トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

【三の丸尚蔵館】第79回展覧会 世界を巡るー古今東西の品々を集めて

spacer
期間
平成30年1月13日(土)~4月8日(日)
前期:1月13日(土)~2月25日(日)
後期:3月3日(土)~4月8日(日)
場所 三の丸尚蔵館
観覧料 無料
休館日
毎週月・金曜日,展示替の期間(2月26日~3月2日)
ただし,2月12日(月・祝)は開館し,2月13日(火)は休館
開館時間 1月13日(土)~2月25日(日)
 午前9時~午後3時45分 (入館は午後3時30分まで)
3月3日(土)~4月8日(日)
午前9時~午後4時15分 (入館は午後4時まで)
宮内庁ホームページ http://www.kunaicho.go.jp/event/sannomaru/tenrankai79.html

イベント内容

spacer

「世界を巡るー古今東西の品々を集めて」


三の丸尚蔵館では,皇室が行われた国際親善を中心とするテーマに基づいて,これまで幾度かの展覧会を開催されてきました。諸外国の元首や高官から皇室へ贈られた各地の珍しい品々は,収蔵品の性格を特徴付ける一つとなっています。これらの品々はある意味ではその国を象徴する役割を担い,私たちはそれらを見ることを通じて異なる文化へと思いを馳せるのです。

さて,インターネットを始めとする情報化社会の進展によって,私たちは十数年前に比べてはるかに容易に海外事情を知ることができるようになりました。しかし,実際にその土地を初めて訪れることによって,その独特な風土や国民性にふれる一連の経験は,まさに百聞は一見に如かずの言葉通り,新鮮な驚きと感動をもたらしてくれるものです。美術工芸品を通じて出会う国々の姿もまた,政治や社会問題のニュースによって伝えられる姿とは異なる印象を私たちに与えてくれるのではないでしょうか。今日まで引き継がれる伝統文化や民族色豊かな造形とは,すなわちそれぞれの国が歩んだ歴史や人々の日常の生活に根ざしたものだからです。異文化への素朴な関心を生み出す未知の造形芸術との出会いは,私たちの想像力を広げる美術鑑賞の醍醐味の一つと言えるでしょう。

本展では世界各地の様々な作品を一堂に集め,これまでに紹介した中でも特に造形的に興味深い作品や,今回が初紹介となる貴重な作品,今までに取り上げることができなかった国々の作品などにも注目します。また,それらの品々が作られた時代も紀元前から現代にいたるまで幅が広く,それぞれの歴史的な特質に迫ります。それでは,世界を巡る美術探検へと旅立ちましょう。
展示物(一例)
花文蒟醤水入鉢 タイ 1932年頃 後期展示
青釉黒彩文壺 イラン 12~13世紀 全期間展示
ハーグ旧宮殿図 オランダ 18世紀 前期展示
諸物図壁掛 コートジボワール 1974年頃 全期間展示
イヌイット石像 カナダ 1970年頃 前期展示
彩画人物文様把手付壺 ペルー 8~11世紀 後期展示
ティキ神像・宝箱 ニュージーランド
ティキ:18世紀
宝箱:1956年頃
後期展示
spacer

チラシ

spacer

spacer

三の丸尚蔵館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会