トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

【アーツ千代田 3331】特別企画展『ときを渡る~”山王さん”を支えた町の150年~』

spacer
日時

2018年5月19日(土)~6月10日(日)
11:00~18:00

定休日 会期中無休
場所 アーツ千代田 3331 (外神田6-11-14)
1階 104、ウッドデッキ
アクセス 銀座線「末広町駅」4番出口・徒歩1分
千代田線「湯島駅」6番出口・徒歩3分
大江戸線「上野御徒町駅」A1番出口・徒歩6分
JR「御徒町駅」南口・徒歩7分
JR「秋葉原駅」電気街口・徒歩8分
入場料
入場無料
主催 アーツ千代田 3331
お問合せ先 アーツ千代田 3331
TEL:03-6803-2441
ホームページ http://sanno.3331.jp/

イベント内容

spacer
「ときを渡る―”山王さん”を支えた町の150年―」



江戸時代初期から大都市江戸の中心部を形成してきた千代田区・中央区地域は、当時も今も山王祭りと神田祭りで盛り上がりをみせています。
なかでも日枝神社(山王権現)は江戸時代、徳川将軍家の産土神うぶすながみとして、麹町・日本橋・京橋・銀座周辺(現在は番町も含む)を氏子帳に持ち、隔年6月に山王祭りを行い、豪華な山車や附祭つけまつりを出しました。両祭礼は「天下祭」と呼ばれ、町人の洗練された文化を武家や他の町々に表現する重要な場面であり、これをさまざまなかたちで支えたのが氏子町でした。
本展では、その伝統が明治維新後も首都東京に脈々と受け継がれていることに注目し、氏子町の歩んだ150年間の歴史や文化、街並みの変遷を辿ってみたいと思います。


展示内容
・”明治150年”をキーワードに時代の変革期に起きた町や文化の移り変わりを読み解きます
・明治初期の商店や通りを行き交う人々の姿も映り込む商店カタログ「東京商工博覧絵」、「東京商店案内」(共に一部抜粋・複製)
・山王祭氏子各町の色とりどりの手ぬぐいと弓張提灯、日枝神社御防講の長提灯
・伝統存続のために、昭和初期に作られた御仮屋を再現
・鳶頭の存在を今に伝える絵師・岡田親氏による「江戸町火消六十四組勢揃」(一部)
・江戸と現代を重ね”ときを渡る”―木下栄三氏による「江戸城新三十六御門重ね絵図」ほか
関連イベント
イベント名称 日時 講師 会場 参加費
【トーク】時代の変革とともに歩む「鳶頭」 5/20(日)13:30~15:00 岡田 親 氏
(江戸町火消絵師)
ラウンジ 1,000円
【ワークショップ】伝統芸能を体験!
お囃子ワークショップ
5/26(土)10:30~12:00 麹町囃子 メインギャラリーB 一般 1,000円
高校生以下 500円
【ワークショップ】手ぬぐいで作るおしゃれ子ども服 5/27(日)10:00~15:00 モリユカ(グラフィックデザイナー) メインギャラリーB 3,000円(手ぬぐい持参)
【講座】麹町大通りの賑わい150年をわたる 6/1(金)18:45~21:00 滝口正哉(成城大学・立正大学 非常勤講師/本展監修者)
加藤紫識(和洋女子大学 特任教授/本展監修者)
メインギャラリーB 2,500円
【ワークショップ】老舗の職人に学ぶ季節の和菓子作り 6/2(土)①13:30~15:00
②16:00~17:30
※①、②は同じ内容です
井田裕二(銀座 菊廼舎)
齋藤貴俊(池袋三原堂)
樋口秀徳(いいだばし萬年堂)
平野明洋(心庵梅むら)
濱涼子(株式会社RS豆園)
伊藤 圭祐(竹紫堂)
滝沢 佳久(三原家)
田邊 卓(つる瀬)
※講師の方々は変更になる場合もございます。詳しくはお問合せください。
ラウンジ 3,500円(材料費込み、お土産付)
【トーク】土地に宿る記憶と文化人たちが残した交流の足跡 6/3(日)10:30~12:00 新井巌(コピーライター、六番町町会町会長)
麹町出張所 洋室C
1,000円
【街歩き】街に息づく歴史と文化の散策
~番町・麹町界隈編~
6/3(日)13:30~16:00 木下栄三(画家、建築家)
JR四ツ谷駅麹町口
2,500円
spacer

チラシ

spacer

spacer

アーツ千代田 3331 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会