トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

【出光美術館】人麿影供900年 歌仙と古筆

spacer
日時 2018年6月16日(土)~7月22日(日)
10:00~17:00 (入館は16:30まで)
毎週金曜日は19:00まで(入館は18:30まで)
休館日 毎週月曜日(ただし7月16日は開館)
場所 出光美術館
(丸の内3-1-1 帝劇ビル9階 出光専用エレベーター9階)
アクセス JR「有楽町駅」国際フォーラム口・徒歩5分
 有楽町線「有楽町駅」、三田線「日比谷駅」B3出口・徒歩3分
 日比谷線、千代田線「日比谷駅」
 有楽町線方面 地下連絡通路経由 B3出口・徒歩3分
入館料 一般1,000円/高・大生700円 (団体20名以上 各200円引)
中学生以下無料 (ただし保護者の同伴が必要です)
※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料です
列品解説
6月21日(木)、6月28日(木)、7月5日(木)、7月12日(木) いずれも午前10時30分より
6月22日(金)、6月29日(金)、7月6日(金)、7月13日(金) いずれも午後6時より
主催 出光美術館、朝日新聞社
お問合せ先 ハローダイヤル (展覧会案内)
TEL:03-5777-8600
ホームページ http://www.idemitsu-museum.or.jp

イベント内容

spacer
人磨影供900年
歌仙と古筆

  宮廷文化の象徴である和歌の世界。平安期には貴族たちが自らの想いと美意識を歌で詠じました。とりわけ歌仙として選ばれし歌人たちは、絵姿として伝えられ、その秀歌は麗しき仮名文字で書き伝えられています。その筆頭となる歌聖・柿本人麿(かきのもとのひとまろ)の像は、歌会の守護神として床に懸けられました。今年は、歌会の儀礼である“人麿影供(えいぐ)”が創始されてより900年。本展はこれを記念し、重要文化財の佐竹本三十六歌仙絵「柿本人麿」はじめ歌仙絵の優品に、歌仙の秀歌を記した名筆を交えてご紹介する展覧会です。





西行物語絵巻(第一巻・部分) 俵屋宗達  寛永7年(1630)
重要文化財 出光美術館

三十六歌仙図  鈴木其一 弘化2年(1845) 出光美術館


招待券プレゼント

spacer
出光美術館展覧会「人麿影供900年 歌仙と古筆」の招待券を、5組10名様にプレゼントします。
お申込みは、「件名.「出光美術館招待券応募」1.郵便番号 2.住所 3.氏名 4.連絡先(電話番号) 5.千代田区観光協会ホームページの感想 6.出光美術館招待券お申込みの旨」をご記入の上、千代田区観光協会(entry@kanko-chiyoda.jp)まで、メールをお送りください。応募締め切りは、2018年6月15日(金)迄です。
応募者多数の場合には、抽選の上、当選結果は招待券の発送をもってかえさせていただきます。ご了承ください。
spacer

チラシ

spacer

spacer

出光美術館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会