トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

第15回 日比谷公園 丸の内音頭大盆踊り大会 (日比谷公園睦会商店会、実行委員会 主催)

spacer
日時

2017年8月25日(金)、26日(土) 18:00~21:00

場所 日比谷公園大噴水周辺特設会場
アクセス JR「有楽町駅」徒歩7分、JR「新橋駅」徒歩10分
地下鉄「日比谷駅」「霞ヶ関駅」徒歩2分
三田線「日比谷駅」「内幸町駅」徒歩3分
主催 日比谷公園睦会商店会
日比谷公園丸の内音頭大盆踊り大会実行委員会
お問合せ先 日比谷公園丸の内音頭大盆踊り大会 実行委員会事務局
TEL:03-3503-1561 (日比谷松本楼内)

イベント内容

spacer
超都心盆踊り!
丸の内音頭 飛び入り歓迎!!


【丸の内音頭大盆踊り大会とは】
不況風が吹く世相を景気づけようと、丸の内・有楽町・日比谷の商店主たちが、昭和7年に日比谷公園で盆踊り大会を開催し、このとき西条八十・中山晋平両氏に依頼し出来たものが「東京音頭」の元となった「丸の内音頭」でした。平成15年、時代は当時と同じく不況の中、かつての「丸の内音頭」の乱舞を再現して不景気風を吹き飛ばし、昔懐かしい縁日屋台の風景の先に、明日の活力を見出そうと、日比谷公園開園100年記念事業の一環として再開されたものがこの「日比谷公園丸の内音頭盆踊大会」です。
現在では、東京の都心で開催される唯一、盆踊り本来の姿を継承した愛着のある盆踊り大会として定着し、“夏の風物詩”となっています。

 【見どころ】
・「大盆踊り大会」の名のとおり、約40,000人が訪れ、ライトアップされた噴水を幾重もの輪が囲み、踊ります。
・盆踊り会場に隣接した第二花壇芝生広場に屋台のグルメが大集合!
・丸の内音頭の歌詞をプリントした手ぬぐいを一日限定1,000枚販売!手ぬぐいを購入した方は豪華賞品があたる抽選会に参加できます!


<過去の様子>
 
 

【ネコザメなどと触れ合えるコーナー!】
淡島マリンパークによるふれあい水槽を第二花壇・時計モニュメントそばに設置します!
ネコザメ・ひとで・うに・なまこなどの水棲動物に触れられます!
日時 8月26日 12:00~17:00
費用 無料
会場 日比谷公園第二花壇 時計モニュメントそば
条件 年齢制限なし
協力 株式会社淡島マリンパーク

 

spacer

チラシ

spacer

spacer

日比谷公園 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会