トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

東京ミチテラス2017 (実行委員会 主催)

spacer
日時 2017年12月24日(日)~12月28日(木)
※一部は12月15日(金)より開催予定
開催時間:未定。決定次第公式ホームページ等でご案内いたします。
場所 東京・丸の内エリア
アクセス JR・地下鉄「東京駅」丸の内口すぐ
主催 東京ミチテラス2017実行委員会
お問合せ先 東京ミチテラス2017実行委員会事務局
TEL:0180-993-771(テレドーム)
ホームページ http://www.tokyo-michiterasu.jp/

イベント内容

spacer



Celebration !

新丸ビル開業10周年、丸ビル開業15周年、東京国際フォーラム開館20周年と東京駅丸の内駅前広場のグランドオープンと、『東京』にはお祝い事がいっぱい!街全体に花とひかりで祝祭感が充ち溢れ、平和への願い、未来への希望を祈ります。
総合演出は日本で最も有名なフラワーアーティストの一人。Nicolai Bergmann(ニコライ バーグマン)氏、アドバイザーとして谷川じゅんじ氏を迎えスタイリッシュで上品な雰囲気のある花とひかりで彩るアート作品がエリア各所で展開されます。

【行幸通り】
Flower Garden ~花とひかりの饗宴~
花とひかりが一体となった複数のフラワーアート作品で構成するフラワーガーデンを創出。日中と夜間で趣の異なる作品をお楽しみいただけます。無数の花で覆われた立体感のあるフォルムのアート作品で、独創的なフラワーガーデンが展開されます!夜は花と一体に組み込まれたLED照明で、一面にひかりの花が咲き誇ります。

東京ミチテラス2017※画像はイメージです

【丸の内エリア】
Flower Avenue ~ひかりの花咲く道~
丸の内仲通りのビルのファサード周辺数カ所に設置した、さまざまな彩りのビッグフラワーボックスが、来訪者に花を添えます。フォトジェニックなフラワーアートが通りを美しく飾ります。



Floral Art Installation ~花のランドスケープアート~
大丸有内のオープン空間などにコンテンポラリーで造形的な作品が展示され、目を楽しませます。














総合演出
Nicolai Bergmann(ニコライ バーグマン)/フラワーアーティスト

デンマーク・コペンハーゲン出身。日本でもっとも有名なフラワ―アーティストの一人
現代フラワーデザインの代名詞的存在。ヨーロピアンスタイルをベースに、北欧のテイストと細部にまでこだわる日本の完成を組み合わせた独自のスタイルをコンセプトとしている。モダンでスタイリッシュなデザインや、印象深いカラーグラデーション、造形的なフォルムなど、ディスプレイという枠を超え、ひとつの芸術作品ともいえる完成度の高いデザインを誇っている。2017年5月にはジュエリーブランド NATUR & NICOLAI BERGMANNを立上げ、さらなる活躍の場を広げている。フラワーデザインはもとより、ファッションやデザインの分野で世界有数の企業と共同デザインプロジェクトを手掛けている。













アドバイザー
谷川じゅんじ JTQ代表/スペースコンポーザー

2002年、空間クリエイティブカンパニー・JTQを設立。”空間をメディアにしたメッセージの伝達”をテーマに、さまざまな商空間開発やコーポレートブランディングを手掛ける。独自の空間開発メソッド「スペースコンポーズ」を提唱、環境と状況の組み合わせによるエクスペリエンスデザインは多方面から注目を集めている。主なプロジェクトとして、パリルーブル宮装飾美術館 Kansei展、平城遷都1300年祭記念薬師寺ひかり絵巻、MEDIA AMBITION TOKYO、GINZA SIX オープニングセレモニーなど。2017年現在、外務省 JAPAN HOUSE ロサンゼルス エグゼプティブアドバイザー、旅する新虎マーケットアドバイザー、KENPOKU ART 茨城県北芸術祭クリエイティブディレクター等
 
 
東京駅周辺エリアは、「歴史」「未来」「文化」が共存する、多様な側面を持った街です。
歴史、伝統、文化、学術、ビジネス、先進性がダイナミックに融合する唯一無二の街として、日本と東京を繋ぐ結節点として、また、世界と日本を繋ぐ結節点として、今日も進化を続けています。
同エリアにおいて、年末の光のイベントは、1999年の「東京ミレナリオ」の開催以来、恒例の冬の風物詩となっていますが、今年も、日本の中心街区である東京・丸の内エリアから、未来を明るく照らしていこう(未知を照らす)という願いをこめ、「東京ミチテラス2017」が開催いたします。

 

一般社団法人 千代田区観光協会