トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

出光美術館「茶の湯のうつわ-和漢の世界」

spacer
日時 2017年4月15日(土)~6月4日(日)
10:00~17:00 (入館は16:30まで)
毎週金曜日は19:00まで(入館は18:30まで)
休館日 毎週月曜日
場所 出光美術館
(丸の内3-1-1 帝劇ビル9階 出光専用エレベーター9階)
アクセス JR「有楽町駅」国際フォーラム口・徒歩5分
有楽町線「有楽町駅」、三田線「日比谷駅」B3出口・徒歩3分
日比谷線、千代田線「日比谷駅」
有楽町線方面 地下連絡通路経由 B3出口・徒歩3分
入館料 一般1,000円/高・大生700円 (団体20名以上 各200円引)
中学生以下無料 (ただし保護者の同伴が必要です)
※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料です
主催 出光美術館、産経新聞社
お問合せ先 ハローダイヤル (展覧会案内)
TEL:03-5777-8600
ホームページ http://idemitsu-museum.or.jp/

イベント内容

spacer

 

茶の湯のうつわ

   ―和漢の世界


桃山時代に千利休らによって完成した茶の湯の世界は、江戸時代に入ると大名茶人による新たな茶の湯の方向性が生みだされ、さらに江戸時代後期には煎茶も流行します。これらの茶の湯の世界を彩ったのが京焼、国焼や肥前磁器です。また大名道具として唐物も重宝されました。つまりそこには和と漢の世界が融合しながら、茶の湯の美意識が成立しているのです。本展は、江戸時代の茶人が好んだうつわの美とその変遷をご紹介する展覧会です。


青磁下蕪花生
 中国 南宋時代 南宋官窯 鹿島家伝来 重要文化財 出光美術館
本展のみどころ

(1)出光美術館では、一楽、二萩、三唐津!
この春、東京では茶の湯に関する展覧会が目白押しです。出光美術館では「一楽 二萩 三唐津」に大注目。茶の湯の世界で上位3つに格付けられてきた和物茶碗をまとめてご覧いただけます。侘び茶の伝統を継承・革新してきた楽焼、高麗茶碗や織部スタイルなどを取り入れながら独自の様式を作り、公家や大名たちを魅了してきた萩焼、唐津焼。茶の湯のうつわのいろはと多彩な表情を満喫いただけます。


黒楽茶碗 銘 此花 道入(ノンコウ) 日本 江戸時代前期 水戸徳川家伝来 出光美術館

(2)江戸時代に流行した”和漢のうつわ”とは?!
江戸時代に入ると武家や公家の好みにあった国産のやきものづくりにくわえ、新たに中国景徳鎮窯などで茶人のためのうつわが作られ、日本に輸入されました。また時を同じくし、それまで伝来していた唐物も再評価され重宝されます。江戸時代の茶人たちは和漢のうつわを取り合わせて使うことで、茶の湯の空間を多彩に彩りました。本展では色彩美や鋭い造形感覚のうつわ、あるいは謎ときのような造形や文様で場をわかせるうつわなど、江戸の茶の湯を賑わせた和漢のうつわがもつ、一言では語れない魅力をお楽しみください。


色絵魚介文鮑形鉢 中国 明時代末期 景徳鎮窯 出光美術館

(3)大名家・豪商愛蔵の茶道具がズラリ
江戸時代に入ると大名にとって茶の湯は、教養・作法として習得されるべきものであり、将軍家をはじめ名だたる大名たちが茶の湯のうつわを所蔵していました。本展ではその後出光美術館の所蔵となった徳川家、前田家、伊達家などに伝来した茶道具のほか、初代館長・出光佐三の出身地である九州の福岡藩黒田家伝来の高麗茶碗や高取焼の名品などが紹介されます。また、紀州徳川家伝来の萩茶碗の名品や、展覧会での公開は初となる萩藩毛利家伝来の萩茶碗、弘前藩津軽家伝来の唐津茶碗など、館蔵品以外の名品も今回特別に展観されます。

(4)13年ぶりに公開。秘蔵『雲州蔵帳』とその美をみる
江戸時代後期の大名茶人で、出雲松江藩の七代藩主・松平不昧(1751~1818)が蒐集・所蔵していた茶道具の蔵帳『雲州蔵帳』を13年ぶりに公開。出光美術館蔵の『雲州蔵帳』は、オリジナルの6分冊と、昭和13年に松平直亮が帝室博物館(現・東京国立博物館)に茶道具名品14点を献納後に、この目録を再編集した目録も添っており、非常に貴重な史料です。本展では、『雲州蔵帳』記載の館蔵品、関連作品もあわせて紹介されます。大名所蔵の茶道具・宝物の一端をのぞくことができるでしょう。


spacer

チラシ

spacer

spacer

出光美術館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会