トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

革新の工芸 ―”伝統と前衛”、そして現代ー(東京国立近代美術館工芸館)

spacer
日時 2016年9月17日(土)~12月4日(日)
10:00~17:00 (入館は閉館30分前まで)
休館日 月曜日(ただし、9月19日、10月10日は開館)、9月20日(火)、10月11日(火)
場所 東京国立近代美術館工芸館 (北の丸公園1-1)
アクセス

東西線「竹橋駅」1b出口・徒歩8分

観覧料 一般550円(350円)、大学生350円(150円)
※( )内は20名以上の団体料金、いずれも消費税込。
※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方と
その付添者(1名)は無料。
※それぞれ入館の際、学生証、運転免許証等の年齢のわかるもの、
障害者手帳をご提示ください。
【無料観覧日】11月3日(木・祝)文化の日
主催 東京国立近代美術館
お問合せ先 TEL:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
ホームページ http://www.momat.go.jp/

イベント内容

spacer
革新の工芸 ―”伝統と前衛”、そして現代ー

富本憲吉や松田権六ら「先駆者」が築いた、日本工芸の戦後の基盤である“伝統”は、昭和30年代頃、それを受け継いだ岡部嶺男らによる“伝統の工芸”と、オブジェ焼の八木一夫らの“前衛的な工芸”へと展開され、新世代の作家によって「革新」ともいうべきあらたな局面が生まれました。

本展では、その先人たちの芸術を新たな感覚で吸収した「現代」の工芸に焦点をあて、十四代今泉今右衛門や室瀬和美、草間喆雄や八木明ら、国内外で活躍する現代作家の多様な作品を紹介します。古典的な様式美や、伝承のわざによって確立された美しさの中に、新たな素材や、独自の技法を取り入れたその作品を通じて、日本の文化を豊かに彩る現代の工芸の様相を探ります。

会場では、メインとなる「伝統の現代」と「現代の造形」の2章を、前述の「先駆者」「革新」の2章と対照しながら、陶磁、漆芸、金工を中心に、83名の作家の作品約120点を紹介します。
spacer

チラシ

spacer
spacer

東京国立近代美術館工芸館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会