トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

【東京ステーションギャラリー】吉村芳生 超絶技巧を超えて

spacer
日時 2018年11月23日(金・祝)~1月20日(日)
10:00~18:00 (金曜日は20:00まで)
 ※入館は閉館30分前まで
休館日 月曜日(12月24日、1月14日開館)、12月25日(火)、12月29日(土)~1月1日(火・祝)
場所 東京ステーションギャラリー(東京都千代田区丸の内1丁目9−1)
アクセス

JR東京駅 丸の内北口改札前

観覧料 一般 900 (700)円 、高校・大学生700 (500)円 / 中学生以下無料
※( )内は前売料金
※20名以上の団体は、一般800円、高校・大学生600円
※障害者手帳等持参の方は100円引き(その介添者1名は無料)
主催 東京ステーションギャラリー(公益財団法人東日本鉄道文化財団)、毎日新聞社
企画協力 アートワン
お問合せ先 TEL:03-3212-2485
ホームページ http://www.ejrcf.or.jp/gallery/

イベント内容

spacer
吉村芳生
超絶技巧を超えて


《新聞と自画像2008.10.8 毎日新聞》2008年、個人蔵

1950年、山口県に生まれた吉村芳生は、版画のフィールドで内外の美術展に出品を重ね、いくつかの美術館に作品が収蔵されるなど、高い評価を得ましたが、その評価は一部にとどまっており、決して知名度の高い作家ではありませんでした。1990年代以降は、山口県展や画廊での個展が中心の地道な活動を続けていました。それが一変したのは2007年のこと。吉村が57歳のときのことです。この年、森美術館で開催された「六本木クロッシング2007:未来への脈動」展に出品された作品群が大きな話題を呼びます。その後、各地の美術館で作品が展示され、特に山口県立美術館で開催された個展には多くの観客が押し寄せました。遅咲きの花として、快進撃を続けていた吉村はしかし、2013年に突然亡くなってしまいます。

本展は、現代アート界の異色の画家・吉村芳生の全貌を62件600点以上の作品により3 部構成で紹介します。日常生活の中で目にするありふれた風景をモノトーンのドローイングや版画で表現した初期の作品群、色鉛筆を駆使してさまざまな花を描いた後期の作品群、そして生涯を通じて描き続けた自画像の数々。膨大な時間を費やして制作された吉村の驚くべき作品群は、写実も超絶技巧も超越し、描くこと、表現することの意味を問い直します。本展は、中国・四国地方以外の美術館では初めて開催される吉村芳生の個展となります。
spacer

招待券プレゼント

spacer
東京ステーションギャラリー“吉村芳生 超絶技巧を超えて”の招待券を、5組10名様にプレゼントします。 お申込みは、「1.郵便番号 2.住所 3.氏名 4.連絡先(電話番号) 5.千代田区内で好きな観光スポットとその理由(ご意見) 6.東京ステーションギャラリー招待券お申込みの旨」をご記入の上、千代田区観光協会(entry@kanko-chiyoda.jp)まで、メールをお送りください。応募締め切りは、2018年11月20日(火)迄です。 応募者多数の場合には、抽選の上、当選結果は招待券の発送をもって代えさせていただきます。ご了承ください。
spacer

チラシ

spacer

spacer

東京ステーションギャラリー MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会