トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

【三菱一号館美術館】PARIS オートクチュール—世界に一つだけの服-

spacer
日時 2016年3月4日(金)~2016年5月22日(日)
10:00~18:00 (祝日を除く金曜、会期最終週平日は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜休館 (但し、祝日の場合、5月2日、16日開館)
場所 三菱一号館美術館 (丸の内2-6-2)
アクセス JR「東京駅」丸の内南口・徒歩5分
JR「有楽町駅」国際フォーラム口・徒歩6分
千代田線「二重橋前駅」1番出口・徒歩3分
三田線「日比谷駅」B7番出口・徒歩3分
入館料 前売券:一般/1,500円
※大学生以下、ペア(一般)は前売券の設定はありません。
※ローソン、チケットぴあ、セブンチケット、イープラス、ちけっとぽーと関東各店にて3月3日まで販売。

当日券:一般/1,700円、高校・大学生/1,000円、小中学生/500円
主催 三菱一号館美術館、日本テレビ放送網、ガリエラ宮パリ市立モード美術館、パリ・ミュゼ
お問合せ先 三菱一号館美術館
TEL:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
ホームページ http://mimt.jp/paris-hc/

イベント内容

spacer

PARIS
オートクチュール
世界に一つだけの服

芸術は、着れる。


クリスチャン・ラクロワ  イヴニング・アンサンブル《クー・ド・ルーリ》

1991年秋冬      ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵

© Katerina Jebb @ mfilomeno.com




19世紀後半のパリで誕生したオートクチュール(Haute=「高い」「高級」・Couture=「縫製」「仕立て」の意)は、パリ・クチュール組合の承認する数少ないブランドにより、顧客の注文に合わせてデザイナー主導で仕立てる高級服として知られています。

本展は、オートクチュールの始まりから現代に至る歴史を概観するもので、パリ・モードの殿堂―ガリエラ宮パリ市立モード美術館館長オリヴィエ・サイヤール氏監修のもと、2013年にパリ市庁舎で開催され、好評を博した展覧会を当館に合わせ再構成されたものです。

シャネル、クリスチャン・ディオール、バレンシアガ、ジヴァンシィ、イヴ・サンローラン、ジャン=ポール・ゴルチエ、クリスチャン・ラクロワ、アライアらが生み出してきた時代を映し出す美しいシルエットの数々、刺繍・羽根細工・コサージュなど脈々と受け継がれる世界最高峰の職人技を、ドレス、小物、デザイン画、写真など合わせておよそ130点によりご紹介します。


◆◆◆ 3つの見どころ!◆◆◆
①パリ・モードの殿堂―ガリエラ宮パリ市立モード美術館が監修し、パリで人気を博したファッション展

②19世紀後半から現代までのオートクチュールの歴史を概観する一大ファッション史

③時代を映し出すシルエット、脈々と受け継がれる世界最高峰の刺繍・羽根細工・コサージュなどの職人技


詳しくは⇒ http://mimt.jp/paris-hc/
spacer

チラシ

spacer
spacer

三菱一号館美術館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会