トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

【国立公文書館】太田道灌と江戸

spacer
日時 2018年1月13日(土)~3月10日(土)
月~土曜 9:15~17:00まで
休館日
日曜・祝日
場所 北の丸公園3-2
アクセス 地下鉄東西線竹橋駅[1b出口]徒歩5分
お問合せ先 独立行政法人国立公文書館
03-3214-0621
ホームページ http://www.archives.go.jp

イベント内容

spacer
平成29年度第4回企画展
太田道灌江戸

江戸城を築いた武将である太田道灌について、その生涯に関する資料と、徳川家康入部以前の中世の江戸に関する資料を取り上げ、その生涯と太田道灌が15世紀後半の関東の戦乱について紹介します。

『長禄年中江戸図』

道灌が江戸城を築いた当時の江戸の様子を描いたとされる絵図で、画像は文化3年(1806)に作成された写。「溜池」など、道灌の時代には見られない地名が記されていますが、道灌が江戸城を築いた事績が、後世に注目されたことを示す資料です。

『太田家記』

道灌の子孫である江戸太田氏の一族で、江戸時代に譜代大名となった掛川藩主太田家によって、18世紀初頭に制作された編纂記録。道灌の父である道真から重正まで、6代の事績が記されています。その中で、道灌の出家前の名前を、「資長」としています。

『江戸名所図会』

江戸後期の寛政年間から天保年間にかけて、江戸神田雉子町の町名主である斎藤長秋・莞斎・月岑の3代により作成・刊行された地誌。この中に、道灌の有名な伝説の一つである「山吹の里」の場面が描かれています。


●ギャラリートーク
企画展の見どころを企画者の方が解説します!
日時 :1月17日(水)14:00~
2月21日(水)14:00~
場所 :1階展示場集合
その他:所要時間30分程度
事前申込み不要
spacer

チラシ

spacer
spacer

国立公文書館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会