お目当てのigrekに着いたところで時計をみると、10時55分。
写真を撮りながらブラブラ来ても10分で楽勝に着くことができました。
これなら出発ギリギリまで話し込めます。ヨシッと。


 
今日のメニューは、ホリデーランチから。
前菜、メインに美味しいパン、飲み物がついて2,800円のコース。
友人は、パート料理と本日のメインというやつに。同じく2,800円。


 
前菜は、うっかり写真撮るのを忘れた。
これは、メインのシーフードをクリームで和えたような料理。
素材の新鮮さを引き出して、あっさりとしてコクがある、
サンデーブランチにはもってこいの料理でした。

それから、おかわり自由のパンたち。
小ぶりなので、いろいろな味が楽しめる。
何度おかわりしたことか?

入店直後は貸し切り状態だったのが、ふと気がつくと満席に。
そうなんです。パンだけではなく、ビールとワインも、
ずいぶんとお代わりしました。早春の、丸の内のサンデーブランチ。
京都の友人も、大満足で帰途につきました。

Igrek
新丸の内ビル5階
TEL : 03-3211-1909
営業時間 : ランチ 午前11時~午後2時30分
      ディナー 午後5時30分~午後10時
ホームページ: http://www.igrekmarunouchi.jp/

By 悉皆屋紺哲

投稿者: machiblog1 投稿日: 2010/02/10 9:57

千代田区内のアンテナショップ巡り、第5弾。
今年最初のご紹介は鹿児島県のアンテナショップ「かごしま遊楽館」です。

ところで、なんで鹿児島だったかというと、、、
私ごとで失礼しますが、祖母が享年101歳の大往生をとげました。
旧き良き神田や千代田区を知る明治生まれが、また一人いなくなって
しまったのですが、今後は上野のお墓で眠ることになります。
実は、そのお墓のすぐ隣が、天璋院 / 篤姫さまの霊廟なのです。

篤姫さまといえば、薩摩出身で、
江戸城無血開城の立役者の一人でもあります。
ということは、現代風に読み解くと、
鹿児島県と千代田区のご縁結びの立役者?
というこじつけは、ともかく、
早速、地下鉄の日比谷駅から遊楽館を目指しました。

かごしま遊楽館は、
有楽町駅から晴海通りを日比谷公園に向かった左側の通りに面しています。
今日は、鹿児島県観光物産課の荒田忍さんと待ち合わせ。
アポの時間まで少々間があったので、先に遊楽館を探訪しました。


 
晴海通り側から通路を入ると、日比谷の映画街側に抜けられました。
その裏手でなにやらキャンペーンらしき様子が、、、


 
気候が温暖な鹿児島ならではの早生の新ゴボウの紹介でした。
アンケートに答えて、くじを引き、当たりが出るとゴボウのお土産が。
ちなみに、私は当たり!! ちゃっかりゴボウをいただきました。

ゴボウをいただいた後も、まだちょっと時間があったので、
今度は2階のレストランでランチをとることに。

 

黒豚料理を紹介する「いち にい さん」というお店です。
鹿児島では、誰でも知っているという「吹上庵」という
お蕎麦屋さんが経営しているのですが、鹿児島料理というより、
鹿児島特産の黒豚を紹介することが出店のミッションだったそう。

その使命を受けて国道3号線、2号線、1号線を東進しながら
有楽町まで来たのですが、そこで大発見!
黒豚のしゃぶしゃぶを蕎麦汁で食べてみたら「これが絶品!」。
ということで、今度は逆進して1,2,3号線を戻り
鹿児島にも新しい旋風を起こしたという。
そこで付いた店名が「いち にい さん」だそうです。


 
私は、ランチメニューの「黒豚の野菜蒸しセット」1,050円を注文。
これが大正解! 味も量の、大満足でした。

さて、約束の時間も迫ってきたので、ビル9階の県事務所で荒田さんを訪問。
いろいろ、お話もきかせていただいたのですが、面白かったのは「黒」繋がり。
鹿児島の名物には、何故か「黒」がつくものが多い。

黒豚
黒酢
黒砂糖
それに、黒千代香(イモ焼酎を飲むときこの焼き物で、これで燗をつける)。

なぜ「黒」か?は、ただいま調査中だとか。
といった話ばかりではなく、1階の物産売り場で現物を紹介してもらうことに。



まずは、一番人気の焼酎。
芋や奄美大島特産の黒糖焼酎など品揃えも抜群。


 
次に、その場で揚げている「さつま揚げ」
出来たてが美味しそう。


 
そして、意外と知られていないのが「お茶」
全国第2位の生産量を誇るらしい。


 
荒田さんと一緒に粉茶を試飲してみました。
抹茶をもう少し粗くした感じですが、とってもコクがあって、しかも手軽。
これは便利です。


 
というわけで、短い時間の取材でしたが遊楽館には
もっと掘り出しものがありそう。近いうちに、また来ようっと。

それから、以前紹介した区内のアンテナショップ、
あおもり北彩館」との共同フェアも始まるらしい。
詳しくは、「かごしま遊楽館 1階特産品販売」まで。

TEL:03-3506-9177

By 悉皆屋紺哲

投稿者: machiblog1 投稿日: 2010/01/10 22:00

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
悉皆屋の紺哲です。今年も、丸の内周辺を這い回ります。
ということで、正月明けの週末、丸の内をブラつきました。
と、マルキューブでみつけたのが、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の全国巡回展。
坂本龍馬33年の生涯を、幕末屈指の経済人・岩崎弥太郎の視点で描くという
今年の大河ドラマ。私も、昨年前半、三菱地所の初代社長?
(三菱会社の不動産部・部長)であった桐島象一(作家・桐島洋子の祖父、モデル・桐島カレンの曾祖父)のことを書かせていただきました。
この桐島象一も土佐の出身。
たぶん、岩崎弥太郎とも何某かのご縁があったのでしょうか。
というわけで、新年早々、歴史物をご紹介。
(歴史上の人物と現存の方の敬称の分け方がわからず、とりあえず敬称略)

1月9日(土)pm14:00 丸ビル マルキューブ


 
丸の内仲通りをブラブラして、丸ビルの1階を覗くと、「龍馬伝」の文字が。


 
近づいてみると、見慣れた龍馬の出で立ちに、お顔は福山雅治。
なるほど、今年のNHK大河ドラマに関するイベントなんだな。


 
パネル越しに展示コーナーへ足を踏み入れると、結構な人混み。
人気の高さを窺わせます。一昨年の「篤姫」についで幕末ものは人気が高い。


 
展示物には、撮影で使用している小道具や、

衣装なども並んでいる。


 
これは龍馬の衣装。


 
これは、坂本乙女。呉服の悉皆屋さんとしては気になるところです。


 
会場では、ドラマのハイライト・シーンや、、、


 
俳優さんのサイン色紙なども展示されています。
ここは、あえて福山雅治ではなく、岩崎弥太郎役の香川照久のサイン。


 
アンケートに答えると、「龍馬伝のクイズ帳」もいただけます。
入場は無料なので、正月に散財した方でも気軽に楽しめます。
お時間のある方は、丸ビル7階の丸ビルホールでも「龍馬と土佐の志士たち」
という展示をやっています。こちらも入場無料!!
でも、ゴメンナサイ。
期日は11日まで。お時間ある方は、急げ!

詳しくこちらをごらんください。

By悉皆屋紺哲

投稿者: machiblog1 投稿日: 2010/01/07 9:12

▲大河ドラマ『龍馬伝』全国巡回東京展▲
・・丸ビル1階マルキューブ・・
まずは、坂本龍馬のお出迎え。
と言っても大河ドラマ『龍馬伝』
龍馬役の役者の写真ですが!!
かっこいい!!

 

・・会場内に入ると・・
ドラマ関係の展示とクイズのパネル等
!!盛りだくさん!!
そして、出口にたどりつくころには、
プチ『龍馬』博士が一人誕生ました。

 


▲高知県物産展▲
・・出口の目の前には、高知県物産展・・
坂本龍馬の故郷の品物が並んでます。

 

まだまだ!!『龍馬』に触れたいので、
7階へ
エレベーターかエスカレーターに乗り、
巡回展と物産展から遠のいて行きます。

 

▲坂本龍馬ゆかりの品々の展示を中心とするイベント▲
・・7階会場内に入ると・・

 

『龍馬』像と高知県の観光案内のお出迎え!

 

・・奥には写真撮影禁止区域・・
ここに書簡や、県外初公開のとある物が!!
大河ドラマがますます楽しみになる!かも。


投稿者: machiblog1 投稿日: 2010/01/02 13:35

平成22年の新年一般参賀。今年も昨年同様快晴に恵まれました。

内堀通りは大手門付近から皇居前まで歩道も含め
交通規制がされていて、皇居ランナーも日比谷通りに迂回しています。

今日は、行幸通りから皇居前広場に向かいます。



行幸通りの歩道では日の丸が配られています。



皇居内にはトイレが少ないので皇居外苑のトイレが利用されています。



内堀通りは交通規制されています。通りを渡り皇居前へ。



皇居名広場ではまず、荷物検査の案内があります。



手荷物のある人は検査を受けます。



次はボディチェックです。

ボディーチェックを終わると、到着順に参入待ちのブロック誘導されます。



参入待ちエリア入る前に仮設トイレがありました。



指定されたレーンで参入を待ちます。



今日は午前9時20分頃、二重橋前駅に到着しましたが
指定されたブロックの参入が始まったのが9時55分ごろでした。



眼鏡橋とも言われる皇居正門石橋を渡ります。



石橋から鉄橋と伏見櫓が見えます。



皇居正門をくぐります。

右にカーブすると左手に伏見櫓が姿を見せます。



右手には、大勢の人が参入する石橋と丸の内のビル群。



皇居鉄橋を渡ると新宮殿前の広場に入ります。



新宮殿の門をわたった右手にトイレがあります。



本日1回目のお出ましは午前10時10分。
今日は、参入時間が遅かったのでお出ましは広場後方になってしまいました。
広場後方には報道陣がギッシリ。



予定時間通り、天皇皇后両陛下はじめ皇族の方々がお出ましになりました。
詳細...

投稿者: machiblog1 投稿日: 2009/12/28 14:07

千代田区で初詣のご紹介といえば
永田町の日枝神社(赤坂といったほうが通りが良いようですが・・・)と
「明神さま」で知られる秋葉原・御茶ノ水にほど近い神田神社

このほかに最近は縁結びでネット上でも話題になっている
飯田橋の東京大神宮

そして、千代田区の真ん中九段に鎮座する靖国神社

このほかにも、こんな都会の中に氏神様がまだまだ存在します。
それは、千代田区がもともと大名・旗本屋敷であったので
屋敷神としての稲荷神社などが引き続き残っているからです。

有楽町駅前、電気ビルのまん前にある「有楽稲荷神社」。
こちらは永井飛騨守が安政6年(1859)に建立したものと伝えらえています。



関東大震災の際に、周囲は延焼したにもかかわらず
この祠だけは災害をまぬかれ火伏の御利益もアリ!と伝えられています。


より大きな地図で 千代田の神社・稲荷 を表示

それから、大手町にこの5月にオープンしたJAビルの4階にある
農業・農村交流ギャラリーにあるスカイガーデンには
なんと「大手町神社」があります。



大手町神社と名前は大きいのですが
ご覧のようなこじんまりとした祠。
しかし、建っている場所は経団連ビル・JAビル・日経ビルと連なる屋上庭園。





どんな御利益があるのでしょうか。
ただしこの大手町神社、ギャラリーのオープン1月4日以降の
お参りになります!


より大きな地図で 千代田の神社・稲荷 を表示

投稿者: machiblog1 投稿日: 2009/12/26 21:47

11月の皇居東御苑儀装馬車運行。
天気のよい11月28日に取材したのですが、
なんと11月29日には両陛下がお出ましになるというサプライズがあったそう。

いまさらながら気がつきました。

 

一般社団法人 千代田区観光協会