トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

TRANS ARTS TOKYO 2016 (実行委員会 主催)

spacer

日時 2016年10月15日(土)~30日(日)
場所 五十通りエリア(神田錦町2・3丁目、神田小川町3丁目)
 一八通りエリア(神田美土代町、司町、多町)
旧東京電機大学跡地(千代田区神田錦町2-2)
ワテラス(千代田区神田淡路町2-101)
司3331(千代田区神田司町2-192-2)
 アーツ千代田 3331(千代田区外神田6-11-14)
カフェ&和酒N3331(千代田区神田須田町1-25-4)
主催 TRANS ARTS TOKYO 2016実行委員会
お問合せ先 一般社団法人非営利芸術活動団体コマンドN (事務局)
TEL:03-3518-9101
ホームページ http://www.kanda-tat.com/

イベント内容

spacer
TRANS ARTS TOKYO 2016 UP TOKYO

都市の様々な空間を活用したクロスジャンルなアートプロジェクト「TRANS ARTS TOKYO」は、2016年で5回目の節目を迎え、新たな地平を目指します。 2020年からその先へ「東京」はどうなっていくのでしょうか。   その鍵を握る街は、江戸から明治の近代を牽引してきた、上野、谷根千、本郷、湯島、神保町、神田、文化資源としての佇まいを残す伝統の街なのではないかと思うのです。このエリアを今後の東京を担う場所として、東京の上の方”UP TOKYO”と呼んでいます。 2016年から先、TRANS ARTS TOKYOは、この”UP TOKYO”へとその視野を広げていきたいと思っています。   今年は、旧東京電機大学跡地としての最後の年となるとともに、本格的に街に広がりコミュニティに根ざす様々なプロジェクトを進める年となります。   東京神田の街が様々なイベントで賑わう秋、今年も様々な人と人が混ざり合い、新しい東京のクリエイティビティと魅力を引き出す「TRANS ARTS TOKYO」をぜひご体感ください。

①五十一八クリエイティブ・プロジェクト
神田の町かど発のプロジェクト!!

五十通り・一八通りエリア
10月15日(土)~10月30日(日) ※(B)アート縁日、(C)アーティスト山車は10月29日(土)のみ
“五十(ごとう)通り”“一八(いっぱち)通り”周辺地域と、様々なクリエイター達との連携によるクリエイティブプロジェクト!!


(A)店舗展示
神田のまちにクリエイティブの芽が息づく

■会場:五十通り、一八通り周辺の店舗
■日程:10月15日(土)〜10月30日(日)
※日時は店舗により異なる
■入場料:無料(一部、入店の際に1オーダー制)
内容:街の中や、店舗内に作品を展示し、街を巡り、知ってもらうこと。そして街の人たちと、そこに活動の拠点を作っていくクリエイターが新たな地域の魅力を創出します。今年は30名以上の作家と30名以上の店舗が参加。
■参加作家:あいそ桃か、阿児つばさ、池田嘉人、岩岡純子、オオトモクミコ、鬼頭志帆、コバヤシ麻衣子、神馬啓佑、図師雅人、髙倉吉規、谷口暁彦、藤林悠、藤本正平、Hogalee、ミルク倉庫+ココナッツ、ucnv、吉原航平、李漢強 ほか随時発表

(B)アート縁日
町と人の「過去・現在・未来」が交錯するオルタナティブ縁日!!

会場:五十通り周辺(神田錦町、神田小川町三丁目)
日程:10月29日(土)14:00-19:00(予定)
 ※荒天中止、雨天決行
入場料:無料
内容:かつて「五と十」のつく日に縁日を行っていた「五十(ごとう)通り」で再び縁日を復活させます。五十通りの地域の人々と、様々なジャンルのクリエイターとの連携による“アート縁日”を開催。29日には、アーティストによるオリジナルの山車(だし)が登場!これにアーティスト屋台、LIVEパフォーマンスなど様々な催しが重なり、一大パレードへと発展も!?町に生きる人々やクリエイター達とともにここならではの縁日を楽しむ2日間。かつての街の記憶を共有し、そして新たな街の未来を共に描いていきます。

(C)アーティスト山車
こんな山車は見たことない!

■会場:五十通り周辺
日程:10月29日(土)16:00〜18:00(予定)
※荒天中止、雨天決行
■入場料:無料
内容:TAT2015では『ビルを着る!』というファッションの新解釈を披露したファッションデザイナー津村耕佑によるオリジナル山車「夢夢神社」、神田に拠点を構える若手建築家、若林拓哉とつばめ舎建築設計による「流しそうめん山車」など、ユニークなアーティスト山車が出現。

(D)池田晶紀ポートレイトプロジェクト
五十通りと一八通りの人々が「私はここにいる」と語りかける
■会場:
五十通り、一八通り周辺の店舗、ビルなど
■日程:
10月15日(土)〜10月30日(日)
■入場料:
無料
■内容:
TAT初年度、2012年から継続しているプロジェクトであり、「TRANS ARTS TOKYO」がコミュニティに根ざしたものでもあることを最も色濃く示す、”TATの顔”的なプロジェクトです。今年はついに100組の大台に近づきます。数字が2つ付く通り、五十通り一八通りに焦点を当て、この街で生きる人びとを撮影。お店の店内や軒先など、モデルとなった人々が”生きる場所”での展示を展開します。さらに、今年はその姿をビルや店舗の壁面などに大きく展示。会期中、神田の街が大きな神田っ子たちであふれます。

(E)front and end
ビルの最後の瞬間にアーティストたちがとる表現方法とは

会場:五十通り沿いのビル(4棟、計10フロア以上)
日程:10月15日(土)〜10月30日(日)
月〜金 12:00〜17:00
土日祝 11:00〜17:00
※会場には照明がありません。特に夕方は足元にお気をつけください。
入場料:無料
内容:ビルが建ち、使われ、時期が来て壊されていく、都市の新陳代謝の流れの最後の時を迎え、街がダイナミックに変わっていく過渡期の間隙を縫って、都市の隙間に新たな表現を刻みます。もはや電気、水道等、インフラも遮断されたコンクリートの箱を前にして、我々は一体何ができるのか、ノーエネルギーで作品を作り展示することは、実は都市空間を最も贅沢に使うことになるのかもしれません。アーティストによるそれぞれのチャレンジを見届けてください。
参加作家:伊藤桂司、岩井優、小田島等、鰹とニメイ、金谷裕子、栗原良彰、構想計画所、最高記念室(水野健一郎、高松徳男、足立拓人、堀田知聖)、サマタマサト、たかくらかずき、太公良、遠山敦、とんぼせんせい、中村穣二、西村雄輔、久村卓、美学校、マジック・コバヤシ、millitsuka、村山修二郎、渡部剛、WISH LESS gallery 他

②大江戸ビール祭り2016
日本最大級のクラフトビールフェスティバル、今年も開催!

会場:旧東京電機大学跡地
日程:【第1週】10月19日(水)〜10月23日(日)【第2週】10月26日(水)〜10月30日(日)
入場料:無料
時間
【第1週】19日(水)16:00〜22:00/20日(木)11:00〜22:00/21日(金)11:00〜22:00/22日(土)11:00〜22:00/23日(日)11:00〜20:00 (時間の変更可能性あり)
【第2週】26日(水)16:00〜22:00/27日(木)13:00〜22:00/28日(金)13:00〜22:00/29日(土)11:00〜22:00/30日(日)11:00〜20:00
内容:入場料無料で一杯300円から国内外各地100種類以上のクラフトビールが楽しめる日本最大級のクラフトビールイベントが今年も旧東京電機大学跡地にて開催します。この会場で開催できるのは本当に今年が最後です! 是非ご来場お待ちしております。
主催:株式会社東京クラフトビールマニア
※お問い合わせは主催団体へお願いします。

③UP TOKYO TRANS-SESSION!!!
“UP TOKYO”エリア 半径2km圏内をつなげ合わせるプロジェクト始動!

会場:アーツ千代田 3331 1Fラウンジ
日程
「“UP TOKYO”エリアの社寺会堂(仮)」:10月19日(水)19:00-20:30     
「コーヒーの視点から“UP TOKYO”エリアを見る(仮)」:未定
入場料:無料
内容:“UP TOKYO”エリアで活動するキーパーソンたちによる座談会!会期中、様々なテーマを設定し開催します。テーマのひとつめの「“UP TOKYO”エリアの社寺会堂(仮)」では、東京文化資源会議との連動で世界の宗教施設が集積するこのエリアが持つ意義や可能性について考えます。そしてふたつめの「コーヒーの視点から“UP TOKYO”エリアを見る(仮)」では、コーヒー文化の視点から“UP TOKYO”エリアに注目。ふたつのテーマを通じ、“UP TOKYO”エリアの今後の可能性を考えていきます。
④100 colors / WATERRAS
100色がワテラスを彩る

会場:ワテラス(ワテラスコモン2Fギャラリー/淡路公園)
日程:10月15日(土)〜10月30日(日)
時間:ワテラスコモン2F ギャラリー:平日・土11:00〜20:00/日・祝11:00〜18:00
    淡路公園:屋外展示のため、終日ご覧いただけます
入場料:無料
内容:東京在住20年、2003年から神田に事務所を構えるフランス人建築家・デザイナー、エマニュエル・ムホーによるインスタレーションが満を持して神田の地にて実現。100 colorsの新作を屋外と屋内で同時展開。ワテラスが色彩の海へと変わります。

⑤アーバンキャンプトーキョー 2016
東京・神田のど真ん中でキャンプする2日間!

会場:旧東京電機大学跡地
日程:10月15日(土)〜10月16日(日)
時間:チェックイン 午前12:00/チェックアウト 午前10:00〜12:00
宿泊料金:大人(中学生以上)1,500円、小学生500円
※チケット発売開始
内容:好評のアーバンキャンプも3年目を迎えました。東京のど真ん中、約3000平米のビル跡地に2日間出現する都市の中のキャンプ場。豊かな自然の代わりに神田ならではの魅力的なコンテンツや、ここで展開されるイベントを、テントをはり宿泊しながら楽しむことができます。非日常の時間をあなたも過ごしてみませんか?宿泊している間、皆さんはひとときの“東京・神田住民”となります。

チケット販売詳細、参加方法は特設サイトにて随時公開
http://www.mosaki.com/uc/

■主催:アーバンキャンプ実行委員会
お問い合わせは主催団体へお願いします。
spacer

旧東京電機大学跡地 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会