トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

【東京国立近代美術館】所蔵作品展「MOMATコレクション」

spacer
日時 2017年2月18日(土)-5月21日(日)
前期:2017年2月18日(土)-4月16日(日) 後期:2017年4月18日(火)-5月21日(日)
10:00-17:00(金曜日、土曜日は10:00-20:00) 「美術館の春まつり」期間中 3月25日(土)~4月9日(日)の金曜日、土曜日は21時まで
※入館時間は閉館30分前まで
休館日 月曜日[ただし3月20日、27日、4月3日、5月1日は開館]、3月21日(火)
場所 東京国立近代美術館 本館所蔵品ギャラリー(4F-2F) 
(千代田区北の丸公園3-1)
アクセス 東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分
観覧料  一般 430円(220円)
 大学生 130円(70円)
 
※( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
※高校生以下および18歳未満、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料。 
※それぞれ入館の際、学生証、運転免許証等の年齢の分かるもの、障害者手帳等をご提示ください。
※お得な観覧券「MOMATパスポート」でご観覧いただけます。
※キャンパスメンバーズ加入校の学生・教職員は学生証または教職員証の提示でご観覧いただけます。
※「友の会MOMATサポーターズ」、「賛助会MOMATメンバーズ」会員の方は、会員証のご提示でご観覧いただけます。
※「MOMAT支援サークル」のパートナー企業の皆様は、社員証のご提示でご観覧いただけます。(同伴者1名迄。シルバー会員は本人のみ)
※本展の観覧料で、当日に限り、「マルセル・ブロイヤーの家具: Improvement for good」(3月3日~5月7日 2F、ギャラリー4)もご観覧いただけます。
無料観覧日 3月5日(日)、4月2日(日)、5月7日(日)、5月18日(木・国際博物館の日)
主催 東京国立近代美術館
お問合せ先 ハローダイヤル (展覧会案内)
TEL:03-5777-8600
ホームページ http://www.momat.go.jp/

イベント内容

spacer

所蔵作品展「MOMAT コレクション」


今年も、千鳥ヶ淵の桜が美しい季節を迎えます。これにあわせて、前期(2月18日~4月16日)には川合玉堂《行く春》をはじめ、桜を描いた名作が、みなさんをお迎えします。後期(4月18日~5月21日)も加山又造《春秋波濤》など、見逃せない作品ばかりです。

それだけではありません。個人の特集も充実です。4階4室では山本鼎を、3階6室では藤田嗣治を、7室では長谷川潔と浜口陽三を、9室では植田正治を、そして10室では長谷川利行を特集します。

一方、4階5室は当館の所蔵する西洋近代美術の特集です。日本への影響関係を知るためにも、コレクションに欠かせないこれらの作品に、あらためてご注目ください。 さらに、1階で開催の企画展「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」に関連した小特集を、3階8室で行います。樂の茶碗と、当館コレクションの戦後抽象絵画との間に、深いところで響き合うものを感じ取れるはずです。

それでは、MOMATですてきな春の一日を、ごゆっくりお楽しみください。



川合玉堂《行く春》 1916(大正5)年 重要文化財 (展示期間:4月16日まで)


詳しくは→http://www.momat.go.jp/am/exhibition/permanent20170218/
spacer

東京国立近代美術館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会