トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

【東京ステーションギャラリー】 生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。

spacer
日時 2018年7月14日(土)~9月9日(日)
10:00~18:00 (金曜日は20:00まで)
 ※入館は閉館30分前まで
休館日 7月16日、8月13日、9月3日をのぞく月曜日、7月17日(火)
場所 東京ステーションギャラリー(東京都千代田区丸の内1丁目9−1)
アクセス

JR東京駅 丸の内北口改札前

観覧料 一般 1,000 (800)円 、大学生800 (600)円 / 中学生以下無料
※( )内は前売料金および20名以上の団体料金。
※障害者手帳等持参の方は100円引き(その介添者1名は無料)
主催 東京ステーションギャラリー(公益財団法人東日本鉄道文化財団)、日本経済新聞社、ちひろ美術館
お問合せ先 TEL:03-3212-2485
ホームページ http://www.ejrcf.or.jp/gallery/

イベント内容

spacer
生誕100年 
いわさきちひろ、絵描きです。

ハマヒルガオと少女 1950 年代中頃 ちひろ美術館蔵
ハマヒルガオと少女 1950 年代中頃 ちひろ美術館蔵


 2018年、いわさきちひろ(1918-1974)は生誕100年を迎えます。にじむ色彩で描かれた子どもたち、花々、そして大きく空けられた余白。絵本、挿絵、カレンダーなど、さまざまなメディアを通じてその絵は生活の隅々にまで浸透し、没後40年を超えてなお膨らみ続ける人気は今や世界に広がりつつあります。 一方で、その作品に関しては、「子ども、花、平和」などのモティーフ、あるいは「かわいい、やさしい、やわらかい」といった印象ばかりが注目されやすいようです。「いわさきちひろ、絵描きです。」――のちの伴侶と出会った際に自己紹介したちひろの言葉をタイトルに掲げる本展は、「絵描き」としてのちひろの技術や作品の背景を振り返る展覧会です。ちひろはどのような文化的座標に位置し、どのような技術を作品に凝らしたのか。新出の資料も交えた約200点の展示品を通じて作品の細部に迫り、童画家としてのちひろイメージの刷新を試みます。

spacer

招待券プレゼント

spacer
東京ステーションギャラリー“生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。展”の招待券を、5組10名様にプレゼントします。 お申込みは、「1.郵便番号 2.住所 3.氏名 4.連絡先(電話番号) 5.千代田区内で好きな観光スポットとその理由(ご意見) 6.東京ステーションギャラリー招待券お申込みの旨」をご記入の上、千代田区観光協会(entry@kanko-chiyoda.jp)まで、メールをお送りください。応募締め切りは、2018年7月10日(火)迄です。 応募者多数の場合には、抽選の上、当選結果は招待券の発送をもって代えさせていただきます。ご了承ください。
spacer

チラシ

spacer

spacer

東京ステーションギャラリー MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会