トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

第63回企画展 書と出逢うとき(相田みつを美術館主催)

spacer
日時 2016年3月15日(火)~2016年6月12日(日)
10:00~17:30 (入館は17:00まで)
休館日 月曜日 ※但し、3月21日、5月2日は休まず開館。
場所 相田みつを美術館 (丸の内3-5-1 東京国際フォーラム 地下1階)
アクセス JR「有楽町駅」国際フォーラム口・徒歩3分
JR「東京駅」丸の内南口・徒歩5分 京葉線と地下1階コンコースにて連絡(4番出口)
有楽町線「有楽町駅」徒歩3分 地下1階コンコースにて連絡(D5出口)
日比谷線「日比谷駅」徒歩5分、「銀座駅」徒歩5分
千代田線「二重橋前駅」徒歩5分、「日比谷駅」徒歩7分
丸ノ内線「東京駅」徒歩5分、「銀座駅」徒歩5分
銀座線「銀座駅」徒歩7分、「京橋駅」徒歩7分
三田線「日比谷駅」徒歩5分
入館料 一般・大学生800円/中・高校生500円/小学生200円(未就学児 無料)/70歳以上500円
5月5日こどもの日は、小中高生は入館無料。
※障がいのある方及び付き添い者は無料(手帳の提示)
※団体割引有り
※ミュージアムショップは入場無料
主催 相田みつを美術館
お問合せ先

相田みつを美術館
電話:03-6212-3200 (代表)

ホームページ http://www.mitsuo.co.jp/

イベント内容

spacer
第63回企画展 書と出逢うとき


「書には、それを書いた人間の
全てが出てしまう。
だから怖い」

そう口癖のように相田みつをは言っておりました。
幼い頃から字を書くことが好きだった相田みつをは、旧制中学時代に書の世界に興味をもつようになります。そして卒業後に本格的な勉強を始めます。
10代、20代は、書の伝統を身につけるための修行時代でした。
その後、30歳頃から「自分の言葉・自分の書」をテーマに独自の道を歩むようになるのです。
当館は、2016(平成28)年9月に開館20年を迎えます。
本展は、それに向けた「出逢いをめぐる3つの企画展」の第2弾です。
初期習作から壮年期、晩年に至るまでの変遷を辿りながら、相田みつをにとって書とは何だったのかを改めて考える企画展です。

企画内容一部ご紹介!

【館長 相田一人のトークイベント】
息子の視点から、父相田みつをについてお話します。
◎ミュージアムセミナー「父のプロ意識」
3/19(土)18:45~約1時間
会場:当館第5展示室
料金/1000円(お飲み物付) ※円融会会員の方は無料。一般・悠遊会会員の方は1000円。

◎作品解説 新シリーズ
「なるほど!なっとく!相田みつを」
3/15(火)、3/20(日)、4/3(日)、4/13(水)、4/21(木)、5/21(土)、5/27(金)
各日15:00~(約15分)



spacer

チラシ

spacer

spacer

招待券プレゼント

spacer
相田みつを美術館“第63回企画展 書と出逢うとき”の招待券を、4組8名様にプレゼントします。
お申込みは、「1.郵便番号 2.住所 3.氏名 4.連絡先(電話番号) 5.千代田区観光協会ホームページの感想(ご意見) 6.相田みつを美術館招待券お申込みの旨」をご記入の上、千代田区観光協会(entry@kanko-chiyoda.jp)まで、メールをお送りください。応募締め切りは、2016年2月27日(土)です。
応募者多数の場合には、抽選の上、当選結果は招待券の発送をもって代えさせていただきます。ご了承ください。
spacer

相田みつを美術館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会