トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

【東京国立近代美術館】企画展「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」

spacer
日時 2017年7月19日(水)から10月29日(日)
10:00-17:00(金曜日、土曜日は10:00-21:00)
※入館時間は閉館30分前まで
休館日 月曜日 ※(9月18日、10月19日は開館)、9月19日、10月10日
場所 東京国立近代美術館 1階企画展ギャラリー 
(千代田区北の丸公園3-1)
アクセス 東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分
観覧料  一般  1,200円(900円)
 大学生 800円(500円)
 
※( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をご提示の方とその付添者1名は無料。それぞれ入館の際、学生証、運転免許証等の年齢の分かるもの、障害者手帳等をご提示ください。
※5時から割引:金・土曜の17時以降は割引料金でご覧いただけます(一般1,000円、大学生700円)
※リピーター割引:本展使用済み入場券をお持ちいただくと、2回目以降は特別料金でご覧いただけます。(一般500円、大学生250円)
※本展の観覧料で入館当日に限り、同時開催の所蔵作品展「MOMATコレクション」もご覧いただけます。
主催 東京国立近代美術館
お問合せ先 ハローダイヤル (展覧会案内)
TEL:03-5777-8600
ホームページ http://www.momat.go.jp/

イベント内容

spacer
日本の家1945年以降の建築と暮らし
The Japanese House : Architecture and Life after 1945


本展は日本の建築家56組による75件の住宅建築を、400点を超える模型、図面、写真、映像などを通して紹介する壮大な試みです。
時系列ではなくテーマごとの展示になっているので、「日本の家」の特徴を深く理解いただけます。
2016年秋からローマ、ロンドンを巡回し、いよいよ東京で開幕します。

本展のポイント
●テーマに分類して様々な視点から検証
日本の建築家56組による75件の日本の住宅建築を、400点を超す模型や手書きの図面、写真、映像などで紹介。時系列ではなく13のテーマに分類して展示することで、誰にとっても身近である家を時代性や社会性、立地環境や人と人とのつながりなど様々な視点から検証します。

●戦後に建築家が手掛けた住宅に焦点
日本の住宅建築を成立させる条件が大きく変わった戦後に焦点をあて、建築家が手がけた住宅をこれまでにない規模で展示。現在に至るまでの、建築家による日本の家の数々をご覧いただけます。

●取り上げる主な建築家
青木淳、アトリエ・ワン、安藤忠雄、石山修武、伊東豊雄、乾久美子、菊竹清訓、隈研吾、坂本一成、篠原一男、白井晟一、清家清、妹島和世、丹下健三、西沢立衛、長谷川逸子、長谷川豪、藤井博巳、藤本壮介、藤森照信、山本理顕、吉阪隆正、吉村順三、アントニン・レーモンドなど、日本の建築史に名を刻む建築家たちの作品を一挙展示

●展示室内には、中に入って体感できる実物大模型も
日本住宅建築の名作の一つで、ヴァルター・グロピウスに高く評価されたという逸話も残る《斎藤助教授の家》(清家清、1952年、現存せず)の原寸大の模型を、オリジナルの家具付きで制作します。

●ローマとロンドンで大好評だった展覧会! 本展は、2016年にローマのMAXXI(マキシ)国立21世紀美術館で、2017年3月にロンドンのバービカン・センターで開催され好評を博しました。2017年は本展をはじめ、建築展が日本国内でも多数開催。建築への注目が高まる1年です。

期間中には、ワークショップやトークショーなどのイベントが開催されます。
spacer

チラシ

spacer
「Design by Norio Nakamura」
spacer

東京国立近代美術館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会