トップページサイトマップ

「観る」 史跡など観光スポットをご紹介 
「食べる」 飲食店情報をご紹介 
「学ぶ・遊ぶ」 美術館や公園などをご紹介 
「買う」 お土産物店やアンテナショップをご紹介 
「泊まる」 ホテル情報をご紹介 
twitterで日々観光情報をつぶやく「つぶやき観光」配信中
  携帯電話で聴ける、皇居周辺の音声ガイド「声ナビ」

千代田 Free Wi-Fi SPOT

spacer

日本カメラ博物館 特別展「王国の気品 マホガニー&ブラス イギリスカメラ展」

spacer
日時 2015年9月15日(火)~12月20日(日)
10:00~17:00 ※11月7日のみ12:00~
休館日 毎週月曜日 (月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)
※シルバーウィーク期間を含む9月15日(火)~9月27日(日)は休まず開館
※11月7日(土)のみ午前中は休館 (ビル設備点検のため)
場所 日本カメラ博物館(一番町25 JCII 一番町ビル地下1 階)
アクセス 半蔵門線「半蔵門駅」4 番出口・徒歩1分
有楽町線「麹町駅」3 番出口・徒歩8 分
入館料 一般300円、中学生以下無料
団体割引(10名以上) 一般200円
主催 日本カメラ博物館
お問合せ先 日本カメラ博物館
TEL:03-3263-7110
ホームページ http://www.jcii-cameramuseum.jp/

イベント内容

spacer
【英国外で初】写真発明者のひとり、
タルボットが使用したカメラを展示


写真発明者のひとりであるイギリス人のウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボットは、1830年代にネガティブ画像からポジティブ画像を得る写真作製技法「カロタイプ」を発明しました。この「ネガ・ポジ方式」は、銀塩写真で画像を得るための方法として、現在でも使われています。その後に続く「湿板」や「乾板」※もイギリス人の手によって発明されており、イギリスは写真のはじまりから発展、普及に大きな役割を果たしていました。

またこの時代、19世紀半ばから20世紀前半にかけてのイギリスには、カメラやレンズの製造を手掛けるメーカーも多く存在しており、“マホガニー&ブラス”と称されるように、美しい木材 (マホガニー材など)や真鍮 (しんちゅう=ブラス)を使用したイギリス伝統の高級家具を思わせる、麗しさと合理的な機能性を兼ね備えたカメラが作られました。

本特別展では、日本カメラ博物館収蔵資料のほか、イギリス製カメラのコレクターである小林泰人氏の個人コレクションも加えて構成し、写真界を牽引したイギリスの役割を紹介するとともに、湿板、乾板期に製造されたイギリスのカメラを中心に、戦後の普及型カメラまで、イギリス製カメラの数々を展示します。

そして今回の展示には、英国王立写真協会・英国国立メディア博物館が所蔵している、写真発明者のひとりであるタルボットが実験に使用したカメラが初めて英国の外に出て展示されることとなりました。

タルボットが1835年にレイコック修道院の風景の撮影に成功した機材が、180年の時を経てイギリスを離れ、世界のカメラ産業界の中心である日本で展示されることは、日英両国の写真産業はもちろんのこと、文化的交流においても大きな意義を持つものになると考えております。



湿板:ベースとなるガラス板に撮影直前に感光性のある薬品を塗布し、湿っている間に撮影と現像を行う。1851年アーチャー (英)が発明。
乾板:湿板同様ガラス板ベースだが乾いた状態で保存、撮影が可能。感度が上がり、大量生産も可能となる。1871年マドックス(英)が発明。
spacer

日本カメラ博物館 MAP

spacer
 

一般社団法人 千代田区観光協会