トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

三の丸尚蔵館 第75回展覧会「寿ぎの品々を読み解く」

spacer
期間
平成29年1月7日(土)~3月12日(日)
           前期:1月7日(土)~2月5日(日)
           後期:2月11日(土)~3月12日(日)
場所 三の丸尚蔵館
休館日
毎週月・金曜日,展示替の期間
ただし,1月9日(月・祝)は開館し,1月10日(火)は休館いたします。
開館時間 1月7日(土)~2月28日(火)
    午前9時~午後3時45分(入館は午後3時30分まで)
3月1日(水)~3月12日(日)
    午前9時~午後4時15分(入館は午後4時まで)
宮内庁ホームページ http://www.kunaicho.go.jp/event/sannomaru/tenrankai75.html

イベント内容

spacer

「寿ぎの品々を読み解く」

 明治期以降,皇室の御慶事に際しては,各方面からお祝いの品としてめでた尽くしの掛軸や置物など,美術品の数々が献上され,現在,その一部が当館に引き継がれています。本展では,これらの品々に示された伝統的な吉祥の主題が,新しい時代の感覚によってどのように表現されたか,その造形美に注目して紹介します。

 その中でも鶴と亀,松の取り合わせは,蓬萊模様,蓬萊図などと呼ばれ,祝儀の品には欠かせない主題です。これは,もとは古代中国の神仙思想において,不老長寿がかなう場所である蓬萊山を描いた図様から発展してきたものです。伝統的な蓬萊山図を,近代の画家たちがどのように解釈して描いたのか,横山大観をはじめとする画家たちの試みを見ていきます。

 また,近代ならではの表現として,社頭図(しゃとうず)があります。古くは寺社の境内を俯瞰図としてとらえ,これを身近に飾ることで参詣の代わりとしたものが社頭図ですが,名所を描いた名所絵と結びついて新たに展開していきます。大正期の作品では,境内の風景を画面に切り取ってめでたき景観として描き,花瓶や刺繍屏風にまでその景観が表されました。

 このほか,神の使いとされた鹿や鳩,烏などの動物が表された品々,長寿の象徴である寿老人や霊芝の置物,高砂図を紹介します。

 これらの品々に込められた健康と長寿,夫婦愛など,さまざまな寿ぎの意味を読み解きながら,その造形をお楽しみ下さい。

 


spacer

三の丸尚蔵館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会