トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

【相田みつを美術館 主催】みつをの一生

spacer
日時 2018年10月2日(火)~1月27日(日)
10:00~17:30 (入館は17:00まで)
休館日 月曜日(祝休日の場合は開館・振替休日なし)
 ※但し、10月8日(月・祝)、12月24日(月・振休)、1月14日(月・祝)は開館。(振替休日なし)
12月31日(月)、1月1日(火・祝)は休館いたします。
1月14日成人の日は、新成人の方は入館無料です。
場所 相田みつを美術館 (丸の内3-5-1 東京国際フォーラム 地下1階)
アクセス JR「有楽町駅」国際フォーラム口・徒歩3分
JR「東京駅」丸の内南口・徒歩5分 京葉線と地下1階コンコースにて連絡(4番出口)
有楽町線「有楽町駅」徒歩3分 地下1階コンコースにて連絡(D5出口)
日比谷線「日比谷駅」徒歩5分、「銀座駅」徒歩5分
千代田線「二重橋前駅」徒歩5分、「日比谷駅」徒歩7分
丸ノ内線「東京駅」徒歩5分、「銀座駅」徒歩5分
銀座線「銀座駅」徒歩7分、「京橋駅」徒歩7分
三田線「日比谷駅」徒歩5分
入館料 一般・大学生800円/中・高校生500円/小学生200円(未就学児 無料)/70歳以上500円
※障がいのある方及び付き添い者は無料(手帳の提示)
※団体割引有り
※ミュージアムショップは入場無料

主催 相田みつを美術館
お問合せ先

相田みつを美術館
電話:03-6212-3200 (代表)

ホームページ http://www.mitsuo.co.jp/

イベント内容

spacer
第72回企画展
みつをの一生

「いのちいっぱいに生きてきてほんとうによかった。
どんなときでも心の底からしみじみと
言えるような人生をいきてゆきたい」(創作ノートより)

現在、教科書で、あるいはトイレの日めくりカレンダーなど、
様々な場所でその作品が目にふれ親しまれている相田みつを。
しかし、どのような人生を送ったのかはほとんど知られてはいません。
それは、『いちずに一本道 いちずに一ッ事』(角川文庫)以外に
自伝的な文章をほとんど残さなかったことにもよります。
実は、旧制中学校時代に、教官との確執により進学を断念したり、
戦後の混乱期に傷害事件に巻き込まれ大怪我を負うなど、
起伏が激しく特に若い頃は挫折の連続でした。
本展は、知られざる「みつをの一生」を初めて紹介するものです。

館長 相田一人 による作品解説
「新春 館長作品解説」
1月2日(水)、1月3日(木)
会場:展示案内 各日11:00~、15:00~
※お申し込み不要。要入館券。

第2ホール 特別イベント
●平成の終わりに昭和を振り返るシリーズ 第3弾
特別交流展「三浦綾子展”二つの視点”『氷点』と『銃口』」
9月8日(土)~11月4日(日)

●平成の終わりに昭和を振り返るシリーズ 第4弾
「画家・詩人 蕗谷虹児の世界」(仮)
11月10日(土)~2019年1月14日(月・祝)


地方展
北海道旭川市 三浦綾子記念文学館
開館20周年記念・全国文学館交流展
相田みつを展「にんげんだもの」
9月1日(土)~11月4日(日)
spacer

チラシ

spacer

spacer

招待券プレゼント

spacer
相田みつを美術館“第72回企画展 みつをの一生”の招待券を、3組6名様にプレゼントします。
お申込みは、「1.郵便番号 2.住所 3.氏名 4.連絡先(電話番号) 
5.千代田区で好きな場所・スポットとその理由 6.相田みつを美術館招待券お申込みの旨」をご記入の上、千代田区観光協会(entry@kanko-chiyoda.jp)まで、メールをお送りください。応募締め切りは、2018年10月15日(月)です。
応募者多数の場合には、抽選の上、当選結果は招待券の発送をもって代えさせていただきます。ご了承ください。
spacer

相田みつを美術館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会