トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

【東京国立近代美術館】 ゴードン・マッタ゠クラーク展

spacer
日時 2018年6月19日(火)~9月17日(月・祝)
10:00~17:00 (金・土曜日は21:00まで)
 ※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(ただし、7月16日、9月17日は開館)、7月17日
場所 東京国立近代美術館(北の丸公園3-1)
アクセス

東西線「竹橋駅」1b出口・徒歩3分

観覧料 一般 1,200 (900)円 、大学生800 (500)円、
※( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をご提示の方とその付添者1名は無料。本展の観覧料で入館当日に限り、同時開催の「MOMATコレクション」と「瀧口修造と彼が見つめた作家たち コレクションを中心とした小企画」もご覧いただけます。
主催 東京国立近代美術館
お問合せ先 TEL:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
ホームページ http://www.momat.go.jp/am/exhibition/gmc/

イベント内容

spacer


待望のアジア初回顧展!

 


《スプリッティング》1974年 ゴードン・マッタ゠クラーク財団&デイヴィッド・ツヴィルナー(ニューヨーク)蔵
© The Estate of Gordon Matta-Clark; Courtesy The Estate of Gordon Matta-Clark and David Zwirner, New York/London/Hong Kong.


1970年代にニューヨークを中心に活躍し、35歳で夭折したアーティスト、ゴードン・マッタ゠クラーク(1943-78)。アート、建築、ストリートカルチャー、食など多くの分野でフォロワーを生み続ける先駆者の、アジア初回顧展です。


アメリカのアーティスト、ゴードン・マッタ゠クラーク(1943-78)のアジア初となる大回顧展。大学で建築を学んだマッタ=クラークは、美術へと活動の舞台を移すと、1970年代にニューヨークを中心に活躍しました。35歳で病死するまでの短い活動にも関わらず、今なお多くのアーティストに影響を与え続けています。
マッタ゠クラークは、取り壊し前の建物の床や壁の一部を取り去り、ありふれた日常をまったく新しい空間と時間へと変容させる「建物切断(building cuts)」のプロジェクトで当時の美術界に衝撃を与えます。また、美術・音楽・ダンスなどのためのスペース「112」の運営やアーティストによるレストラン「FOOD」の経営に関ったり、グラフィティなどのストリート・カルチャーにいち早く注目したりと、時代の空気を鋭敏に読み取りながら新しいアーティスト像を提示しました。
彫刻、写真、映像、ドローイングなどから、1970年代を代表するこのアーティストの全貌にせまります。
spacer

招待券プレゼント

spacer
東京国立近代美術館“ゴードン・マッタ゠クラーク展”の招待券を、5組10名様にプレゼントします。 お申込みは、「1.郵便番号 2.住所 3.氏名 4.連絡先(電話番号) 5.千代田区観光協会ホームページの感想(ご意見) 6.東京国立近代美術館招待券お申込みの旨」をご記入の上、千代田区観光協会(entry@kanko-chiyoda.jp)まで、メールをお送りください。応募締め切りは、2018年6月15日(金)迄です。 応募者多数の場合には、抽選の上、当選結果は招待券の発送をもって代えさせていただきます。ご了承ください。
spacer

チラシ

spacer

spacer

東京国立近代美術館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会