トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

出光美術館「水墨の風―長谷川等伯と雪舟」

spacer
日時 2017年6月10日(土)~7月17日(月・祝)
10:00~17:00 (入館は16:30まで)
毎週金曜日は19:00まで(入館は18:30まで)
休館日 毎週月曜日 (ただし、7月17日は開館)
場所 出光美術館
(丸の内3-1-1 帝劇ビル9階 出光専用エレベーター9階)
アクセス JR「有楽町駅」国際フォーラム口・徒歩5分
有楽町線「有楽町駅」、三田線「日比谷駅」B3出口・徒歩3分
日比谷線、千代田線「日比谷駅」
有楽町線方面 地下連絡通路経由 B3出口・徒歩3分
入館料 一般1,000円/高・大生700円 (団体20名以上 各200円引)
中学生以下無料 (ただし保護者の同伴が必要です)
※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料です
主催 出光美術館、日本経済新聞社
お問合せ先 ハローダイヤル (展覧会案内)
TEL:03-5777-8600
ホームページ http://idemitsu-museum.or.jp/

イベント内容

spacer

 

   長谷川等伯と雪舟


 水墨画は無限の可能性を秘めた中国伝承の絵画表現です。しかし、その風趣に学んだ日本の画家たちが独自の表現美を獲得できたのは室町時代に至ってからでした。中国・明ではじめて本場の水墨表現に学んだ雪舟。その後大きな飛躍をとげた水墨画を日本人の感性にかなった表現にまで高めた等伯。本展では雪舟と等伯の優品を中心に、中国絵画の名品を交えつつ、その遺風に学んで全く異なる新風を興した彼らの創作意欲の源に迫ります。


破墨山水図 画・雪舟 賛・景徐周麟 室町時代 出光美術館

本展の見どころ


(1)水墨画の「風」を名品の数々で紹介!
本展では、東洋独自の絵画表現である水墨画の魅力を、「風」をキーワードに迫っていきます。「風」は「かぜ」と読めるのと同時に、「画風」「遺風」といった言葉からもわかるとおり、「流儀」や「様式」といった意味も含んでいます。今回は、出光美術館が所蔵する雪舟・長谷川等伯、そして選りすぐりの中国絵画の名品と、今回特別に出品される作品をまじえ、日本における水墨画がいかなる遺風にならい、いかなる新風を興したのかを、深く読み解いてゆく展覧会です。


(2)「雪舟」誕生を解き明かす!
日本の水墨画家として知らない人はない、室町時代の画僧・雪舟。画業の初期においては日本で重んじられた画法に則っていましたが、入明後、その画風を大きく転換させたといわれます。本展では「破墨山水図」や、雪舟筆の伝承を持つ「四季花鳥図屏風」らとともに、雪舟山水画のトレードマークともいえる“破墨”技法の源流となった玉澗ぎょくかん図や、雪舟が影響を受けた“浙派せっぱ”、 さらには雪舟に私淑した奇才として今注目が集まっている雪村せっそんの作品をあわせて紹介し、雪舟がいかに生まれ、後世にいかなる影響を生み出したのかをご覧いただけます。




山市晴嵐図 玉澗 中国 南宋時代末期~元時代初期 重要文化財 出光美術館 

(3)等伯の革新!その創造の源を追う!

雪舟五代を名乗り、独自の絵画表現を突き詰めた桃山時代の画師・長谷川等伯。水墨技法を駆使したその作品は、日本水墨画の最高峰とも称されます。とはいえその圧倒的なオリジナリティーは、伝統の存在なくして語ることはできません。本展では、その画風に大きな影響を与えた中国の画僧・牧𧮾もっけいの作品をはじめとする水墨花鳥画などとともに伝統を重んじつつさらなる飛躍を見せた等伯の画業に迫ります。



竹鶴図屏風(左隻) 長谷川等伯 桃山時代 出光美術館 ※展示期間:6月10日~25日

(4)室町水墨から大雅・玉堂まで!水墨画の競演!
雪舟・等伯という偉大な先駆者だけが、日本の水墨画の風を興したわけではありません。室町時代に大きく発展した水墨画は、さまざまな展開を見せてゆきます。さらに江戸時代に入ると、彼らの築き上げた基礎から、狩野派や、池大雅いけたいが浦上玉堂うらかみぎょくどうといった文人画にまで至る、新しく豊かな水墨表現が花開きます。時代の変遷とともに多様化する水墨画のさまざまな表情をぜひお楽しみください。

spacer

招待券プレゼント

spacer
出光美術館「水墨の風―長谷川等伯と雪舟」の招待券を、5組10名様にプレゼントします。
お申込みは、下記の項目をご記入の上、千代田区観光協会(entry@kanko-chiyoda.jp)まで、メールをお送りください。

件名「水墨の風―長谷川等伯と雪舟」
郵便番号
住所
氏名
連絡先(電話番号)
千代田区観光協会ホームページの感想
「水墨の風―長谷川等伯と雪舟」招待券お申込みの旨

応募締め切りは、2017年5月31日(金)迄です。応募者多数の場合には、抽選の上、当選結果は招待券の発送をもってかえさせていただきます。ご了承ください。
spacer

チラシ

spacer

spacer

出光美術館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会