トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

【出光美術館】書の流儀Ⅱ―美の継承と創意

spacer
日時 2017年11月11日(土)~12月17日(日)
10:00~17:00 (入館は16:30まで)
毎週金曜日は19:00まで(入館は18:30まで)
休館日 毎週月曜日
場所 出光美術館
(丸の内3-1-1 帝劇ビル9階 出光専用エレベーター9階)
アクセス JR「有楽町駅」国際フォーラム口・徒歩5分
 有楽町線「有楽町駅」、三田線「日比谷駅」B3出口・徒歩3分
 日比谷線、千代田線「日比谷駅」
 有楽町線方面 地下連絡通路経由 B3出口・徒歩3分
入館料 一般1,000円/高・大生700円 (団体20名以上 各200円引)
中学生以下無料 (ただし保護者の同伴が必要です)
※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料ですbr />

列品解説
11月16日(木)、11月30日(木)、12月7日(木) いずれも午前10時30分より
11月17日(金)、11月24日(金)、12月8日(金) いずれも午後6時より
主催 出光美術館、毎日新聞社
お問合せ先 ハローダイヤル (展覧会案内)
TEL:03-5777-8600
ホームページ http://www.idemitsu-museum.or.jp

イベント内容

spacer
書の流儀
美の継承と創意

   書を芸術として愛してきたわが国の伝統は、中国を模範として学んだ後、独自の世界観を育みました。各時代の知識人たちは「書く」ことに親しむ中で、書き方のルールを定めています。一方では、筆墨を使いこなす巧みさや字の姿の個性を競うこともありました。こうした伝統的な慣習は今なお変わらず、多様な美を認め、書の流儀を派生させ続けています。古来、書とはいかに受け継がれてきたのでしょうか。また各々の書き手の理想はどのように追及されてきたのでしょうか。素朴な疑問から鑑賞のポイントや流儀の特質にいたるまで、分かりやすい解説とともに約80件の優品を紹介する展覧会です。
   古筆では、高野切こうやぎれをはじめ、継色紙つぎしきし寸松庵色紙すんしょうあんしきしなど名筆のほか石山切を特集。また今年は後陽成ごようぜい天皇没後400年にあたり、桃山の華麗な作品も展示します。


石山切 伊勢集  伝 藤原公任 平安時代 出光美術館 重要美術品     継色紙  伝 小野道風 平安時代 出光美術館 重要文化財

招待券プレゼント

spacer
出光美術館展覧会「書の流儀Ⅱ―美の継承と創意」の招待券を、5組10名様にプレゼントします。
お申込みは、「件名.「出光美術館招待券応募」1.郵便番号 2.住所 3.氏名 4.連絡先(電話番号) 5.千代田区観光協会ホームページの感想 6.出光美術館招待券お申込みの旨」をご記入の上、千代田区観光協会(entry@kanko-chiyoda.jp)まで、メールをお送りください。応募締め切りは、2017年11月8日(水)迄です。
応募者多数の場合には、抽選の上、当選結果は招待券の発送をもってかえさせていただきます。ご了承ください。
spacer

チラシ

spacer

spacer

出光美術館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会