トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

【日比谷図書文化館】発掘された大名屋敷-殿様と勤番武士のくらし-

spacer
日時 2016年12月5日(月)~2月5日(日)
平日 10:00~20:00
土 10:00~19:00
日・祝 10:00~17:00
休館日 12月19日(月)
年末年始:12月29日(木)~1月3日(火)
1月16日(月)
場所 日比谷図書文化館
(千代田区日比谷公園1番4号)
アクセス 東京メトロ 丸の内線・日比谷線「霞ヶ関駅」
  B2出口より徒歩約3分
都営地下鉄 三田線「内幸町駅」
  A7出口より徒歩約3分
東京メトロ 千代田線「霞ヶ関駅」
  C4出口より徒歩約3分
JR 新橋駅 日比谷口より 徒歩約10分
入場料
無料(展示図録は400円で販売)
お問合せ先 千代田区立日比谷図書文化館 文化財事務室
TEL:03-3502-3348

イベント内容

spacer
日比谷図書文化館開館5周年記念
平成28年度文化財特別展

発掘された大名屋敷
-殿様と勤番武士のくらし-


江戸は、慶長8年(1603年)の開府以来、天下の府として全国の大名屋敷が置かれ、参勤交代によって多くの人々が居住することとなりました。その後、江戸の経済は全国の大名によって支えられ、百万都市へと発展し続けます。江戸城郭内であった千代田区内には、徳川御三家や幕政を担った譜代大名、外様大名の屋敷がありました。
今回の特別展では出土遺物や図面、文献資料などの屋敷に関わる資料を展示し、大名屋敷での暮らしぶりを紹介します。

◆特別展関連講座
■発掘された大名屋敷
遺跡発掘調査成果をひもときながら、屋敷に住んだ殿様や勤番武士の暮らしぶりを解き明かします。

日時:12月16日(金) 午後7時~午後8時30分
講師:後藤宏樹氏(日比谷図書文化館文化財事務室 学芸員)
場所:日比谷図書文化館 小ホール(4階)
定員:60名
資料代:500円
締切:12月7日(水)[消印有効]

■有楽町一丁目遺跡発掘部材から見る江戸初期・大名屋敷の華やかさ
大名小路にあった松平藤井家の屋敷から発見された金箔の部材から、屋敷の華やかさを解き明かします。

日時:1月11日(水) 午後7時~午後8時30分
講師:波多野純氏(日本工業大学教授)
場所:日比谷図書文化館 大ホール(地下)
定員:180名
資料代:500円
締切:12月27日(火)
[消印有効]

■江戸勤番武士の生活と実態
庄内藩酒井家上屋敷の歴史資料から解明された、勤番武士のくらしを紹介します。

日時:1月18日(水) 午後7時~午後8時30分
講師:岩淵令治氏(学習院女子大学教授)
場所:日比谷図書文化館 小ホール(4階)
定員:60名
資料代:500円
締切:1月6日(金)
[消印有効]


関連講座お申込み方法
往復はがきに、①講座名、②氏名、③郵便番号・住所、④電話番号、⑤年齢を記入の上、
〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-4 日比谷図書文化館 文化財事務室へ郵送してください。
※応募者多数の場合は抽選となります。(千代田区民優先)
spacer

チラシ

spacer

spacer

日比谷図書文化館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会