トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

【東京国立近代美術館】MOMAT コレクション 特集:東山魁夷

spacer
日時 2017年9月12日(火)~11月5日(日)
10:00~17:00 (金・土曜日は21:00まで。ただし、11月3日・4日は20:00まで)
 ※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日(ただし、9月18日、10月9日は開館)
場所 東京国立近代美術館 (北の丸公園3-1)
 所蔵作品展「MOMATコレクション」4-2F
アクセス

東西線「竹橋駅」1b出口・徒歩3分

観覧料 一般 500円 (400円) 大学生250円 (200円)
※( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
※高校生以下および18歳未満、65歳以上、障害者手帳をご提示の方とその付添者1名は無料。それぞれ入館の際、学生証、運転免許証等の年齢の分かるもの、障害者手帳等をご提示ください。
※5時から割引:金・土曜の17時以降は割引料金でご覧いただけます(一般300円、大学生150円)
【無料観覧日】 10月1日、11月3日・5日
主催 東京国立近代美術館
お問合せ先 TEL:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
ホームページ http://www.momat.go.jp/

イベント内容

spacer
所蔵作品展|MOMATコレクション
特集:東山魁夷

東山魁夷(1908-1999)は、皇居新宮殿の壁画や、唐招提寺御影堂の障壁画も手掛けた国民的人気を誇る日本画家です。東京国立近代美術館では東山本人から寄贈された作品を含め、本制作だけでも17点の作品が所蔵されています。今回の特集展示では、その17点すべてが公開されます。
展示作品は東山魁夷自身が風景に開眼した記念作だと語った《残照》(1947年)、前方にまっすぐ続く道だけを描いた《道》(1950年)、北欧旅行の印象をもとに構成したという《冬華》(1964年)など、人気の高い大作ばかりです。北欧主題、京都主題までを網羅し、東山魁夷のエッセンスがギュッと詰まった作品展です。

 
《残照》 1947年 紙本彩色  151.5×212.0cm    《道》 1950年 絹本彩色 134.4×102.2cm
また、1964年の日展会場で、東山《冬華》と隣り合って並び話題をさらった、杉山寧《穹》、髙山辰雄《穹》も併せて公開されます。当時の展示風景が展示室の一角で再現され、一層楽しむことができます。
《冬華》 1964年  紙本彩色  203.0×163.5cm


期間中はMOMATガイドスタッフによる所蔵品ガイドやツアー、キュレーターのトークなどのイベントも開催されます!
ガイド日程や展覧会の見どころなど、東京国立近代美術館ホームページをご覧ください。
http://www.momat.go.jp/
spacer

チラシ

spacer

spacer

東京国立近代美術館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会