トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

【東京国立近代美術館】声ノマ 全身詩人、吉増剛造展

spacer
日時 2016年6月7日(火)~8月7日(日)
10:00~17:00 (金曜日は20:00まで)
※入館は閉館30分前まで
休館日 月曜日(ただし7月18日は開館)、7月19日(火)
場所 東京国立近代美術館
(千代田区北の丸公園3-1)
アクセス 東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分
観覧料 一般1000(800)円/大学生500(400)円

※( )内は20名以上の団体料金およびキャンパスメンバーズ特典料金。いずれも消費税込。
※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。
主催 東京国立近代美術館
お問合せ先 ハローダイヤル
TEL:03-5777-8600
ホームページ
http://www.momat.go.jp/am/exhibition/yoshimasu-gozo/

イベント内容

spacer

声ノマ
全身詩人、吉増剛造展

《わたしたちはだれもが優れた楽器なのだ》 制作年不詳 Ⓒ Gozo Yoshimasu

本展は日本を代表する詩人、吉増剛造(1939 ‒)の約50 年におよぶ止まらぬ創作活動を美述館で紹介する意欲的な試みです。
東日本大震災以降書き続けられている〈怪物君〉と題されたドローイングのような自筆原稿数百枚のほか、映像、写真、オブジェ、録音した自らの声など様々な作品や資料を一挙公開します。
大友良英(音楽家)とのコラボレーションによるパフォーマンス、ジョナス・メカス(映画監督)作品上映など、イベントも多く開催する本展は、「詩人」の枠を飛び越えた、吉増ならではの多様性あふれる形態で、聴覚・触覚をも刺激する、体感する展覧会です。「言葉」の持つ力、豊かさを体験してください。


…… 「声ノマ」とは          
詩人である吉増は、しばしば漢字をカタカナ(音)に置き換えることで、言葉(声)が本来もっていた多義性を回復させます。展覧会タイトルとなっている「声ノマ」の「マ」には、魔、間、真、目、待、蒔、磨、交、舞、摩、増など様々な意味が込められています。

 

 ……   声や音を空間にあふれさせる        
会場に入ると、壁をなるべく立てず、布でゆるく仕切った7つの部屋が広がり、声や音が空間にあふれていきます。そしてその奥には、パフォーマンスや映像をみせるシアタースペース。計8つのタイプの異なる空間から展覧会は構成されます。

会場構成

1. 日記 [ note ]…22歳の頃から2011年まで

吉増は日記魔でもあります。この展覧会では、詩人としてデビューする前の1961年(22歳)頃から2011年までの日記を公開します。詩のメモや、まるで水彩のような色使いがされたスケジュール表など、吉増ならではの日記帳です。

 〈日記〉より 1961-64年 Photo: Kioku Keizo

2. 写真 [ photo ]…多重露光写真を中心に 

1994年(55歳)頃から制作開始された、多重露光写真を中心に展示します。ちなみに吉増が撮影を始めたのは、10歳で中古のミノルタカメラを買ってもらった時でした。

 

3. 銅板 [ copper ]…文字を銅板に打刻したもの

若林奮(彫刻家)が送る銅板に文字を打刻した、オブジェのような作品を展示します。1989年(50歳)に始まったこの作品形態は、さらに発展して、長さ5メートルにもなる作品となりました。

 《沖縄の炭坑夫さん》 制作年不詳 Photo: Kioku Keizo Ⓒ Gozo Yoshimasu

4. 声ノート [ voice note ]…録音した自らの声

日常や旅先など、吉増が30代からライフワークとして、あらゆる場面で録音した自らの声のカセットテープは数百本におよびます。それらアーカイブから選りすぐった「声」を、各々が自由に聞くことができる空間です。他の詩人の朗読などを含むと、千本を超えるテープのコレクションも展示します。

 〈声ノート〉より「父の死」 1987-88年 Photo: Kioku Keizo

5. 原稿・メモ [ autograph ]…吉増に影響を与えた3人の原稿

びっしりと書かれた吉増の原稿とともに、1977年(38歳)頃から交流が始まった親友、中上健次(作家)の集計用紙に書かれた原稿、自分で罫線を引いて書いた吉本隆明(評論家)の詩の原稿、龍安寺の石庭にインスピレーションを得たジョン・ケージ(作曲家)のドローイングなど、吉増が影響を受けた3人の原稿を紹介します。

 

6. 映像 [ gozoCiné ]…吉増版ロードムーヴィー

2006年(67歳)に誕生した、無編集を基本とする吉増版ロードムーヴィーは、「gozoCiné」( ゴーゾーシネ ) と命名され、今日に至るまで吉増のライフワークのひとつに加わります。厳選した約10本をスクリーニングします。



7. 怪物君 [ drawing ]…自筆生原稿

2012年(73歳)、東日本大震災の後から書き続けられた長編詩〈怪物君〉のための、数百枚におよぶ自筆生原稿を紹介します。一般的な詩の生原稿を大きく逸脱した、ドローイングとも、水彩とも、コラージュとも、パフォーマンスの結果とも呼べる、触感あふれる原稿です。

 〈怪物君〉を制作する吉増剛造 2015年 Photo: Kioku Keizo

8. シアタースペース [ theater ]

吉増が釧路で行った舞踏家の大野一雄とのパフォーマンスを映像で紹介するほか、「音とのコラボレーション」として大友良英、空間現代と吉増がパフォーマンスを行うなど、身体性の高い創作活動を体験するためのスペースです。



詳しくは東京国立近代美術館HPへ
⇒ 

http://www.momat.go.jp/am/exhibition/yoshimasu-gozo/



spacer

チラシ

spacer

spacer

東京国立近代美術館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会