トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

第70回展覧会「1920s-30s モダン・エイジ-光と影の造型美」 (宮内庁三の丸尚蔵館 主催)

spacer
日時 2015年9月12日(土)~12月6日(日)
前期:9月12日(土)~10月12日(月・祝)
中期:10月17日(土)~11月8日(日)
後期:11月14日(土)~12月6日(日)

開館時間:
9月12日(土)~10月31日(土)
9:00~16:15 (入館は16:00まで)
11月1日(日)~12月6日(日)
9:00~15:45 (入館は15:30まで)
休館日 毎週月・金曜日、展示替の期間
ただし、9月21日(月・祝)、10月12日(月・祝)及び
11月23日(月・祝)は開館し、11月24日(火)は休館いたします。
場所 宮内庁三の丸尚蔵館
アクセス 「大手町駅」c13a出口・徒歩約5分
料金 無料
主催 宮内庁
お問合せ先 TEL:03-5208-1063 (テレフォンサービス)
ホームページ http://www.kunaicho.go.jp/event/sannomaru/sannomaru.html

イベント内容

spacer
1920s-30s モダン・エイジ-光と影の造型美

1920年代から30年代にかけての時代は、各国に大きな傷跡を残し深い影を投げ掛けた第一次世界大戦の惨禍を克服し、その復興の勢いの中で光彩を放つ新しい芸術文化が開花しました。

わが国では、この時期は大正末期から昭和初期に当たり、大戦の影響を受けて輸出の増加による大戦景気に沸いた直後でした。東京は大正12年(1923)の関東大震災による被災から、その復興計画を通じて近代都市へと生まれ変わり、流行に敏感な若者を中心に人々の生活にも変化が起こりました。美術の世界では、西洋の表現主義やシュールレアリスムなどの影響を受けた新たな創作が始まり、意欲的な作品の数々が生み出されました。そのような中で、皇太子であった昭和天皇は、大正10年にヨーロッパ諸国を訪問され、最先端の美術にも触れられました。この時に持ち帰られた品々を始め、その後の皇室御慶事の折に国内外から贈られたモダンな美術工芸品が、宮中の室内装飾として用いられました。

本展では、この当時に制作され皇室へ贈られたヨーロッパの美術工芸品と共に、アール・デコなど西洋の新しい美術様式に影響を受けたわが国の作品や、大正ロマン、昭和モダンとも呼ばれる同時代の社会風俗を表した作品を紹介します。
spacer

三の丸尚蔵館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会