トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

【しょうけい館】夏の企画展「戦傷病者の労苦のそばで”白衣の天使”と呼ばれた従軍看護婦たち」

spacer
日時 2016年7月20日(水)~9月11日(日)
10:00~17:30 (入館は17:00まで)
休館日 毎週月曜日(祝日は開館・翌平日は閉館)
場所 しょうけい館 -戦傷病者史料館-
(九段南1-5-13 ツカキスクエア九段下)
アクセス 半蔵門線、東西線、新宿線「九段下駅」6番出口
料金 無料
主催 しょうけい館 (戦傷病者史料館)
お問合せ先 しょうけい館事務局
TEL:03-3234-7821
ホームページ http://www.shokeikan.go.jp/

イベント内容

spacer
夏の企画展
夫とともに歩んだ道





 戦傷病者の労苦を語る上で、彼らを支え続けてきた妻たちの存在は欠かせません。戦傷病者の妻たちは、何かしらの不自由を抱えて生活する夫の目となり手足となって支え、苦難を乗り越えてきました。一部の重症者を除いて恩給が途絶えた戦後の混乱期には、苦しい家計を支えるために一家の稼ぎ手となって働いた人もいます。そんな中、精神的にも肉体的にも過酷な状況を、自らの手で変えようという動きが起こります。それが“傷痍軍人妻の会”でした。妻の会を通じて、同じ境遇にある人々との交流を深め、また恩給増加を国に訴えたりするなど社会運動の参加にまで及びました。
  苦境にあっても不自由な夫を常に励まし、強く生き抜いてきた妻たちの労苦を、傷痍軍人妻の会の資料と証言者の関連資料をもとにお伝えします。

期間中は、学芸員による展示資料の解説も予定しています。詳細は、別添の「平成28年夏の企画展」をご参照ください。
■関連イベント■

【DVD上映会】
日時:     会期中毎日 10:00~17:00
場所:     千代田区役所1階区民ホール
その他:  鑑賞自由・無料
 
【フロアレクチャー】
学芸員が企画展の展示解説をします。
日時:     7月29日(土)、8月12日(土)、9月9日(土)の14:30より約30分
場所:     しょうけい館1階 その他:     当日参加自由・無料


spacer

しょうけい館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会